語り

マンションのクリスマスイベント

2022年12月22日

 

 

月日が経つのが本当に早いですね。

 

私が住むマンションでは、この時期になるとクリスマスツリーが1階のロビーに飾られています。

 

 

今年も理事の皆さん、そして小さなお子さんが楽しそうに飾り付けを行ってくれました。

 

日頃素通りするエントランスホールですが、この時期になるとクリスマスツリーの前には住人たちが集まり、コミュニケーションの場になります。

 

このクリスマスツリーは20年程続いていますが、当初は小さなお子さんが多かったので、子供が喜ぶイベントとしてスタートしました。

 

今では、年末の風物詩になっています。

 

 

他人行儀なマンションになりがちな時代、ちょっとしたイベントを行ってみるのも良いことだと思います。

 

 


 

-語り

執筆者:

関連記事

緊急事態宣言に揺れる管理会社|見つめ直す良い機会だと思う!

  今回の緊急事態宣言を受け、それぞれのマンション管理会社の対応方針が打ち出されていますが、そこで気になるのが不確定な表現になっている点です。 ☞ 〇〇業務を中止させていただく場合がございま …

今度は私が涙目?

    あの事件が起きた次の日(昨日)、早速注意喚起の書面が貼り出されていました。   掲示板、そしてエレベーターの中と外に…(笑)   早いことはとてもいい事 …

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …

松下幸之助の名言から学んだこと!

  あのパナソニックを一代で築き上げた「松下幸之助」、経営の神様として称され、彼が残した功績、そして経営哲学は後世に語り継がれています。 私がマンション管理会社に就職したての頃、失敗ばかりし …

2020年問題と大不況の予感?

  最近よく耳にするのが2020年問題、この引き金になっているのが国内の人口減少である。現在、少子高齢化が加速する中で、様々な社会問題を引き起こすスタートの年となろう。 2020年と言えば、 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

マンションデべロッパー、デべ系管理会社、建設会社勤務を経て、2004年に管理会社設立。
2017年に業界を離れ、今はフリーランスとして活動しています。
元業界人がマンション管理についてしがらみ抜きでガチで語っているので、是非読んでみてください。

 ブログ内検索
 カテゴリー