管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

最近口にしていない言葉…

2018年1月20日

 

人とのコミュニケーションで欠かせないのが、笑顔であったり、謙虚さであったり、感謝の気持ちを持ち続けることであったり、頭では分かっているのだが、年を重ねるごとになぜか失われていく。

これらを忘れると人の成長はそこで止まってしまう。最近、つくづくそう感じる。

知識や経験というのは、人の成長には欠かせないものだと思うが、これを得ることにより、傲慢になったりもするし、ときとして横柄になったりもする。

知識や経験が得られると、自己主張を唱えたり、自分が正しいと勝手に思い込んだり、人を愚弄したり、他人を勝手に評価したり、それにより相手を傷つけたりもする。

全て今の自分に反省すべきことである。

 

普段生活する中で「ありがとう」、この言葉を口にすることが最近少なくなった。感謝せねばならないことだと分かっていても、それが当たり前に思えてしまう。特に家内には…

自省の念…



<追伸>

年を重ねるごとに涙もろくなる。テレビのドラマやドキュメンタリーの途中のワンシーンを見るだけでなぜか泣けてしまう。

これも年を重ねた人生経験によるものだと思うのだが、本当にワンシーンで泣けてしまう、しかも滝のように涙がこぼれるから始末に負えない(笑)。

人の言動って、感動を与えてくれたりもするし、怒らせたりもする。

人というのは、喜怒哀楽を双方に備えもつ生き物だと思う。

 

 

「間違いだらけのマンション管理」、このブログは、〇怒哀〇というネガティブな記事内容になってしまう。元業界人としての自省の念を書き綴っているのだが、記事を書くたびに、より深く自省の念に駆られてしまう。それでも伝えたいことがあるから書き続けているのだが…

 

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

マンション内のこんなトラブルに悩まされた!

  私の管理会社時代の話になるのだが、マンション内で起きたトラブルで日々頭を抱えることが多かった。管理組合の知らないところで管理会社は何かと苦労をしている(笑)。   マンションの …

やったことがないから平気で言えるんだよね!

  世の中にあるコンサルタントという職業、中には現場とか実務を知らない人もいらっしゃる。口にするのは簡単だが、実際の現場とか実務を知らない人が、机上の空論で得た知識で助言するのは良くない。 …

マンションには独自の慣習というものがある!

  昨日、私が住んでいるマンションの総会があった。午後3時から… いつもは日曜日の午前10時から12時までなのだが、土曜日に変更されていた。 総会終了後に管理会社の新任のフロント …

出る杭は打たれる!

  「間違いを正す」、これって簡単そうで実は難しいことである。これは現代社会、そして管理組合内においても同じことがいえる。 集団という社会は、本当にしがらみが多い。 理事長、理事役員の中には …

分譲マンション|人口減少でマンションはどう変わる!

  日本国内の住宅ストックは今や過剰とまで言われている。総務省統計局の住宅・土地統計調査によると2013年時点の空き家は全国で820万戸に及ぶ。この調査は5年毎に実施されているので来年201 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop