管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|適正価格を知ることが大切!

2019年8月8日

 

管理組合の決算書の支出項目に記載されている金額、これが適正なのか気になりませんか。自分のマンションで見直しを行ったとき、最初にそのことが気になりました。

マンション管理を行う上で必要なのはお金です。この運営資金を管理費・修繕積立金という名目で所有者の皆さんは毎月支払っているわけですが、この運営資金の正しい使い道は、まず適正価格を知ることから始まります。

 

適正価格を知る

適正とは相場価格のことになりますが、単一では知り得ません。複数の比較資料によってそれを把握できます。他のマンションの決算書を入手できればよいのですが、そう簡単にはいきません。そこで、支出項目に該当する業者の見積書なら入手することが可能です。

より多くの見積書を比較することによって相場価格=適正価格が導き出せます。

管理組合にとって大切なことは、この適正価格を知ることです。なぜなら、決算書に記されている支出額というのは、どのマンションも同じではないからです。

仮に同じ仕様(サービス)で格差がそこにあるとすればどうでしょう。相場価格が1万円なのに1万2千円支払っているとしたら納得いきませんよね。

特に毎月発生する支払いともなれば、この2千円が年間2万4千円になります。10年経てば24万円と膨らみます。更にそのまま20年経過すれば48万円に膨らみます。

これが5項目あるとすれば、20年間で240万円になります。この2千円の差が長期的に見れば大きな金額に膨れ上がります。

マンションの総戸数が増えるほどこの差は大きくなります。仮に5万円の差になれば20年間で1,200万円に膨れ上がります。実際に見直しを行うことでこうした差異が生じているのは事実です。

 

 

適正価格を知ることで問題意識が芽生え、そこで見直しを行い、結果として無駄な費用を抑えることができます。

これを更に大きく捉えると、実情を知ることで問題意識が芽生え、色んな見直しを行うことができます。結果は言うまでもありません。

比較するとか実情を知るというのはとても大切なことです。最終的に管理組合の財産を守ることに繋がります。

 

 

 




-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンションの付帯設備|これって誰の負担?

  マンションには色んな設備が設置されている。経年に伴い、設備の修理や交換が必要になってくるのだが、住戸内にある設備を管理組合が行ったり、共用部分にある設備を所有者が行うことがある。 そこで …

マンションの共用と専用の所有区分は明確に!

  マンションには共用部分と専有部分の2つがある。マンション内にあるもの全てがいずれかに該当する。共用部分の管理は管理組合が行い、専有部分の管理は各所有者が行う、これがマンション管理の基本的 …

間違ったマンション管理の見直し!

  昨今では考えられない話になるのだが、昭和期において、マンション管理に費やされる管理費の値上げが平然と行われていた時代があった。管理費が足りないから値上げするのだが、平然とそれがなされた理 …

自主管理を勧めるマンション管理士は信用できない?

  先日、自主管理を勧めるマンション管理士には絶対に頼んではいけない、そんな記事をネット上で拝見した。 元管理会社(業界人)の私がそれを読んで、「管理会社にとってありがたい記事だなぁ」とその …

マンション管理とは

  何のためにマンション管理を行うのか。 快適な暮らし、安心できる住まい、資産価値を高める、色んな目的がそこにはある。 何のために管理組合は存在するのか。 それを具現化するために存在する。 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop