管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|適正価格を知ることが大切!

2017年6月5日

 

管理組合の決算書の支出項目に記載されている金額、これが適正なのか気になる方がいると思う。もし仮に同規模のマンションの決算書があったとしたら、きっと比較するであろう。

 

適正価格を知る

適正とは相場価格のことになるが、単一では知り得ないことだ。複数の比較資料によってそれを把握できる。他のマンションの決算書を入手することはできないが、支出項目に該当する業者の見積書なら入手できる。

より多くの見積書を比較することによって相場価格=適正価格が導き出せる。

管理組合にとって大切なことは、この適正価格を知ることだ。決算書に記されている支出額というのは、どのマンションも同じではない。

仮に同じ仕様(サービス)で格差がそこにあるとすればどうだろう。相場価格が1万円なのに1万2千円支払っているとしたら。

特に毎月発生する支払いともなれば、この2千円が年間2万4千円になる。10年経てば24万円と多額になる。更にそのまま20年経過すれば48万円に膨らむ。

これが5項目あるとすれば、20年間で240万円になる。この月2千円の差が長期的に見れば大きな金額に膨れ上がる。

毎月支払う項目と言えば、管理会社に支払っている管理委託料がある。相場価格を知ることができれば、きっと万単位の差になるであろう。

仮に1万円の差があれば、20年間で240万円という金額になる。マンションの総戸数が増えるほどこの差は大きくなる。仮に5万円の差になれば1,200万円に膨れ上がるのだ。

適正価格を知ることで、無駄な費用を抑えることができる。適正価格に近ければ問題は無いと判断できよう。

この比較するというのはとても大切なことだ。最終的に管理組合の財産を守ることに繋がる。

 

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理|新築当時の管理仕様には無駄がある!

  ここでいう「管理仕様」とは、マンション管理を行うために必要となる業務項目を指す。エレベーター保守点検費、清掃業務費、管理人の業務費などがこの項目にあたる。 この管理仕様は管理費と直結する …

マンションは管理を買え、それは無理でしょ!

  「マンションは管理を買え!」、この言葉をネットで検索すると関連記事がとても多い。 「マンション管理は買えないだろ!」、「マンション管理は買うものなのか!」と揶揄する者も多い。 マンション …

注意喚起の書面は配慮が必要

  マンション内でトラブルや苦情が発生した際、書面を通じて住人に伝達することがある。 掲示板に貼ったり、各住戸のメールボックスに配付したり、目的は周知と注意喚起なのだが、果たして読まれている …

間違ったマンション管理の見直し!

  昨今では考えられない話になるのだが、昭和期において、マンション管理に費やされる管理費の値上げが平然と行われていた時代があった。管理費が足りないから値上げするのだが、平然とそれがなされた理 …

自分のマンションを真剣に考える!

  自分たちのマンションの管理について、真剣に考えている方ってどれくらいいらっしゃるのだろう。 このブログに訪問してくださる読者さんは、きっとマンション管理について、何ら興味を持たれている方 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop