管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

理想のマンション管理って!

2018年3月24日

 

快適な暮らし、そして安心して暮らせる…

マンションの住まい方には、人ぞれぞれに理想があると思う。

でも実際に住んでみると、そこには色んな制約があったり、トラブルが待ち受けていたり、自分の理想とはほど遠い現実がそこにあったりもする。

 

マンション管理もまた、その在り方に関心を持てれば、そこに理想が生まれたりもする。

そして理想と現実、それに思い悩むこともあるだろう。

マンションの住まい方、マンション管理の在り方、いずれもそこには、色んな価値観を持たれた方が共に所有し、共に暮らしているから、人生と同じで、なかなか自分の思い通りにはいかない。

そこにマンション特有の難しさがある。



理想のマンション管理って

理想のマンション管理って、そこには大きく3つの理想がある。

所有者個人の理想

マンション管理に関心を持たれている方であれば、きっとそこに色んな考えや意見があると思う。

「こうあるべき」とか「そうなってほしい」とか…

率直に自分が思い描く理想…

 

管理組合の理想

管理組合の組織人として、客観的に捉えた理想、これが管理組合の理想となろう。

「管理組合としてこうすべき」とか「理事会としてこうすべき」とか…

 

管理組合を支援する第三者の理想

マンション管理に携わる管理会社、マンション管理士などが思い描くマンション管理の在り方である。

マンション管理の在り方とは、管理組合との接し方、提供するサービス(支援)の在り方、マンションの未来像のことである。



それぞれの理想が異なっていれば、そこに意見の食い違いが起きたり、物事が上手く行かなかったりする。逆に同じ理想を持つことができれば、共感がそこに生まれ、きっと物事は良い方向に進むだろう。

特に管理組合と第三者との関係においては、マンション管理を行う上で「共感し合う」、これが重要であり、課題とも言えるだろう。

管理会社を変更される際に、管理組合の皆さんは意識することもなく共通点を探していると思う。自分たちの理想と管理会社の理想、この共通点である。

でも現実として、自分たちの理想に管理会社が無理に合せているのが実情ではないだろうか。だから変更後にトラブルが起きる。

余談になるが、管理会社を変更される際に、管理組合が抱えている問題点を最初に候補先の管理会社に伝えることが多いと思うが、管理組合によってはプレゼン時に唐突にそれを質問されるケースがある。管理会社にとっては、予期せぬ質問になるからそこで管理会社の本質が見抜けたりもする。

管理組合を支援する第三者の理想は、見せかけだけの理想であってはならない。そしてブレない理想でなければならない。

互いの共通点を見つける。そこにはそれぞれの理想がある。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理を難しくしているのは?

  マンションは自分たちの財産、だが管理のことになると無関心…   管理組合とか理事会という組織が面倒に思える… だから役員にはなりたくない… …

マンション管理|アンケート実施に際しての注意点!

  理事会で協議する際に、区分所有者の意見や現状を把握するためにアンケートという方法を用いるケースがある。 ▶ 判断材料として、他の区分所有者の意見を聞きたい。 &#x25b6 …

間違いだらけのマンション管理|変えられるたったひとつの方法!

  マンション管理を知れば知るほどその先に見えてくるもの… それは「間違いだらけのマンション管理」… 管理会社が悪い… そう思っているのなら、いつまで経っ …

分譲マンション管理|このままではダメだ!

  「このままではマンションがダメになる!」   私が住んでいるマンションの第1期目にそれを感じた。 ▶ 理事長の経験を通じて学び得たこと(☜ 詳しくはこちら) そし …

マンション管理|見積りのチェックポイント!

  マンション管理に費やされるお金は30年で数億円にも及ぶ。ひとつ一つの支出金額は小さくてもそれが積み重なれば巨額な経費と化す。 なので、ひとつ一つの支出項目を精査することが重要であり、目先 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop