管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

屋上の点検から見えてくるもの!

2018年1月27日

 

自分たちが住んでいるマンションの建物点検は、いつ誰が行っているのだろう。

その問いかけに対して「委託先の管理会社が行っている、毎月かな?」、そんな回答が返ってきそうだが…

「管理会社に任せているから」、そのように言われると、元業界人として有難い言葉に思えるのだが、管理会社が行う点検の実態は果たしてどうだろう。

建物点検は、専属の担当者が行うケースもあれば、フロント担当者、管理員が兼務するケースもある。専属とは、建物や設備に関する知識と経験を持ち合わせた専属部署の社員を指す。

中小企業の場合、フロント担当者がその点検を兼務するケースが見受けられる。大手管理会社の場合、専属の担当者もしくは現地の管理員が行うことが多い。

管理会社が行う点検は、技量もそうだが、点検の意義をどこまで理解されているのか、そこが重要になる。

この点検を疎かにすると建物の安全性や快適性を損なうことに繋がりかねない。ひとたび事故が起これば、ケアレスミスでは許されない。



屋上の点検から見えてくるもの

マンションの屋上は雑草だらけ、これは意外と多くのマンションで見られる。

 

 

屋上の排水溝に雑草が生えれば、排水溝の中に根がびっしり詰まって排水不良を引き起こす。そして大雨ともなれば屋上はプール状態と化す。これにより、屋上の防水の痛んだ箇所から水が入り込み、下の階へ漏水することもある。

仮に排水溝が詰まっても、防水の痛み(不具合)がなければ、そう簡単には水漏れというのは起きない。いずれかのチェックが欠けると水漏れの発生リスクは高まる。

事故を未然に防ぐ、そのために点検(チェック)は行われている。雑草をそのまま放置しているというのは、必要なチェックがなされていないことを意味する。

屋上の点検が年1回もしくは半年に1回、それは言い訳にしか聞こえない。管理組合が欲しいのは言い訳ではなく、状況に応じた提案である。と駆け出しの現役時代にお客様から言われたことをそのまま書いてしまった(笑)。

屋上に雑草が生える、それには兆候がある。結果の事象には必ず原因があるということだ。

屋上に鳥の糞や植物の種が落ちているのを見て、何も感じない点検者ならその段階で失格となる。なぜなら、鳥の糞の中には植物の種が混ざっていることが多いし、その種がやがて雑草へと成長する。

鳥の糞、木の実 = 屋上の雑草

 

屋上の点検の際は、ゴミ袋、ほうき、ちりとり、ヘラの4つは必要になる。

ここまで行う点検者はそうはいないだろう。私は管理会社時代に当たり前に実践していたことでもある(笑)。そうなるまでに数多くの失敗はあったのだが…(笑)

屋上というのは、普通に生活する中で人目に触れる場所ではないから、マンションの死角部分にあたる。逆にそこを確認することで、管理会社の良し悪しを窺い知ることができる。

雑草が生えていることを指摘して、フロント担当者から「点検時には無かった」、「点検回数を増やしてほしい」、「草取りの費用が別途必要です」…

指摘されてようやく気付く事実、後出しじゃんけんの提案、サービス精神の無さ…

あとは、自分たちで考えて欲しい。

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

マンション・賃貸共同住宅・戸建て住宅の違い

  マンションというのは、ひとつの建物の中に複数の所有権が存在する。この区分所有という特殊な形態が、賃貸共同住宅、戸建て住宅とは大きく異なる特徴といえる。 住宅の集合体、これがマンションであ …

マンションのクリスマスイベント

  この季節になると街並みの景色が徐々に変わってくる。 12月の風物詩といえば、クリスマスツリー、そしてクリスマスイルミネーションである。 もうすぐ12月、今始まったことではないが時間が経つ …

こんなマンションには住みたくない!続編

  マンションというのは同じものはない。そこに暮らす人たち、コミュニティ(地域社会)のあり方が異なる。大袈裟な言い方になってしまうが、マンションには独自の文化がある。これは過去の歴史によって …

感動の動画|私はこの動画を見て色んなことを学んだ!

  マンション管理とは全く関係のない記事になってしまうが、私は過去にリストラを二度経験している。曲がったことが嫌いな性格なので出資者や経営陣とよく衝突し、結局は出る杭は打たれた。 正義とは何 …

間違いだらけのマンション管理|このブログを始めて半年目

  早いもので、今年も残りあと3ヶ月、このブログを始めたのが今年の4月だからちょうど半年を迎える。 マンション管理のブログを書いても、面白くもないネタだから誰も読まないだろうって、最初の頃は …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop