管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

長期修繕計画

マンションの長期修繕計画は40年は必要!

2017年6月4日

 

国土交通省が作成している長期修繕計画のガイドラインによれば、この計画期間は、新築マンションの場合は30年、既存マンションの場合は25年に設定されている。

また、ガイドラインの大規模修繕の周期は12年程度とされ、新築時の長期修繕計画の多くは、12年周期の計画で作成されている。

マンションの長期修繕計画があるから安心、多くの所有者がそのように感じているかも知れない。だが、長期修繕計画というのは適宜見直しを求められる。

2014年4月に消費税が5%から8%に値上げされ、その増税分を長期修繕計画(資金計画)に反映させなければならない。小さな金額に思えるが、工事費の全てに関わってくるから、マンションによっては累計で百万単位になる。

マンションの寿命は30年ではない。40年、その先も考えられる。大規模修繕の周期を12年程度とするのなら、3回目を考慮した最低36年が必要になる。30年後に発生する設備の交換費用なども出てくる。

これを踏まえれば、新築マンションの計画期間は40年の設定が望まれる。

30年で計画されている場合、30年以降に資金が不足することも考えられる。

 

 

3回目(36年目)の大規模修繕の際には、マンションの建替えという選択肢も考えられるが、この建替えは決して容易ではない。

建替えの検討を始めてから着工に至るまで最低でも2年以上は掛かる。途中で購入された所有者の中には住宅ローンの支払いがまだ残っている方もいるだろうし、建替えの資金調達、権利関係の整理など難題も多い。また、建替え時点における住宅需要も人口減少に伴い少なくなることが予想される。おそらく多くのマンションは大規模修繕を選択されるだろう。

次に見直しを行う際は、40年先を見据えた長期修繕計画に改定することが必要だと思う。まだかなり先のこと、そう思われるかも知れないが、人生と同じで時が経つのは早い。30年先に値上げが発生した場合、それに応じられるか、そこを考えれば今やるべきことを見い出せる。

 

 

 


 



-長期修繕計画

執筆者:

関連記事

マンションの長期修繕計画表の作成者は?

  近年、新築の分譲マンションにおいては、当たり前に長期修繕計画が用意されているのだが、その多くは分譲会社から指名された管理会社がそれを作成している。 昔は、マンション販売時において、長期修 …

分譲マンション|長期修繕計画表は管理会社の売上表ではない!

マンションの長期修繕計画の多くは管理会社が作成している。これに関してほとんどの方が疑問に感じることはないだろう。 もしこの長期修繕計画が管理会社の都合で作成されているとしたら、皆さんはどのように感じる …

マンションの長期修繕計画のあれこれ

  マンションを維持保全していくために欠かせないのが修繕である。ほとんどのマンションでは長期修繕計画が作成されていると思う。 マンション毎に長期修繕計画の様式は異なる。 1枚の用紙に一覧表だ …

余白




プロフィールタイトル

著者のプロフィール

02[1]

02[1]

はじましてkurumiと申します。
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイトです。

バナー画像

バナー画像

おすすめ記事タイトル

著者のおすすめ記事

余白

サイドバナー1

サイドバナー1

余白

サイドバナー12

サイドバナー12

人気記事タイトル

人気記事ベスト10

余白

余白

余白

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




ブログランキング参加中/タイトル

ブログランキング参加中

余白

マンション管理バナー

マンション管理バナー2

pagetop