管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|適正価格を知ることが大切!

2017年6月5日

 

管理組合の決算書の支出項目に記載されている金額、これが適正なのか気になる方がいると思う。もし仮に同規模のマンションの決算書があったとしたら、きっと比較するであろう。

 

適正価格を知る

適正とは相場価格のことになるが、単一では知り得ないことだ。複数の比較資料によってそれを把握できる。他のマンションの決算書を入手することはできないが、支出項目に該当する業者の見積書なら入手できる。

より多くの見積書を比較することによって相場価格=適正価格が導き出せる。

管理組合にとって大切なことは、この適正価格を知ることだ。決算書に記されている支出額というのは、どのマンションも同じではない。

仮に同じ仕様(サービス)で格差がそこにあるとすればどうだろう。相場価格が1万円なのに1万2千円支払っているとしたら。

特に毎月発生する支払いともなれば、この2千円が年間2万4千円になる。10年経てば24万円と多額になる。更にそのまま20年経過すれば48万円に膨らむ。

これが5項目あるとすれば、20年間で240万円になる。この月2千円の差が長期的に見れば大きな金額に膨れ上がる。

毎月支払う項目と言えば、管理会社に支払っている管理委託料がある。相場価格を知ることができれば、きっと万単位の差になるであろう。

仮に1万円の差があれば、20年間で240万円という金額になる。マンションの総戸数が増えるほどこの差は大きくなる。仮に5万円の差になれば1,200万円に膨れ上がるのだ。

適正価格を知ることで、無駄な費用を抑えることができる。適正価格に近ければ問題は無いと判断できよう。

この比較するというのはとても大切なことだ。最終的に管理組合の財産を守ることに繋がる。

 

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンションの「管理の質」について考える!

  管理コストを削減する際に、「管理の質は下げない」「管理の質は落とさない」「管理の質が向上する」、よく見聞きする「管理の質」という言葉、このブログでもよく用いる言葉なのだが、この「管理の質 …

マンション管理の仕組みとその概要

  マンションの管理の仕組み マンション管理の仕組みについて、マンション関係者の方がどこまで理解しているのだろう。 この仕組みが理解できていないと、間違った手続きを行ったり、規約に反した行動 …

マンション管理|それぞれの立場

  マンションの管理運営には、主役そして脇役が存在する。それぞれに役割というものがあり、両者が上手くかみ合ってこそ、その目的が良い方向に進んでいく。 これは映画やドラマと同じである。 マンシ …

マンション管理|他人任せは自分の身に降りかかる!

  マンション管理は「他人任せ」はダメ、これが通説になっているのだが、視点を変えるともっと理解が深まる。 今回、これについて語りたい。   マンション管理は誰が行う マンション管理 …

マンションの共用と専用の所有区分は明確に!

  マンションには共用部分と専有部分の2つがある。マンション内にあるもの全てがいずれかに該当する。共用部分の管理は管理組合が行い、専有部分の管理は各所有者が行う、これがマンション管理の基本的 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop