管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

管理会社がいるから本音で話せない

2017年10月13日

 

マンションの総会、理事会に管理会社が同席する、それが当たり前のように思えるが、時として本音の話し合いの足枷になったりもする。

管理組合と管理会社は常に利害関係にあり、利益相反の関係にある。特にマンション管理の見直しともなれば、当事者(管理会社)がそこにいると都合が悪い。本音で話し合うことはできまい。

マンション管理の見直しが進まないのは、これも一理あると思う。

私の住んでいるマンションでその見直しを行った際に、管理会社不在の理事会を累計20回以上は開催している。当時マンション管理士がいない時代だったから、かなり大変だった。

教科書もないし、今みたいにネット情報もない、助言者がいない状況下での話し合いは正直大変である。だがそれなりに何とかなるものだ。管理会社という間違った教科書がそこにあったから、その間違いを正すだけである。

管理会社が同席しない理事会、総会は意外と本音が出やすい。気を遣う相手がいないから、マンション管理の問題点が次々に出てくる。「実は私もそう思った」「やっぱりそれっておかしいでしょう」「みなさん同じこと考えていたんですね」、そんな会話が生まれる。



自主管理されているマンションでは、総会、理事会資料は全て自分たちで作る。議事の進行、そして議事の記録も自分たちで行う。管理会社が別にいなくても支障はない。

管理会社に委託しているマンションでは、総会、理事会資料は全て管理会社が作る。議事の進行、そして議事の記録も管理会社が行う。失礼な言い方になってしまうが、自分たちでは何もできない。

自分たちの仕事がまるごと管理会社に置き換わる。ここで重要なのは、基本を知ることである。本来なら自分たちで全てやらなければならない。自主管理が手本となり基本となる。

その基本さえ理解しておけば、いざという時に自分たちだけで、本音の理事会、総会を開催することができる。

それに今の時代はマンション管理士がいるから、これらを全面的にサポートしてくれる。昔、苦労したことを考えたら、本当に良い時代になったとつくづく感じる。

マンション管理について、参考になる本もたくさん出版されているし、ネット情報も多い。そして管理組合の味方であるマンション管理士の先生方もいる。

こういう時代背景に変わったのは、過去そして現在において、間違いだらけのマンション管理が存在するからに他ならない。

管理会社が同席しない会合、やってみたら意外と本音が出るかも知れない…

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

消費税10%値上げ2019年10月から?

  過去に2回延期された消費税10%への引き上げだが、今年10月に開かれた衆議院選挙で自民党が圧勝し、消費税の値上げは2019年10月に決行されそうだが、さすがに3回目の延期はないと思う。で …

出る杭は打たれる!

  「間違いを正す」、これって簡単そうで実は難しいことである。これは現代社会、そして管理組合内においても同じことがいえる。 集団という社会は、本当にしがらみが多い。 理事長、理事役員の中には …

管理会社に頼めば安心、その根拠はどこにあるのか!

  私は長らく管理会社で働いてきた。そして自ら管理会社を立ち上げた経験を持つ。 管理組合の所有者から「管理会社に頼めば安心」、この言葉に何度救われたことか。工事などを受注する際に総会、理事会 …

マンション内での出来事|しめ飾りの悲劇!

    正月になると必ず思い出すことがある。 3年前にマンション内で起きたあの出来事を…   しめ飾りの悲劇 私の住んでいるマンションでは、正月の風物詩である …

マンション管理は計画性が大切です!

  「マンションの損害保険料が高くなった」 最近、色んなところでよく耳にするようになった。 築年数の古いマンションでは大幅な値上げとなっている。築年数の浅いマンションもいずれは古くなっていく …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop