管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|適正価格を知ることが大切!

2017年6月5日

 

管理組合の決算書の支出項目に記載されている金額、これが適正なのか気になる方がいると思う。もし仮に同規模のマンションの決算書があったとしたら、きっと比較するであろう。

 

適正価格を知る

適正とは相場価格のことになるが、単一では知り得ないことだ。複数の比較資料によってそれを把握できる。他のマンションの決算書を入手することはできないが、支出項目に該当する業者の見積書なら入手できる。

より多くの見積書を比較することによって相場価格=適正価格が導き出せる。

管理組合にとって大切なことは、この適正価格を知ることだ。決算書に記されている支出額というのは、どのマンションも同じではない。

仮に同じ仕様(サービス)で格差がそこにあるとすればどうだろう。相場価格が1万円なのに1万2千円支払っているとしたら。

特に毎月発生する支払いともなれば、この2千円が年間2万4千円になる。10年経てば24万円と多額になる。更にそのまま20年経過すれば48万円に膨らむ。

これが5項目あるとすれば、20年間で240万円になる。この月2千円の差が長期的に見れば大きな金額に膨れ上がる。

毎月支払う項目と言えば、管理会社に支払っている管理委託料がある。相場価格を知ることができれば、きっと万単位の差になるであろう。

仮に1万円の差があれば、20年間で240万円という金額になる。マンションの総戸数が増えるほどこの差は大きくなる。仮に5万円の差になれば1,200万円に膨れ上がるのだ。

適正価格を知ることで、無駄な費用を抑えることができる。適正価格に近ければ問題は無いと判断できよう。

この比較するというのはとても大切なことだ。最終的に管理組合の財産を守ることに繋がる。

 

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

間違ったマンション管理の見直し!

  昨今では考えられない話になるのだが、昭和期において、マンション管理に費やされる管理費の値上げが平然と行われていた時代があった。管理費が足りないから値上げするのだが、平然とそれがなされた理 …

駐車場の区画変更について

  マンションの敷地内に設けられている駐車場の区画というのは、誰がどのようにして決めているのだろう。当初に決められた区画がそのままずっと変わらない、それに不満を抱く方は少なからずいる。 車両 …

修繕積立金の預け先について

  マンション管理組合のペイオフ対策というのは、今では当たり前に行われている。2005年4月にペイオフが全面解禁となり、預金先の金融機関が経営破綻した場合、1,000万円とその利息までしか戻 …

マンション管理に欠かせないひとつの考え方!

マンション管理に欠かせないもの、それは物事に対する「探究心」である。   探究心とは、物事の意義や本質などを探って見極めようとすること。 結果の事象があれば、そこには必ず原因がある。これは建 …

マンションは管理を買え、それは無理でしょ!

  「マンションは管理を買え!」、この言葉をネットで検索すると関連記事がとても多い。 「マンション管理は買えないだろ!」、「マンション管理は買うものなのか!」と揶揄する者も多い。 マンション …

余白




プロフィールタイトル

著者のプロフィール

02[1]

02[1]

はじましてkurumiと申します。
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイトです。

バナー画像

バナー画像

おすすめ記事タイトル

著者のおすすめ記事

余白

サイドバナー1

サイドバナー1

余白

サイドバナー12

サイドバナー12

人気記事タイトル

人気記事ベスト10

余白

余白

余白

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




ブログランキング参加中/タイトル

ブログランキング参加中

余白

マンション管理バナー

マンション管理バナー2

pagetop