マンション管理

マンション管理|他人任せは自分の身に降りかかる!

2017年11月4日

 

マンション管理は「他人任せ」はダメ、これが通説になっているのだが、視点を変えるともっと理解が深まる。

今回、これについて語りたい。

 

マンション管理は誰が行う

マンション管理は誰が行うものなのか、所有者の皆さんは既にお気付きであろう。

管理会社ではなく、管理員でもない、そう所有者が行うことを…

 

 

例えば車を購入したら、他人が管理するなんて普通は考えないし、承諾なしに他人に使用されたら腹立たしく感じるだろう。

自分の所有物を管理するのはあくまで自分なのだ。

だがしかし、実情はどうだろう。住戸の管理は自分たちでやるのだが、皆さんで使用する共用部分の管理はなぜか遠慮してしまう。そこに「他人任せ」という考え方が生まれる。

これもまた自然なことにように思える。

この「他人任せ」が起きないように、共用箇所の管理にあたっては、所有者の皆さんで作られた管理組合という組織が存在し、個々のマンションにおいて、管理規約が存在する。それによって管理組合の役割を明確にしている。



他人任せは自分の身に降りかかる

「他人任せ」がダメだと分かっていても、面倒だからという理由で他人に依存してしまう。そこに落とし穴が存在するのだ。

ここで物事の視点を変えてみよう。

マンションに住んでいて、自分が困ったときにその解決を求めて誰かに相談する。

もし、その相談した相手が真剣に取り合ってくれなかったら、どのように感じるだろう。「まるで他人事」、きっと多くの方が虚しく感じるに違いない。人によっては憤りを感じるかも知れない。

そう「他人任せ」が違う形となって自分の身にも降りかかるのだ。

自分のことのように問題を真剣に考える、これを「自主性」と置き換えることができる。

もし、全ての所有者がこの考え方を持てるとしたら、きっと皆さんが良き相談相手となろう。そして皆さんが理事長、理事役員に就任されても頼られる存在になる。

「他人任せ」は更に「他人任せ」を生む。

「自主性」は更に「自主性」を生む。

どちらを選択するかは、皆さんの自由である。

私は自分が困ったときに、ひとりでは解決できないから、マンションの所有者の皆さんに真剣に考えてもらいたい。だから「自主性」の方を選びたい。

選ぶということは、自分もまた「自主性」を持たなければならない。それは自覚している。

 

<関連記事>

身近に居て遠い存在

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理の予防保全と事後保全について

  マンション管理に「維持保全」という言葉がありますが、マンションの安全性を維持する、そんな意味で用いられています。更に維持保全には「予防保全」「事後保全」の2つの考え方が存在します。 予防 …

マンション管理|適正価格を知ることが大切!

  管理組合の決算書の支出項目に記載されている金額、これが適正なのか気になりませんか。私の住んでいるマンションで見直しを行ったとき、最初にそのことが気になりました。 マンション管理を行う上で …

マンション管理に欠かせないひとつの考え方!

マンション管理に欠かせないもの、それは物事に対する「探究心」である。   探究心とは、物事の意義や本質などを探って見極めようとすること。 結果の事象があれば、そこには必ず原因がある。これは建 …

情報収集は自ら行うことが大切!

  理事会で協議する際は、事前にテーマ(議題)を理事役員に周知すべきである。理事会当日にテーマを公表されても有意義な理事会にはならない。次回に持ち越しというパターンになりがちだ。 効率よく理 …

マンション管理|ただ安ければいい。この考え方は危険だ!

  マンション管理のコストを削減することは、管理組合にとって負担軽減に繋がる。 だが、削減の仕方を誤ると、ただの「安かろう悪かろう」になってしまう。 マンション管理の削減に関する記事が多く出 …




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー




pagetop