語り

マンションの修繕負担区分って大切だと思う!

2020年11月14日

マンションも人と同じで年を重ねるごとにあちこちに不具合が生じ、マンションであれば修繕、人であれば治療を要します。

一戸建てなら自分の判断で修繕を行えますが、分譲マンションの場合は、勝手に行うことはできないから、その修繕を誰が行い、誰が負担するのか困ることがよくあります。

例えば、網戸の網の張替えとか、扉枠に設けられている戸車の交換とか、窓ガラス、他にも室内と玄関扉の横に設けられた集合インターホン、集合郵便受けや玄関扉に設置している錠前などの修理や取替えなど、勝手に交換して良いのかな?なんて悩むこともあるでしょう。



そこで、滅多に読まない管理規約をどこに置いたのか忘れて、探すのに必死なんて方もいらっしゃるかも知れませんが、ようやく見つけた管理規約を読んでみると全く記載がなかったり、曖昧な表現になっていたり、判断がつかない場合、きっと多くの方は、マンションの管理員さんに確認したり、管理会社に連絡を入れたりしていると思います。

管理員さんや管理会社の担当者もまた、管理規約とか過去の色んな資料を調べてあたふたしている光景が目に浮かびますね(笑)。

マンションの修繕の負担先について、管理規約に明記されていないと場当たり的に物事が決められたり、人によっては自己負担、人によっては管理組合負担という結果を招き、それが発覚すると必ずトラブルを招きます。

それに時間が掛かります。早く修理したいのに回答がなかなか得られずイライラすることもあるでしょう。

なので、早めに修繕負担区分を設けることが望まれますし、設備などの項目を細部まで捉えることで、前述の問い合わせとか相談があった際に、容易に判断することができます。

建物が古くなってくると、修繕は確実に増えますから、どっちつかずの場合、修繕がスムーズに行えずに、状況によっては生活に支障を来すことも出てきます。

全体で修繕するもの、個別で修繕するもの、取替えは管理組合で行い、修理は自費でなんて、色んな取決め方法がありますが、ひとつずつ整理してみると意外と答えは出てきますよ。

マンション管理には公平さが求められますが、不公平さを生じさせない、この考え方って管理組合の運営を行う上で一番大切なことだと感じます。

 







-語り

執筆者:

関連記事

マンション内のこんなトラブルに悩まされた!

  私の管理会社時代の話になるのだが、マンション内で起きたトラブルで日々頭を抱えることが多かった。管理組合の知らないところで管理会社は何かと苦労をしている(笑)。   マンションの …

平成30年度マンション総合調査から見えてくるもの!

国土交通省は、マンション管理の実態を把握するために5年毎に管理組合を対象としたアンケート形式の調査を行っています。 今年4月に公表された「平成30年度マンション総合調査」の中で気になった項目をまとめて …

配慮が増えればマンションはもっと良くなる!

  マンションには価値観の違う人間同士が暮らしている。この価値観の違いによって、様々な問題が多く潜んでいる。 私は長らくマンションに住んでいるが、気の合う人、そうでない人がいる。人それぞれ考 …

フロントマンが涙目、いったい何が起こった?

    昨晩の9時過ぎ、仕事先から自宅マンションに到着し、1階でエレベーターを待っていた。     しばらくするとエレベーターが降りてきて、扉が開いた瞬間、見た …

マンションという財産を自分達で守る!

  マンションをキャッシュで購入するにしても、住宅ローンを組んで購入するにしても、所有した時点で自分にとって貴重な財産となる。 その財産を守るのは誰なのか、改めて聞かれると「自分」と答えられ …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事