マンション管理

マンション管理|ただ安ければいい。この考え方は危険だ!

2017年4月25日

 

マンション管理のコストを削減することは、管理組合にとって負担軽減に繋がる。

だが、削減の仕方を誤ると、ただの「安かろう悪かろう」になってしまう。

マンション管理の削減に関する記事が多く出回っているが、本質を理解していないと間違ったマンション管理になってしまうのだ。

ここでいう間違いとは、人の住みづらいマンションを指す。これからその話をする。

 

相場価格を知る

マンションの管理仕様の見直しは、必ず1回は行うべきだ。なぜなら、当初の管理仕様は、デべロッパー(指定の管理会社)が決めた業者都合、そして実情に見合わない仕様になっているからだ。詳しくはこちらの記事で紹介している。

管理組合の意向を踏まえ、マンションの実情に見合った管理仕様に見直す、これが適正なマンション管理のあり方と言えよう。

最初に見直すポイントは、管理組合が決めた各業務項目の管理仕様に基づいた費用を算定することだ。これらの費用は、複数の業者から見積りを取り寄せることで相場価格を知ることができる。

見積り額の高い安いには、それぞれにちゃんとした理由がある。そこをしっかり把握することが重要だ。例えば、専門業者でも自社スタッフで業務を実施するところもあれば、外部に委託するところもある。当然、前者の方が割安で責任の所在も明確だ。

コストを安くできる理由は必ずある。説明ができないような業者は、ただ実績作りのために仕事を取る目的でしかない。理由も説明できないような業者に大切な管理業務を委託することはできまい。

相場価格を理解し価格について学ぶ、これがポイントだ。



安かろう悪かろうから抜け出せない管理組合

安さだけを追い求めると、マンション管理が悪い方向へと進む。

具体例を挙げる。

初回の見直しで管理会社を変更した。このA社の提示した見積額はとにかく安かった。その管理会社に変更したのだが、契約後の管理がずさんで対応が悪い、そこでまたB社に変更した。その後も同じ繰り返しだ。

マンションはというと、破損個所がそのまま放置状態、ゴミがあちこちに散乱し、分譲マンションとは思えない管理状況だ。決算報告書も間違いだらけ、滞納者も多い。管理会社に管理を委託しているとは思えない様相だ。

皆さん、この繰り返しの理由がわかるだろうか?

 

 

初回の見直しの額が極端に安かった、だがこの価格が管理組合の基準になっているのだ。質が悪いからと言って一度下げた価格(予算)を上げることは難しい。これが管理組合の体質なのかも知れない。

次の管理会社も会社の実績作りで受託しているのだろうが、元が安すぎるからそれに見合った管理しか行えないのだ。安さだけに飛びつくとそこから抜け出せなくなる。

そして、安さが美徳という考え方になってしまう。必要なことにお金を掛けない、節約にも限度というものがあるが、第三者から見れば資産価値の低いマンションに思えてならない。

これが安かろう悪かろうの典型であり、反面教師となろう。

 

 








-マンション管理

執筆者:

関連記事

管理会社の提案力って何?

マンション管理会社のホームページを拝見すると「提案力には自信があります!」、このフレーズをよく見かけるのだが、マンション管理会社の提案力ってそもそも何なのか、今回、それについて考えてみたい。 管理会社 …

マンション管理事務室のカード決済化(キャッシュレス化)について!

  キャッシュレスとは、クレジットカードや電子マネーを利用して、紙幣・硬貨といった現金を使わずに支払い(受け取り)を行う決済方法のことを指します。 マンション管理においては、管理費等を口座振 …

マンション管理のズバリ問題点!

  分譲マンションの管理を行う上で必要になるのが「自主性」であり、「マンション管理の主体が誰なのか」、そこが重要である。 何のために管理組合とか理事会という組織が存在するのか、失礼な言い方に …

マンションの管理費と駐車場使用料について

  よく管理費削減という言葉を見聞きするのだが、これにより管理費が下がるわけではない。 管理費会計(一般会計)の各支出項目の見直し(コスト削減)を行い、管理費会計の更なる健全化を図るという意 …

マンション管理を難しくしているのは?

  マンションは自分たちの財産、だが管理のことになると無関心… 管理組合とか理事会という組織が面倒に思える… だから役員にはなりたくない… 理事長にだけは …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事