管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

出る杭は打たれる!

2017年8月7日

 

間違いを正す」、これって簡単そうで実は難しいことである。これは現代社会、そして管理組合内においても同じことがいえる。

集団という社会は、本当にしがらみが多い。

理事長、理事役員の中には、管理会社の見積書が信用できない、そんな理由で複数の業者から見積もりを取り寄せ、比較検討を行う。

ところが、陰では嫌疑をかけられる。他人任せではいけない、純粋に管理組合のために行っていることが、本意とは真逆の評価を周りから受けてしまう、本人からしてみれば不本意なことであろう。

真逆の評価とは、業者との癒着を疑われたり、異端児扱いされることを意味する。

 

日本文化というのは、寄らば大樹、そして出る杭は必ず打たれる、そんな馬鹿げた文化が存在している。これは変えようがない。

だれもが「そうあるべき」と共感を抱くことでも、結局、それを実際に行えば、陰で批判する者が出てくる。本当に政治の世界とよく似ている。

正直者はバカをみる、そんな馬鹿げたことが管理組合内でも起きている。それでは何も変わらないし、変わるはずもない。

真面目に実行するだけでは、結局はバカをみるのは自分である。私の人生がまさしくそれだった。二度のリストラ…

真面目さだけでは通用しない、それが集団という組織にはある。本当に変えたいのなら、「かしこさ」を持つべきだ。

かしこさとは、「根回し」と「強固な大義」である。賛同が得られるように下準備が必要になる。これが根回しである。

問題点を掲げ、それを解決するための手段(目的)、これが「大義」である。大多数が賛同できるもの、それが「強固な大義」である。

善意を貫くためにそこまでやらないといけないのか。しがない世の中だとつくづく感じる。

管理会社を変更するにしても、その2つが必要になる。

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

きれい事だと言われても、それでも伝えたいことがある!

  私がマンション管理会社時代に、色んな方と出会い、色んな経験をさせてもらった。   ときには感動し、涙を流したこともある。   ときには怒られ、くじけそうになったことも …

マンション管理組合の運営|西暦表示を採用しよう!

  新年明けましておめでとうございます。 2019年、皆様にとって良い年になりますように…   今年最初のブログになります。昨年もそうでしたが1年が経つのって本当に早い …

最近口にしていない言葉…

  人とのコミュニケーションで欠かせないのが、笑顔であったり、謙虚さであったり、感謝の気持ちを持ち続けることであったり、頭では分かっているのだが、年を重ねるごとになぜか失われていく。 これら …

感謝の気持ちは持ち続けたい!

  マンション管理というのは、多くの人に支えられそれが成り立っている。その人たちの協力があるから、安全で快適な暮らしが守られている。   今の私は、何のしがらみのないマンション所有 …

管理会社がいるから本音で話せない

  マンションの総会、理事会に管理会社が同席する、それが当たり前のように思えるが、時として本音の話し合いの足枷になったりもする。 管理組合と管理会社は常に利害関係にあり、利益相反の関係にある …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop