管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|ただ安ければいい。この考え方は危険だ!

2017年4月25日

 

マンション管理のコストを削減することは、管理組合にとって負担軽減に繋がる。

だが、削減の仕方を誤ると、ただの「安かろう悪かろう」になってしまう。

マンション管理の削減に関する記事が多く出回っているが、本質を理解していないと間違ったマンション管理になってしまうのだ。

ここでいう間違いとは、人の住みづらいマンションを指す。これからその話をする。

 

相場価格を知る

マンションの管理仕様の見直しは、必ず1回は行うべきだ。なぜなら、当初の管理仕様は、デべロッパー(指定の管理会社)が決めた業者都合、そして実情に見合わない仕様になっているからだ。詳しくはこちらの記事で紹介している。

管理組合の意向を踏まえ、マンションの実情に見合った管理仕様に見直す、これが適正なマンション管理のあり方と言えよう。

最初に見直すポイントは、管理組合が決めた各業務項目の管理仕様に基づいた費用を算定することだ。これらの費用は、複数の業者から見積りを取り寄せることで相場価格を知ることができる。

見積り額の高い安いには、それぞれにちゃんとした理由がある。そこをしっかり把握することが重要だ。例えば、専門業者でも自社スタッフで業務を実施するところもあれば、外部に委託するところもある。当然、前者の方が割安で責任の所在も明確だ。

コストを安くできる理由は必ずある。説明ができないような業者は、ただ実績作りのために仕事を取る目的でしかない。理由も説明できないような業者に大切な管理業務を委託することはできまい。

相場価格を理解し価格について学ぶ、これがポイントだ。



安かろう悪かろうから抜け出せない管理組合

安さだけを追い求めると、マンション管理が悪い方向へと進む。

具体例を挙げる。

初回の見直しで管理会社を変更した。このA社の提示した見積額はとにかく安かった。その管理会社に変更したのだが、契約後の管理がずさんで対応が悪い、そこでまたB社に変更した。その後も同じ繰り返しだ。

マンションはというと、破損個所がそのまま放置状態、ゴミがあちこちに散乱し、分譲マンションとは思えない管理状況だ。決算報告書も間違いだらけ、滞納者も多い。管理会社に管理を委託しているとは思えない様相だ。

皆さん、この繰り返しの理由がわかるだろうか?

 

 

初回の見直しの額が極端に安かった、だがこの価格が管理組合の基準になっているのだ。質が悪いからと言って一度下げた価格(予算)を上げることは難しい。これが管理組合の体質なのかも知れない。

次の管理会社も会社の実績作りで受託しているのだろうが、元が安すぎるからそれに見合った管理しか行えないのだ。安さだけに飛びつくとそこから抜け出せなくなる。

そして、安さが美徳という考え方になってしまう。必要なことにお金を掛けない、節約にも限度というものがあるが、第三者から見れば資産価値の低いマンションに思えてならない。

これが安かろう悪かろうの典型であり、反面教師となろう。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理の仕組みとその概要

  マンションの管理の仕組み マンション管理の仕組みについて、マンション関係者の方がどこまで理解しているのだろう。 この仕組みが理解できていないと、間違った手続きを行ったり、規約に反した行動 …

マンション管理の難しさ

  マンション管理というのは難しい。 互いに価値観の違う所有者がマンション管理を行うことに限界を感じることもあるだろう。     戸建住宅なら何も気を遣う必要もない。お金 …

マンション管理|適正価格を知ることが大切!

  管理組合の決算書の支出項目に記載されている金額、これが適正なのか気になる方がいると思う。もし仮に同規模のマンションの決算書があったとしたら、きっと比較するであろう。   適正価 …

マンション内の掲示板・貼り紙のあれこれ!

  マンション内の掲示板や各所に貼られている貼り紙の中には、マンションの内情が記されたものがある。 ▶ 居住者のマナーについて ▶ マンション内の騒音について & …

マンションの「管理の質」について考える!

  管理コストを削減する際に、「管理の質は下げない」「管理の質は落とさない」「管理の質が向上する」、よく見聞きする「管理の質」という言葉、このブログでもよく用いる言葉なのだが、この「管理の質 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop