管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

管理会社がいるから本音で話せない

2017年10月13日

 

マンションの総会、理事会に管理会社が同席する、それが当たり前のように思えるが、時として本音の話し合いの足枷になったりもする。

管理組合と管理会社は常に利害関係にあり、利益相反の関係にある。特にマンション管理の見直しともなれば、当事者(管理会社)がそこにいると都合が悪い。本音で話し合うことはできまい。

マンション管理の見直しが進まないのは、これも一理あると思う。

私の住んでいるマンションでその見直しを行った際に、管理会社不在の理事会を累計20回以上は開催している。当時マンション管理士がいない時代だったから、かなり大変だった。

教科書もないし、今みたいにネット情報もない、助言者がいない状況下での話し合いは正直大変である。だがそれなりに何とかなるものだ。管理会社という間違った教科書がそこにあったから、その間違いを正すだけである。

管理会社が同席しない理事会、総会は意外と本音が出やすい。気を遣う相手がいないから、マンション管理の問題点が次々に出てくる。「実は私もそう思った」「やっぱりそれっておかしいでしょう」「みなさん同じこと考えていたんですね」、そんな会話が生まれる。



自主管理されているマンションでは、総会、理事会資料は全て自分たちで作る。議事の進行、そして議事の記録も自分たちで行う。管理会社が別にいなくても支障はない。

管理会社に委託しているマンションでは、総会、理事会資料は全て管理会社が作る。議事の進行、そして議事の記録も管理会社が行う。失礼な言い方になってしまうが、自分たちでは何もできない。

自分たちの仕事がまるごと管理会社に置き換わる。ここで重要なのは、基本を知ることである。本来なら自分たちで全てやらなければならない。自主管理が手本となり基本となる。

その基本さえ理解しておけば、いざという時に自分たちだけで、本音の理事会、総会を開催することができる。

それに今の時代はマンション管理士がいるから、これらを全面的にサポートしてくれる。昔、苦労したことを考えたら、本当に良い時代になったとつくづく感じる。

マンション管理について、参考になる本もたくさん出版されているし、ネット情報も多い。そして管理組合の味方であるマンション管理士の先生方もいる。

こういう時代背景に変わったのは、過去そして現在において、間違いだらけのマンション管理が存在するからに他ならない。

管理会社が同席しない会合、やってみたら意外と本音が出るかも知れない…

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

こんなマンションには住みたくない!続編

  マンションというのは同じものはない。そこに暮らす人たち、コミュニティ(地域社会)のあり方が異なる。大袈裟な言い方になってしまうが、マンションには独自の文化がある。これは過去の歴史によって …

感謝の気持ちは持ち続けたい!

  マンション管理というのは、多くの人に支えられそれが成り立っている。その人たちの協力があるから、安全で快適な暮らしが守られている。   今の私は、何のしがらみのないマンション所有 …

感動の動画|私はこの動画を見て色んなことを学んだ!

  マンション管理とは全く関係のない記事になってしまうが、私は過去にリストラを二度経験している。曲がったことが嫌いな性格なので出資者や経営陣とよく衝突し、結局は出る杭は打たれた。 正義とは何 …

久しぶりの里帰りそこで知り得たこと!

  私の子供時代に過ごした故郷は、市の人口が7万人の小さな田舎町である。ここ10年の人口は増えてもいないし、減ってもいない。正確にいえば、日本人の人口は減っているのだが、外国人住民が増えてい …

面倒くさいをやるのが仕事!

  面倒くさいことをやるのが仕事である。世の中にはその面倒を引き受けてくれる人たちが存在する。それが企業で働く人たちである。 そう考えれば、マンション管理組合はその面倒を引き受けるための組織 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop