管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

出る杭は打たれる!

2017年8月7日

 

間違いを正す」、これって簡単そうで実は難しいことである。これは現代社会、そして管理組合内においても同じことがいえる。

集団という社会は、本当にしがらみが多い。

理事長、理事役員の中には、管理会社の見積書が信用できない、そんな理由で複数の業者から見積もりを取り寄せ、比較検討を行う。

ところが、陰では嫌疑をかけられる。他人任せではいけない、純粋に管理組合のために行っていることが、本意とは真逆の評価を周りから受けてしまう、本人からしてみれば不本意なことであろう。

真逆の評価とは、業者との癒着を疑われたり、異端児扱いされることを意味する。

 

日本文化というのは、寄らば大樹、そして出る杭は必ず打たれる、そんな馬鹿げた文化が存在している。これは変えようがない。

だれもが「そうあるべき」と共感を抱くことでも、結局、それを実際に行えば、陰で批判する者が出てくる。本当に政治の世界とよく似ている。

正直者はバカをみる、そんな馬鹿げたことが管理組合内でも起きている。それでは何も変わらないし、変わるはずもない。

真面目に実行するだけでは、結局はバカをみるのは自分である。私の人生がまさしくそれだった。二度のリストラ…

真面目さだけでは通用しない、それが集団という組織にはある。本当に変えたいのなら、「かしこさ」を持つべきだ。

かしこさとは、「根回し」と「強固な大義」である。賛同が得られるように下準備が必要になる。これが根回しである。

問題点を掲げ、それを解決するための手段(目的)、これが「大義」である。大多数が賛同できるもの、それが「強固な大義」である。

善意を貫くためにそこまでやらないといけないのか。しがない世の中だとつくづく感じる。

管理会社を変更するにしても、その2つが必要になる。

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

こんなマンションには住みたくない!

  マンションなどの共同住宅は、私生活の集合体であり、互いに身近にいるから色んな情報や噂話が飛び交う。普段生活する中で耳を塞ぎたくなるような話を聞かされることがある。 聞かされる? そう、そ …

不動産会社はこれからどんどん潰れていく!

  新築物件が2008年のリーマンショック後、急激に減っている。建設費の高騰、先行き不透明な状況下で新築物件を手掛けるマンションなどの分譲会社(デべロッパー)は作っても売れる確証がないから慎 …

管理会社という名のレール

  新築の分譲マンションを購入した段階で、既に管理会社が存在する。 任せて安心、その根拠など無いのに所有者たちはひたすら管理会社鉄道に乗り続ける。 管理会社が儲ぐために敷かれたレールに乗って …

管理会社に頼めば安心、その根拠はどこにあるのか!

  私は長らく管理会社で働いてきた。そして自ら管理会社を立ち上げた経験を持つ。 管理組合の所有者から「管理会社に頼めば安心」、この言葉に何度救われたことか。工事などを受注する際に総会、理事会 …

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop