管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

大規模修繕

大規模修繕|癒着の実態を暴く!

2017年8月5日

 

大規模修繕の業者間の癒着って本当に存在するのか?もしその回答権が私にあるのなら、はっきりとこう答える。

癒着は当り前に存在する!

 

健全に地道に業務を全うしている設計コンサルタント、建設会社もいらっしゃる。だが、このような悪態を晒す業者がいるのは紛れもない事実である。

私は建設業界、そしてマンション管理業界にいたから、これまで汚染された業界の裏側を見てきた。NPO法人の賛助会員の中にもその汚染された企業の名が連なる。

何が正しくて、誰を信用すればいいのか、正直分からなくなった。だから、私はこれらの業界に嫌気を覚え見切りをつけたのだ。

会社に不正を指摘すると「きれいごと」だと罵られた。善意ある者なら、会社からそう言われたら「消える」しか選択はなかろう。

お金というのは生活する上では欠かせない。だが、お金というのは汚い人の手に渡れば「汚いお金」と化す。

そのような悪態を晒す企業は一掃に淘汰されるべきであろう。



癒着の実態

よその会社の社員に成りすます。そんな馬鹿げたことが実際に起きている。顧客である管理組合を騙す、これが癒着の中に存在する。

酷い話に思えるだろうが、実際にそのようなことが起きている。今年平成29年1月27日に国土交通省から通達が発表された。

この通達内容はこちらだ。👇

国土交通省通達「国土建労第1021号」

 

これを読んで皆さん、どう思われるだろうか。これは氷山の一角である。大規模修繕の関係業者は全て敵であり、過信は禁物である。

そんな不浄な業界にも、善意を貫く実直な設計コンサルタント、建設会社は存在する。その企業の経営者の考え方が見極め方のヒントとなろう。

 

<関連記事>

▶ 大規模修繕|建設会社時代のエピソード

▶ マンション大規模修繕|関係業者は全て敵だと思え!

▶ 間違いだらけのマンション大規模修繕!

 

 

 


 



-大規模修繕

執筆者:

関連記事

大規模修繕|建設会社時代のエピソード

  マンションの大規模修繕は業者間の癒着が当たり前!     私は建設会社時代に呆れた業界の実態をそこで見てきた。マンションの大規模修繕の裏側というのは本当に醜いものであ …

マンション修繕工事|安全性を優先すべき!

  マンションの建設、その後の修繕工事において、意匠や機能も大切なことではあるが、一番に優先すべきは「安全性」だと思う。 私はデベロッパー、そして建設会社でマンション建設、修繕工事に携わって …

マンション大規模修繕|消費税値上げで更に…

  築10年を超えているマンションでは、1回目もしくは2回目、マンションによっては3回目の大規模修繕の実施を控えている管理組合がいらっしゃると思う。 そこで気になるのが、2019年10月1日 …

マンション大規模修繕|もっと工事について知っておこう!

  材料選びが大切! マンションは経年により劣化が進む。特に屋上、外壁は直射日光、雨などにより劣化が早い。マンションの躯体は、鉄筋コンクリートが主流であるが、この構造躯体がマンションの寿命に …

マンション大規模修繕|こんな設計監理方式はいらない!

マンション大規模修繕の進め方には大きく3つある。 ▶ 設計監理方式 ▶ 責任施工方式 ▶ 管理会社主導方式 始めて行う大規模修繕であれば、ノウハウを持たない管 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop