マンション管理

マンション管理の意見|権限のない管理会社に言ってどうすんの?

2020年7月4日

 

 

分譲マンションの所有者の中に、意見とか要望、不満などを委託先の管理会社に直接言われる方がいらっしゃます。度が過ぎるケースでは、「こうせよ!」と管理会社に指図し、自分の意見を押し付けようとします。

 

私が管理会社にいたときにも、そういう方が意外といらっしゃいましたね。理事長や理事会を抜きにする…

 

それって、理事会に対して失礼な言動に思えるのですが、そのように感じるのは私だけでしょうか?

 

何か言いたいことがあるのなら、まず理事長に相談するのが筋道だと思いますよ。意外とそこを勘違いされる方がいらっしゃいます。



そういう人に限って、理事会は何もしないとか、素人の集まりだから、そんなことを口にされます。

 

そこで管理会社に言ってくるわけですが、フロント担当者によっては、ひとりの意見に振り回され、勝手に行動に移す愚か者がいます。

 

例えば、「すぐに理事会を開催して、その件は理事会で協議します。」、なんてことを言い出す者が…

 

もうひとつ、直近に理事会を開催する予定があるとしたら、「理事会がありますので、意見があるのなら理事会に来てください。」、なんてことを言い出したりもします。

 

「理事会を開催します」とか「理事会に来てください」というのは、これまた理事会に対して失礼な話だと思います。管理会社に理事会を招集する権限はありませんし、理事会に第三者を招き入れる権限はありませんからね。

 

これらは管理会社の逃げ台詞に思えます。

 

というか、なんでひとりの意見に理事会や管理会社が振り回されなくてはならないの?って疑問に感じます。

 

マンション管理に対する意見とか要望があるのなら、まず理事長や理事会に相談すべきだと思います。そこで理事会を開催するか否かは、理事長や理事役員が決めることだと思いますし、参加させるかどうかも同じです。

 

マンション管理に関わる意思決定は、管理会社の役目ではありませんし、権限を持たない者に言ってどうするのって感じます。

 

私の住んでいるマンションにも、管理会社に直接言われる方がいますが、総会には全く来ませんし、決まったことに対して文句を付けてきます。

 

そんな話を聞くたびに、何のための総会なんだって感じますし、理事長、理事会に対して失礼な話だと感じます。

 

ひとりの意見に振り回される、そこに大きな問題があるように思えますが…

 

 








-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理に欠かせないひとつの考え方!

マンション管理に欠かせないもの、それは物事に対する「探究心」である。   探究心とは、物事の意義や本質などを探って見極めようとすること。 結果の事象があれば、そこには必ず原因がある。これは建 …

平成30年度マンション総合調査から見えてくるもの!

国土交通省は、マンション管理の実態を把握するために5年毎に管理組合を対象としたアンケート形式の調査を行っています。 今年4月に公表された「平成30年度マンション総合調査」の中で気になった項目をまとめて …

マンション管理|理想と現実!

  人が何か行動を起こすときって、必ずそこには「目的」があるだろう。その目的には、その人にとっての「理想」があると思う。 理想というのは、色んなことを知ることで生まれたりもする。他人に感化さ …

マンションの「管理の質」について考える!

  マンションの管理会社の変更時、管理コストを削減する際によく用いられる言葉があります。 ▶ 管理の質は下げない ▶ 管理の質は落とさない ▶ 管理 …

総会議案は管理会社が決めるべきでない!

  毎年開催される通常総会(定期総会)の議案には、定番の議案とイレギュラーな議案の2つがある。 定番の議案 定番とは、通常総会で必ず決議を要する議案のことを指す。収支決算、事業報告、収支予算 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事