管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理 管理費削減

マンション管理を見直す際のポイント!

2017年9月18日

 

マンション管理を見直す

この必要性が分かっていても、実際にどのようにしてその見直しを行えば良いのか分からない、そんな質問が多く寄せられる。

きっと難しく考えたら前には進めない。そして結果として何も変わらない。これがマンション管理の見直しの障壁ともいえる。

 

当たり前のことを当たり前に行う

問題点が分かれば、それを当たり前に正す、ただそれだけのことである。なので、難しく考える必要はないと思う。

当たり前にとは、管理組合自身で物事を決めることである。

これに賛同される方はきっと多いのではないだろうか。

 

では、それとは逆に「管理会社が物事を決める」だったらどうだろう。

きっと多くの人が違和感を覚え、中には反論を唱える人が出てくるのではないだろうか。

 

当初に決められたマンション管理の仕様というのは、受託している管理会社が決めたものになる。きっと多くの方は、それが当たり前に思っているに違いない。でもよく考えてみると、そこには管理組合の意思が全く反映されていないことに気付くはずだ。

それが5年、10年、20年と続く、その先にあるものはきっと多くの後悔である。

これは個人的な意見ではない。見直しを行った管理組合の共通した意見でもある。

マンション管理適正化法が創設された理由、マンション管理士が誕生した理由、全てが適正管理の実現にある。その実現には、当事者である管理組合の自主性が求められる。

自主性とは、自分達のマンションのことは自分達で考える、この考え方を指し示す。

私が住んでいるマンションは、それを知れたから当初に大幅な管理の見直しを行った。20年経った今、後悔という言葉は見たらない。



見直しのポイントは3つある。

▶ 適正価格を知る

複数の業者から見積りを取り寄せ相場価格を知る。それが実勢価格(適正価格)となり得る。これは全ての業務に共通することである。

仕様の内容を比較する

適正価格を把握したうえで、次にやることは仕様の比較である。安かろう悪かろうでは困る。だから、業務内容の比較を行う必要がある。これも全ての業務に共通することである。

契約形態の見直し

管理会社に一括発注する。普通考えれば1社に集約すればコストは安くなる(合理化できるからコストは下がる)。だが現実的には割高なのが実情である。だから、直接業者と個別契約した場合の見積りを取り寄せる。一括契約した場合と個々に契約した場合を比較検討することが望ましい。

<補足>

エレベーターの保守点検など、独占で排他的な業務も中には存在する。だか別の角度で見直しは行える。詳しくはこちらの記事を読んでほしい。

エレベーター保守点検のからくり!

エレベーター保守点検のからくり!続編

 

業者と個別契約した場合の管理会社の義務について、詳しくはこちらの記事を読んでほしい。

マンション管理会社|契約外の業務でも管理会社には義務がある

 

その他、関連記事についてはこちら👇

保守点検の無駄はこうすればなくなる

適正価格を知ることが大切!

マンション損害保険|こうすれば保険料は安くなる!

ただ安ければいい。この考え方は危険だ

プロパンガスの料金が高い理由!

 

まず適正価格を知ることから始めてみる。現在の価格と適正価格を比較することで問題意識が持てる。当初の価格設定は競争の原理が機能していないから管理会社の言い値になっている。

初回の管理会社にこのパターンが多い。デべロッパー系列の管理会社は営業せずに管理がもらえる。そこには競争という概念が存在しない。だから、サービスの質が悪い、価格が高い。

私はこのデべロッパー系列の管理会社に居たからそれに反論はできない。また、ネットで調べて見れば、多くの記事がそのように語っている。

マンション管理を見直すことは、価格の適正化、それとサービスの質を競争によって上げること、この2つが目的になる。

価格を安くして、より良いサービスを提供する。企業間の競争で勝ち抜くためには当たり前のことであり、それが企業努力であろう。

見直し=競争を生ませる、この方程式はマンション管理に限ったことではない。

 

当たり前のことを当たり前にやる。

マンション管理の見直しのポイントはそこにあると思う。

 


 



-マンション管理, 管理費削減

執筆者:

関連記事

かしこさを持つ、管理組合には必要です!

  マンションの維持管理には多額の費用を要する。30年見据えれば億単位のお金が掛かる。この大金をマンション居住者が住戸の持ち分割合に応じて負担している。 極論を言うと、同じ住戸数、同じ仕様と …

情報収集は自ら行うことが大切!

理事会で協議する際は、事前にテーマ(議題)を理事役員に周知すべきである。理事会当日にテーマを公表されても有意義な理事会にはならない。次回に持ち越しというパターンになりがちだ。 効率よく理事会を行うため …

分譲マンション|管理会社から管理委託契約を一方的に解除する事例が増えている!

  最近、管理会社の変更(リプレイス)が増えている。この間、それに関する記事をこのブログに書き綴ったが、今日、管理会社に勤めている私の知人から聞いた話で少し気になったことがあるから、それを題 …

注意喚起の書面は配慮が必要

  マンション内でトラブルや苦情が発生した際、書面を通じて住人に伝達することがある。 掲示板に貼ったり、各住戸のメールボックスに配付したり、目的は周知と注意喚起なのだが、果たして読まれている …

マンション管理|発注形態を知っておこう!

  マンション管理の発注形態には、「一括発注方式」「分離発注方式」の大きく2つある。 一括発注方式とは、管理会社に全ての業務を包括的に発注する方法を意味する。一方の分離発注方式は、管理会社を …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop