管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

面倒くさいをやるのが仕事!

2017年8月8日

面倒くさいことをやるのが仕事である。世の中にはその面倒を引き受けてくれる人たちが存在する。それが企業で働く人たちである。

そう考えれば、マンション管理組合はその面倒を引き受けるための組織であり、管理組合役員は、それを引き受ける人といえる。

管理組合運営、理事会運営というのは故に「仕事」といえる。決してボランティアでやるべきものではない。なぜなら、そこには責任と義務があるからだ。

管理組合の役員になられた方は、その職務を全うすることが仕事となる。だが、仕事という意識を持たれている方がどれくらいいるのだろうか。

この仕事という意識が欠如すると、楽な方向へ物事を考えるようになる。その典型が「事なかれ主義」である。

私の任期中は面倒なことは避けてもらいたい。これが皆さんの本音ではないだろうか。そんな話をよく耳にする。



管理会社の見直しともなれば、とても厄介で面倒な仕事に思うに違いない。私の姉が理事長時代に管理会社を変更した。というよりも管理会社から一方的に解約の申し入れがあったから、やむを得ずの結果である(笑)。

理事長に就任した直後に管理会社の役員が自宅に訪れた。そして解約申入書を渡された。そのときに私は姉から相談を受けた。「とても面倒なことになった」、これが姉の口から最初に出た言葉である。

マンション所有者であるクレーマー数名によって、適正に管理委託業務が行えない、それが解約理由である。

管理会社から一方的な解約申し入れなど異例である。更に理由を聞けば、フロント担当者がうつを患い、過去に数名それが理由で辞められたと聞く。

姉の相談に色々とのってあげたが、当期の理事会は予期せぬことが起きて大変だったと思う。面倒なことは避けられない、誰かがそれを引き受けなければならないのだ。それを引き受けるのが理事会であり、理事役員の仕事である。

姉には仕事だと割り切ってやるように助言したが、ボランティア感覚ではまずできまい。仕事という割り切りも必要になる。

仕事には責任と義務がある。責任を持たない企業が起こした数々の失態、姉歯事件、杭打ちデータ改ざん事件、食品偽装事件など、反面教師は世に多く存在する。

管理組合の役員になられたら、責任と義務を明確に把握することが大切である。管理会社に聞けば教えてもらえる(?)。マンション管理士に聞いた方が的確な答えが返ってくるだろう。

 

 




-語り

執筆者:

関連記事

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …

松下幸之助の名言から学んだこと!

  あのパナソニックを一代で築き上げた「松下幸之助」、経営の神様として称され、彼が残した功績、そして経営哲学は後世に語りつがれている。 私がマンション管理会社の新米時代に、失敗ばかりしてよく …

身勝手な意見を言う人に共通すること!

  私が管理会社時代に決して口にしなかったが、業界を去った今だから口に出して言えることがある。それは、住人の身勝手に思えた発言である。 もしかしたら、気分を害する方もいらっしゃるかも知れない …

管理会社に頼めば安心、その根拠はどこにあるのか!

  私は長らく管理会社で働いてきた。そして自ら管理会社を立ち上げた経験を持つ。 管理組合の所有者から「管理会社に頼めば安心」、この言葉に何度救われたことか。工事などを受注する際に総会、理事会 …

後悔の先にあるもの!

    生きていて、楽しいことよりも辛いことの方が多いと思う。 色んなしがらみの中で人は生きて行かなければならない。 辛いことが多いから、ちょっとしたやさしさに触れたときに楽しくな …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop