語り

出る杭は打たれる!

2017年8月7日

 

間違いを正す

一見すると簡単そうに思えるが、私たちが生きる社会の中では、とても難しいという現実がそこにある。

特に企業組織を鑑みれば、会社の不都合な部分を指摘しようものなら、上層部からつまはじきにされる。そして管理組合の中にも、色んなしがらみがある。

理事長、理事役員の中には、管理会社の見積書が高くて信用できない、そこで複数の業者から見積もりを取り寄せ、比較検討を行う。

ところが、陰ではあらぬ嫌疑をかけられる。他人任せではいけない、純粋に管理組合のために行っていることが、本意とは逆の評価を周りから受けてしまう。本人からしてみれば不本意なことであろう。

逆の評価とは、業者との癒着を疑われたり、異端児扱いされることを意味する。

 

 

日本文化というのは、寄らば大樹、そして出る杭は必ず打たれる、そんな馬鹿げた文化が存在している。これは変えようがない。

だれもが「そうあるべき」と共感を抱くことでも、結局、それを実際に行えば、陰で批判する者が出てくる。

正直者がバカをみる、そんな馬鹿げたことが管理組合内でも起きている。それでは何も変わらないし、変わるはずもない。

真面目に実行するだけでは、結局はバカをみるのは自分である。私の人生がまさしくそれだった。二度のリストラ…

真面目さだけでは通用しない、それが集団という組織にはある。本当に変えたいのなら、「かしこさ」を持つべきだ。

かしこさとは、「根回し」と「強固な大義」である。周りから賛同を得るためには下準備が必要になる。これが根回しである。

問題点を掲げ、それを解決するための手段(目的)、これが「大義」である。大多数が賛同できるもの、それが「強固な大義」である。

善意を貫くためにそこまでやらないといけないのか。しがない世の中だとつくづく感じる。

管理会社を変更するにしても、その2つが必要になる。

 








-語り

執筆者:

関連記事

マンションの廃墟、これからどう向き合う!

  国土交通省の公表データによると、築40年超の分譲マンションは2018年末時点で、全国に約81万戸あり、全体の約1割を占めています。20年後には4.5倍の約367万戸に膨らむと推計されてい …

マンションの管理員室は誰のもの?

  マンションの管理員室は共用部分に該当する。中には専有部分として所有権の保存登記がなされ、管理会社の所有になっている特殊なケースもあるのだが、一般的には規約共用部分という扱いになっている。 …

分譲マンション|安心して暮らすためにルールは存在する!

  ルールを守らない人を信用できますか? この質問に対してきっと多くの日本人は「信用できない」と答えるでしょう。なぜなら「法の支配こそ国是」という考え方が我が国には根強いているからです。その …

モンスタークレーマーだと決めつけるその前に!

  昔からよく耳にする「クレーマー」という言葉、これが最近では「モンスタークレーマー」という言い方に変わってきた。きっと、そこには圧倒的な存在感と影響力を持つ「モンスター」がいるのだろう。も …

レオパレス21の施工不備問題から見えてくるもの!

  レオパレス21と言えば、賃貸アパートで有名な大企業であります。 昨今のニュースで施工問題が大きく取り上げられ、賃貸アパートの所有者からは憤りの声、そして、そこに住まれている方たちの中には …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事