管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

大規模修繕

マンション大規模修繕|癒着・談合の裏側にあるもの!

2018年2月28日

 

これまで、マンションの大規模修繕に関わる癒着とか談合に関する記事をいくつか書き綴っているのだが、これらはお金に関わる問題だけではない。

<関連記事はこちら>

大規模修繕|建設会社時代のエピソード

▶ 間違いだらけの大規模修繕

▶ マンション大規模修繕|癒着の実態を暴く!

▶ マンション大規模修繕|関係業者は全て敵だと思え!



癒着、談合というのは、工事受注金額を自分たちで操作すること、そして特定の業者の契約受注を画策する目的があるのだが、他にも問題視すべきことがある。

この癒着、談合には「業者間の馴れ合い」が存在する。実はそれは怖いことでもある。互いに「正しいこと」が言えなくなる。

 

管理会社がそれに関与していれば、管理組合に対して「正しい助言」ができない、「適正な管理が行えない」ということだ。

これは大規模修繕の設計監理を担う設計コンサルタントにも言えることだ。

実際に施工した工事に問題が生じても、管理会社は施工会社に対して何も言えなくなる。管理組合に知られたくはない「裏リベートのやりとり」「便宜を図ったという事実」がそこに存在しているからだ。

癒着とか談合を営業手法の一環だと勘違いしている業者が本当に多い。顧客の視点に立てば、もはやそれはビジネスではなかろう。管理組合にとって全く利のないことである。

この癒着、談合というのは、そのマンションに限ったことではない。管理会社、施工会社、設計コンサルタントの馴れ合いというのは、他のマンションにも波及する。仮にそのマンションで癒着、談合がなかったにしても、この三者もしくは二者が共に仕事をすることになれば、馴れ合いの関係がそこでも生まれることは否めない。

癒着、談合というのは、一度起こればその「既成事実」が存在する限り、互いに真面なことは言えなくなる。そこが怖いところでもある。

 

けしからん

 

癒着・談合を必要悪(ひつようあく)って唱える連中がいるが、完全に道理を踏み外しているとしか思えない。悪の識別ができないようじゃ、この世は終わる。

 

 

 


 



-大規模修繕

執筆者:

関連記事

分譲マンション|2回目の大規模修繕は設計管理方式は不要?

  2回目の大規模修繕は設計監理方式は不要? 私にもしその回答権があるとしたら「不要」と答えるだろう。なぜなら、1回目の大規模修繕で得た経験値があるからだ。 実情として、2回目は責任施工方式 …

間違いだらけのマンション大規模修繕!

  これまで大規模修繕に関する記事を書いてきたが、個人ブログだとその記事に対して信憑性を問われてしまう。 当事者となる施工会社、設計コンサルタント、そして管理会社が書いた記事も同じことがいえ …

大規模修繕に関わる3つの保険

  マンションの大規模修繕に関わる保険は大きく3つある。 1.大規模修繕工事瑕疵保険 2.工事保険 3.傷害保険 いずれも大規模修繕を行う上で、管理組合が知るべき保険である。今回、その中のひ …

大規模修繕の決議要件について

  2002年の区分所有法の改正により、「共用部分の変更」の定義が変わった。この改定の背景には、建物の維持保全には欠かせない大規模修繕の円滑な実施を図る、その目的がある。 <改定前> 区分所 …

マンション大規模修繕|公募する際の注意点!

マンション大規模修繕の設計コンサルタント、施工業者を選定される際、よく用いるのが公募である。この公募というのは、公平性の観点、そして広く業者を募ることが目的となる。 一見すると良い方法に思えるのだが、 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop