管理会社

マンション管理会社はこうすれば変わる?

2018年3月2日

 

マンション管理会社は、マンション管理を専業にしているプロである。そして管理組合と管理会社は利益相反の関係にある。

マンション管理をサポートするのが管理会社の役割、果たしてそうだろうか。

 

管理会社が管理組合の立場でサポートするのであれば、心強いし両者間のトラブルというのは起きにくい。だが、もしそうでないとすれば、必ずトラブルというのは起こり得る。

両者間のトラブルはこれまで実に多いし、絶えることはない。この事実から言えることは、管理会社は管理組合の立場にはなれない、この裏付けになるだろう。

だから、管理組合には主体性とか自主性が必要になる。これは国も言っていることだ。

両者間には知識の格差というものが生じている。失礼な言い方になってしまうが「片やプロ、片や素人」である。

長きに渡る歴史の中で両者間のトラブルの多くは、「立場の違い」「知識の格差」「利益相反関係」によって起こっている。

見方を変えれば、この3つを認識することで管理会社との正しい付き合い方ができ、トラブルは少なくなるだろう。

その中の2つ、「立場の違い」「利益相反関係」というのは変わることはない。ただし、「知識の格差」というのは変えることができる。

マンション管理について学ぶ、これによって対等以上になれる。学ぶ方法以外にも第三者の知識を借りるという方法もある。

 

その役割を担うのがマンション管理士である。マンション管理士は管理会社とは違い、管理組合側の立場でサポートが行える。この役割を担うのは他に存在しないと思う。(昨日のブログの記事でも同じことを語っているのだが…)

管理組合がマンション管理の知識を持つことで、管理会社というのは、管理に対する姿勢は大きく変わる。これは元業界人として直接知り得たことでもある。

マンションの所有者の中に、マンション管理に詳しい方がひとりでもいらっしゃれば、管理会社は襟を正す。「襟を正す」、変な言い方に聞えるかも知れないが、「不適切な管理を正す」という意味である。

業法違反、横領事件などの実態を例にとれば、「不適切な管理」は言い過ぎではなかろう。

管理組合にとって管理会社は無くてはならない存在、でも付き合い方というのは変える必要があると思う。前述の3つの認識は不可欠だと思うし、知識の格差を無くす努力は管理組合には欠かせない。

 

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンションデべロッパーと管理会社の親子関係

マンションデべロッパー、それに属する管理会社、私はこの両社に勤務し、それぞれの立場をこれまで見てきた。 「デべロッパー系管理会社はよくない」 マンション業界に長らくいると、色んなところでそれを見聞きし …

フロントマンの担当組合数から見えてくるもの

  近年、管理会社のホームページや管理会社変更の際のプレゼン資料などに、「フロントマンの担当組合数を10組合以下とし、徹底した管理体制を構築しています」、そんなフレーズが多く用いられている。 …

これだからマンション管理会社の評判が悪い!

  マンションの管理組合にとって、もっとも身近な存在であり、かつ頼れる存在になるのが「管理会社」です。しかしながら現実はどうでしょう。最も遠い存在、不信を抱く存在になっている感は否めません。 …

マンション管理会社|月次報告書について

  何かの行為を第三者に委任する場合、受任者は事務処理の内容について、委任者に報告する義務がある。(民法645条) 分譲マンションの管理に例えるなら、委任者が管理組合、受任者が管理会社に該当 …

マンション管理会社の善管注意義務について

  マンション管理会社には「善良な管理者の注意義務」という法律上の義務がある。一般的には「善管注意義務」という表現を用いている。 管理会社と管理組合の間で交わす管理委託契約は、民法上の委任契 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事