管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

マンションのクリスマスイベント

2017年11月22日

 

この季節になると街並みの景色が徐々に変わってくる。

12月の風物詩といえば、クリスマスツリー、そしてクリスマスイルミネーションである。

もうすぐ12月、今始まったことではないが時間が経つのがやたらに早く感じる。

 

私が住むマンションでは、この時期になるとクリスマスツリーがエントランスホールに飾られる。

理事の皆さん、そして小さなお子さんが楽しそうに飾り付けを行う。このイベントはもう16年続いている。

このクリスマスツリーに住人たちが集まり、雑談の中に笑顔は絶えない。

住民同士の交流が深まるから、誰ひとり反対することもなく16年間続いているのだと思う。

 

自分たちのクリスマス

これにより住民同士の連帯感も生まれるし、理事の皆さんの親睦も深まる。

身近にいて遠い存在、その距離を埋めてくれたりもする。

 

他人行儀なマンションになりがちな時代、ちょっとしたイベントを行ってみるのも良いことだと思う。

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

マンション管理は計画性が大切です!

  「マンションの損害保険料が高くなった」 最近、色んなところでよく耳にするようになった。 築年数の古いマンションでは大幅な値上げとなっている。築年数の浅いマンションもいずれは古くなっていく …

2020年問題と大不況の予感?

  最近よく耳にするのが2020年問題、この引き金になっているのが国内の人口減少である。現在、少子高齢化が加速する中で、様々な社会問題を引き起こすスタートの年となろう。 2020年と言えば、 …

感謝の気持ちは持ち続けたい!

  マンション管理というのは、多くの人に支えられそれが成り立っている。その人たちの協力があるから、安全で快適な暮らしが守られている。   今の私は、何のしがらみのないマンション所有 …

町の電器屋から学べること!

  町中にある電器屋、年々減少しているのだが、その背景には経営者の高齢化による廃業、後継者不足がその要因と言われている。 一方、家電販売で勢いを増しているのがネット通販だ。以前は大型家電量販 …

マンション内での出来事|しめ飾りの悲劇!

    正月になると必ず思い出すことがある。 5年前にマンション内で起きたあの出来事を…   しめ飾りの悲劇 私の住んでいるマンションでは、正月の風物詩である …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop