管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|物事の本質を見極めることが大切!

2018年3月3日

 

マンション管理を行うために管理組合という組織が存在するのだが、その組合員の皆さんのほとんどが最初は未経験であるため、そう簡単にマンション管理は行えるものではない。

仮にマンション管理の知識とか経験が持てたとしても、何が正しくて、どこが間違っている、それを判断するのは容易なことではないと思う。

分譲マンションの管理というのは、難しいところが多々存在する。私の住んでいるマンションもそうだが、管理会社時代にそれを実感させられた。

最初は誰でも分からないことだらけである。

だが、物事の本質を知ることでマンション管理に関わる色んな問題が解決できたりもする。これは私が理事長時代に経験によって悟ったことでもある。



物事の本質を見極めることが大切!

例えば「管理委託料が高い」、そのように感じるのには必ず理由があると思う。他と比較してとか、提供しているサービスが低い、そんなときに感じるだろう。この理由こそが「物事の本質」である。

更に物事の本質を深く掘り下げて考えてみる。

前述の「他との比較」について、例えば管理委託料を別の管理会社と比較することでそのように判断することもできるのだが、それが高いから管理組合が無益だとは一概に言えないところがある。そこにもし付加価値があるとすれば、妥当な料金だと感じる方も中にはいらっしゃると思う。

一方の「提供しているサービス」については、個々の価値観によってその評価は異なるから、当人は低いと感じても、他の方たちは違った意見であったりもする。

実際にアンケートをとってみると、色んな意見が出てくるし、管理会社の評価というのは個々に異なっている。これも経験則によるものだ。

そこで「本質を見極める」ことが重要になる。

例えば、公平なサービスが提供されていない、契約不履行がある、善管注意義務違反がある、情報漏洩、業法違反による行政処分など、誰もが良しとしない事象が起これば、そこに共通認識(共通の理解)が生まれる。

集団組織の場合、この共通認識は重要になる。何が正しい、何が間違っているの判断を行う際に共通認識というのは欠かせない。

管理会社に対する不満で多く聞かされたのが「対応が遅い」、この遅いの度合いは人それぞれに考え方は異なるだろうし、「対応が早かった」もしそんな意見が上がれば、どっちつかずで終わってしまう。

なので、物事を主観的に捉えるのではなく客観視することが大切だと言える。関係者のより多くの意見を聞く、これにより客観的な判断というのが行える。

物事の本質を見極めるには、色んな角度から物事を捉える必要がある。

この本質を見極めることで適切な判断が行える。だからマンション管理に関して何かと評価基準を唱える専門家たちが多い。



因果の道理」という言葉を皆さんご存知だろうか。お釈迦さまの教えの中に出てくる言葉であるが、「因果」とは原因と結果のことで、「道理」とはいつでもどこでも変わらないという意味を持つ。

どんな結果にも必ず原因がある。そしていつの時代もそれは変わらないという意味の言葉なのだが、物事の本質というのは、この原因の部分に該当する。

良いタネを蒔けば良い結果が生まれる、逆に悪いタネを蒔けば悪い結果しか生まないことを意味する言葉でもある。

マンション管理には色んな物事(結果)があって、そこには本質(原因)がある。

この「因果の道理」という言葉からも、本質の大切さが窺える。

例えば、何かトラブルが起きる、そこにルールが無いから起きる。この「ルールが無い」、これが原因となる。

ルールがあってもトラブルが起きることもあるだろう。そこには必ず理由というものがあるはずだ。そのルール自体を知らない。だったら、管理組合のルールを周知させる必要があろう。

言わなくてもそれを知ることが所有者の義務だと思われる方が中にはいらっしゃるかも知れないが、実際に自分のマンションの管理規約を把握されている方はそうはいないと思う。

マンション管理のことについて誰も教える人がいない、そこに問題がある。失礼な言い方になってしまうが、初歩的なことが出来ていない、だから周知は必要になると思う。

マンション管理について教える人がいない、これも物事の本質の部分に該当する。

いつもの如く、くどい記事になってしまったが、物事の本質を見極めるというのは本当に大切なことだと思う。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理|駐車場の借り手が減れば赤字の危険性!

  マンション管理組合の収入は管理費、修繕積立金、駐車場使用料、その他専用使用料が一般的だ。多くの管理組合では、管理費会計(一般会計)に駐車場使用料が充当されている。 本来、管理費というのは …

分譲マンション管理|このままではダメだ!

  「このままではマンションがダメになる!」   私が住んでいるマンションの第1期目にそれを感じた。 ▶ 理事長の経験を通じて学び得たこと(☜ 詳しくはこちら) そし …

情報収集は自ら行うことが大切!

理事会で協議する際は、事前にテーマ(議題)を理事役員に周知すべきである。理事会当日にテーマを公表されても有意義な理事会にはならない。次回に持ち越しというパターンになりがちだ。 効率よく理事会を行うため …

間違ったマンション管理の見直し!

  昨今では考えられない話になるのだが、昭和期において、マンション管理に費やされる管理費の値上げが平然と行われていた時代があった。管理費が足りないから値上げするのだが、平然とそれがなされた理 …

マンション管理|見積りのチェックポイント!

  マンション管理に費やされるお金は30年で数億円にも及ぶ。ひとつ一つの支出金額は小さくてもそれが積み重なれば巨額な経費と化す。 なので、ひとつ一つの支出項目を精査することが重要であり、目先 …

余白




余白

余白

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧数トップ10

著者のプロフィール

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop