管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

間違いだらけのマンション管理|変えられるたったひとつの方法!

2017年5月6日

 

マンション管理を知れば知るほどその先に見えてくるもの…

それは「間違いだらけのマンション管理」…

管理会社が悪い…

そう思っているのなら、いつまで経っても何も変わらない。

他人任せが悪い…

これに気付かなければ、何も変わらないのだ。



管理会社だけの問題ではない

マンション管理に関心を持たない方がマンションを購入する。管理会社がマンション管理をやってくれる。そのために管理費、修繕積立金を支払っている。

国の政治も同じことが言える。

政治に関心を持たない国民が多い。政治家たちが国政、そして国の未来を築いてくれる。そのために税金を支払っている。

結果として何が生まれているのか。それは「無関心」、「他人任せ」、そして「不満」だ。

主導権を握っている者は、いつかは利己主義に走る。政治資金の私的流用疑惑、消え去ったどこかの知事、号泣したどこかの議員、人は愚かで弱い生き物だ。

それに不満を抱いたところで、何がどのように変わるのか。

結局は何も変わらない。同じことが永遠に繰り返される。

そのつけが金銭的な負担となって返ってくるのだ。

マンション管理も全く同じことが言える。

主導権を握っている管理会社は、昔から利己主義だ。管理組合の利益より己の利益を優先する。この先、管理組合運営が逼迫するのを知っているのに私欲のために暴利をむさぼる。

政治家が悪い、管理会社が悪い、そう愚痴をこぼしたところで何も変わらないのだ。

変えられるたったひとつの方法は、関心を持つことだ。

政治を変えるのは決して容易ではない。だがマンション管理は違う、個々の所有者の手によって変えられるのだ。

ひとり一人が関心を持つことによって変えられる。今の段階では変えることの必要性すら理解していない方が多いだろう。

だが関心を持つことにより変えることができる。

 

 

古い記事になるが、マンションの理事長経験者が語ったマンション管理の実態と問題点、勉強材料になると思うので、下にリンクを貼っておく。是非参考にしてほしい。

ある管理組合の活動記録

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンションの照明のあれこれ!

  マンションの照明切れのチェックは、月に1回から2回程度、管理会社(現地の管理員)が行っている。 そのときに全ての照明を点灯させ、照明の交換を同時に行っている。白昼に全灯させているから、住 …

マンション管理会社のリベートはこうして生まれる!

  管理組合が管理会社以外の業者と取引している場合、その業者は管理組合ではなく、そのマンションの管理会社を重要視する。こんな間違った考え方が実情として多く存在している。 なぜこのようなことが …

マンションの「管理の質」について考える!

  管理コストを削減する際に、「管理の質は下げない」「管理の質は落とさない」「管理の質が向上する」、よく見聞きする「管理の質」という言葉、このブログでもよく用いる言葉なのだが、この「管理の質 …

マンション管理会社への期待|その裏側では…

  マンション管理というのは、かなり広範囲に及ぶ。近年ではLED照明、電力の自由化に伴う節電提案、新4K・8K衛星放送、インスペクションなど、時代の変化による様々なものがマンション管理に加わ …

マンション管理|適正価格を知ることが大切!

  管理組合の決算書の支出項目に記載されている金額、これが適正なのか気になる方がいると思う。もし仮に同規模のマンションの決算書があったとしたら、きっと比較するであろう。   適正価 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop