語り

管理会社がいるから本音で話せない?

2019年11月5日

 

マンションの総会、理事会に管理会社が同席する、それが当たり前になっていますよね。

呼んでもないのに同席する(笑)。

 

管理会社がいると本音の話し合いができない、特に管理会社に関係する事案ではそんな空気に包まれます。管理会社変更の話し合いともなれば、当事者がいると正直困ります。

私の住んでいるマンションでは、管理会社変更を含めたマンション管理の見直しを行った際に、管理会社不在の理事会を累計20回以上は開催しています。

教科書もない、今みたいにネット情報や助言者たるマンション管理士もいない時代でしたので、話し合いは正直大変でした。ですが今思えばそれなりに何とかなるものですね(笑)。

そこには「管理会社という間違った教科書」があったから、それを正すことで改善できましたから。



管理会社が同席しない理事会、総会は、意外と皆さん本音の意見を交わされます。気を遣う相手がいないから、マンション管理の問題点が次々と出され、「実は私もそう思った」「やっぱりそれっておかしいでしょう」「みなさん同じこと考えていたんですね」、そんな会話になったりもします。

自主管理されているマンションでは、総会、理事会資料は全て自分たちで作ります。議事の進行、そして議事の記録も自分たちで行います。なので管理会社がいなくてもそれが普通なんですよね。

逆に管理会社に委託しているマンションでは、総会、理事会資料は全て管理会社が作り、議事の進行、そして議事の記録も管理会社が行ってくれます。自分たちは何もしなくていいからそれに慣れてしまい、結局は自力では何もできなくなります。

 

 

管理会社に任せても、管理組合の運営業務の基本さえ知っておけば、いざという時に自力でやることができます。それって大切なことだと思います。

知らないで委託するのと、知ってて委託するのとでは大違いです。

その基本さえ押さえておけば、いざという時に自分たちだけで、本音の理事会、総会を開催することができます。

それに今の時代はマンション管理士の先生方がいらっしゃいます。そこで色んな相談に乗ってくれます。昔、苦労したことを考えたら、本当に良い時代になったとつくづく感じます。

マンション管理について、参考になる本もたくさん出版されていますし、ネットで知りたい情報を得ることもできます。

こういう時代背景に変わったのは、過去そして現在において、「間違いだらけのマンション管理」が存在するからに他なりません。

管理会社が同席しない会合、やってみたら意外と本音が出るかも知れません…

 








-語り

執筆者:

関連記事

モンスタークレーマーだと決めつけるその前に!

  昔からよく耳にする「クレーマー」という言葉、これが最近では「モンスタークレーマー」という言い方に変わってきた。きっと、そこには圧倒的な存在感と影響力を持つ「モンスター」がいるのだろう。も …

返報性の原理がマンションにも存在する!

  マンションというのは、多くの人が同じ屋根の下で共に暮らしている。なので、共用廊下などで住人さんと出くわすことが多い。 そこで誰かに笑顔で挨拶されるとどんな気持ちになるだろう。きっと多くの …

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …

こんなマンションには住みたくない!続編

  マンションというのは同じものはない。そこに暮らす人たち、コミュニティ(地域社会)のあり方が異なる。大袈裟な言い方になってしまうが、マンションには独自の文化がある。これは過去の歴史によって …

町の電器屋から学べること!

  町中にある電器屋、年々減少しているのだが、その背景には経営者の高齢化による廃業、後継者不足がその要因と言われている。 一方、家電販売で勢いを増しているのがネット通販だ。以前は大型家電量販 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事