マンション管理

マンション管理事務室のカード決済化(キャッシュレス化)について!

2020年2月25日

 

キャッシュレスとは、クレジットカードや電子マネーを利用して、紙幣・硬貨といった現金を使わずに支払い(受け取り)を行う決済方法のことを指します。

マンション管理においては、管理費等を口座振替により徴収しているケースが多々見受けられますが、これもキャッシュレスに該当します。

最近コンビニやスーパーなどで、カードでお買いものをされる方が増えています。カード以外にもスマホで決済ができたりもします。

このカードにも色んな種類があります。クレジットカード、交通系のICカード、流通系のICカードなどが挙げられます。きっとお財布の中にこれらのカードは皆さん持たれていると思います。

 

 

現金が無くてもお買い物ができるから便利ですし、お店側もつり銭のやり取りが生じないから早く決済が行えます。そこでレジの無人化に向けた動きが出始めています。

近年、キャッシュレス化は私たちの生活において定着しつつありますが、マンション管理におけるキャッシュレス化、例えばマンションの管理事務室で来客用駐車場の料金などを現金で徴収しているケースでは、これを活用することが可能です。

 

 

マンション管理事務室のカード決済化

一般社団法人マンション管理業協会のホームページに、マンション管理事務室における現金のカード決済化の推進事業の取り組みに関する記事が掲載されています。

試験的にマンション管理事務室に決済端末機を設置して、利用者(管理組合)側の意見や今後の動向などをまとめた検証データが公表されています。末尾にリンクを貼っておきますので興味のある方は読んでみてください。



このカード決済化は、利便性だけを求めると時代に見合った良い方法のように思えますが、導入となると費用の問題(誰が負担するのか)や事務の煩雑さが生じたりもします。

お店とは違い、商売を前提として導入されるわけではありませんから、費用対効果が大きく左右されると思います。

マンション管理事務室において多額のお金を取り扱うケース、現金徴収の項目が多く存在し、頻繁にやりとりされるケースでは検討の余地はあると思われますが、少額のケースやそれほど頻度が生じないケースでは、費用対効果の面で導入のメリットはあまりないように思えます。

このカード決済というのは、実は利便性の問題だけでなく、管理会社側の不正を防ぐという目的があります。

最近、管理会社の不正防止対策として小口現金を無くす動きが見られます。マンション管理事務室では一切お金は預からない、これは過去に生じた管理人による小口現金の横領を防ぐ目的があります。

現金を取り扱うと人によっては魔が差すことがあります。これが過去に起きた横領のきっかけになっていると思います。

 

そこでマンション管理事務室では小口現金は一切扱わず、管理会社の会計事務は煩雑になりますが、加算請求しているケースが多々見られます。

加算請求とは、毎月の管理費等と一緒に来客用駐車場使用料などの個人請求分を加算して、所有者の引き落とし口座から徴収する方法です。口座振替を利用していない管理組合においては振込みになりますが、その場合も同様です。

所有者に対してはこの加算請求は可能ですが、口座振替を行っていない賃借人への対応がそこで問題視されたりもしますが、管理組合毎に徴収方法を検討し進めらているのが実情かと存じます。

個人的には、このカード決済があったら便利だと感じますが、マンション管理事務室におけるカード決済化は、今後においてあまり普及しないように思えます。

マンションにおける電子化が望まれていますが、これだけITが進歩しているのに未だに掲示板に書面を貼るという風習から多くのマンションは抜け出せていません。

 

一部のマンションではクラウドサービスを利用した情報交換などが行われていますが、全体比率からして1割にも満たない、そんな記事を見かけたことがありますが、マンションのIT化においても、今後どのように普及していくのか現段階では未知数です。

便利なものは上手に活用する、この考え方は常に持つべきだと思いますし、一挙にできなくても、部分的に活用することはできると思います。

 

一般社団法人マンション管理業協会HP

 

 








-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理のズバリ問題点!

  分譲マンションの管理を行う上で必要になるのが「自主性」であり、「マンション管理の主体が誰なのか」、そこが重要である。 何のために管理組合とか理事会という組織が存在するのか、失礼な言い方に …

マンション管理適正化診断サービスとは?

近年、マンション管理適正化診断サービスという言葉をよく耳にするようになりました。この診断サービスは、一般社団法人マンション管理士会連合会が管理組合向けに行っている無料診断サービスです。 2015年11 …

マンションの共用と専用の所有区分は明確に!

  マンションには共用部分と専有部分の2つが存在する。そしてマンション内にあるもの全てがいずれかに該当する。共用部分の管理は管理組合が行い、専有部分の管理は各所有者が行う、これがマンション管 …

マンション管理|駐車場の借り手が減れば赤字の危険性!

  マンション管理組合の収入は管理費、修繕積立金、駐車場使用料、その他専用使用料が一般的だ。多くの管理組合では、管理費会計(一般会計)に駐車場使用料が充当されている。 本来、管理費というのは …

平成30年度マンション総合調査から見えてくるもの!

国土交通省は、マンション管理の実態を把握するために5年毎に管理組合を対象としたアンケート形式の調査を行っています。 今年4月に公表された「平成30年度マンション総合調査」の中で気になった項目をまとめて …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事