管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理を変えるのは容易ではない?

2018年1月31日

 

 

物事は最初が肝心」、これはマンション管理にも言えることだと思う。

最初からあるものを途中で変えることは難しい。慣れてしまうとそれが当たり前になってしまったり、変えることが面倒に思えたりする。

例えば、こんなケースがある。

最近の新築マンションでは、インターネットに接続するための回線や設備が全ての住戸に最初から導入されているケースが増えている。

室内にある専用モジュラージャックにつなげるだけで、入居後すぐにインターネットが利用できる。1世帯当たりの料金も割安になっているから、価格の面で利用者にとってはメリットが高いと言える。

既設のマンションにこのサービスを導入することは難しい。既に別のプロバイダーと契約されていたり、利用されていない方がいたり、個々によって事情が異なるから、反対者が必ずそこにはいる。これは管理会社時代に実際に経験したことでもある。

このことからも「最初が肝心」ということが言える。



分譲マンションでは、公平性というものが求められる。共用部分(互いに共有する箇所)は、この考え方が必要になろう。

共用部分を管理するのが管理組合の役割になるのだが、マンションデべロッパーによって最初に決められたものが、客観視すれば不平等に感じることがある。

それが駐車場の使用であったり、バイク置場や駐輪場の使用であったり、管理規約の中身であったりもする。

管理組合によっては、これらを途中で見直す、それを実施しているマンションもあるのだが、実現するまでの過程は決して容易ではなかったと思う。

途中で変えるというのは、時間が経つに連れそれが難しくなっていくと思う。

 

 

誰しもが間違だと気付いていることを公の場で口にする人はそうはいない。もし、それを口にして、仮に多くの賛同が得られたとしても、一方で不利益を被る同じ住民(所有者)がそこにいるとしたら、罪意識に駆られてしまうこともあるだろう。

「誰か言ってくれないかな…」、それを期待しているのは自分なのかも知れない(笑)。

正義という言葉は、人によってはきれいごとに聞こえるかも知れないが、管理組合という集団組織においては、悪態は滅び、正義は最後には勝つ。

これは長らくマンション管理業界に携わって知り得たことでもある。

自分が口にしたことで過去に幾度も痛い目にあったことがあるのだが、それは企業人としての話であって、管理組合という集団組織では、正義というのは最後には必ず勝つと思う。

なぜなら、皆さんの立場が同じだからである。価値観は違えど、マンションを良くしていこうという思いは、皆さんそれぞれの心の内にあると思う。

☞ ブログを書いている途中によく話が横道にそれて脱線することがある(笑)。そこは何卒ご容赦願いたい。(自覚はしています…)

私が住んでいるマンションも3年の月日を経てマンション管理の大改革を行った。3年は正直長かった(笑)。(☜ これも毎度の読者さんは聞き飽きたセリフだろう!)

「マンション管理を変える…」というタイトルだから、このキーワードで検索して訪問された方の多くは、この変えるに興味を持たれた方だと思う(勝手な解釈かも知れないが…)。

いつも読んでくださる読者さんからすれば、またいつものくどいブログだって思われているかも知れない(笑)。

マンション管理を変えることは、時間が掛かれど決してできないことではない。これは私の持論である。

 

<追伸>

昨日、このブログを書いている途中に外出し、しばらくして自宅に戻ると、うちの家内にこのブログの存在を知られてしまった。そしてこのブログの記事内容の感想が「ひどい」の一言である(笑)。

「くどい」のは自覚しているのだが、「ひどい」と言われたショックは大きい…(悲)。

確かに読み直してみると「ひどい」のは分かる…(納得)。

 

※文章内の青字は、再度読み直して気付いたことを書いている(笑)。それと、「マンション管理を変えるのは容易ではない」、このタイトルの記事よりも「自分の性格を変えるのは容易ではない」、こちらの記事にすれば良かった(笑)。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

注意喚起の書面は配慮が必要

  マンション内でトラブルや苦情が発生した際、書面を通じて住人に伝達することがある。 掲示板に貼ったり、各住戸のメールボックスに配付したり、目的は周知と注意喚起なのだが、果たして読まれている …

マンション管理に欠かせないひとつの考え方!

マンション管理に欠かせないもの、それは物事に対する「探究心」である。   探究心とは、物事の意義や本質などを探って見極めようとすること。 結果の事象があれば、そこには必ず原因がある。これは建 …

マンション管理|発注形態を知っておこう!

  マンション管理の発注形態には、「一括発注方式」「分離発注方式」の大きく2つある。 一括発注方式とは、管理会社に全ての業務を包括的に発注する方法を意味する。一方の分離発注方式は、管理会社を …

マンションの共用と専用の所有区分は明確に!

  マンションには共用部分と専有部分の2つがある。マンション内にあるもの全てがいずれかに該当する。共用部分の管理は管理組合が行い、専有部分の管理は各所有者が行う、これがマンション管理の基本的 …

マンションの管理支出を下げるポイント!

  戸建住宅とマンションの違い、それは、同じ住宅でもマンションにはスケールメリットがある。スケールメリットとは、同種の物が多く集まることにより、単体よりも大きな効果をもたらすことを意味する。 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop