大規模修繕

マンション大規模修繕|関係業者は全て敵だと思え!

2019年8月1日

 

マンションの大規模修繕は文字通り、大掛かりな修繕となるため、マンションの規模にもよりますが、数千万から億単位の多額のお金を費やします。

毎月コツコツ積み立てた大切な資金(修繕積立金)を取り崩して、大規模修繕を行うわけですから費用に見合うだけの成果は得たいものです。

しかしながら、大規模修繕には管理組合にとって不利益となる「仕組まれた罠」が存在したりもします。

今回、この「仕組まれた罠」について。語らせていただきます。

 

 

管理会社から紹介された関連業者はNG!

大規模修繕は管理組合にとって一大イベントにあたります。同時に委託先の管理会社もまた、多額の利益が得られる一攫千金のイベントになり得ます。

このように書くと不快に思われる関係者がいらっしゃると思いますが、管理組合の知らない裏側では、関係業者における癒着・談合があることは偽りのない事実です。

 

 

ここでいう「関係業者」とは、管理会社、コンサルタント会社(設計事務所など)、施工会社のことを指します。

大規模修繕の実施にあたり、コンサルタント会社や施工会社などの業者選定を行いますが、そこで注意すべきことがあります。

委託先の管理会社が積極的にコンサルタント会社や施工会社を紹介するケースが多々見受けられますが、その裏側では業者との癒着(談合)があることを疑うべきです。実際にそれは起きていますから。

良識のある管理会社なら業者との癒着を疑われるような言動が慎みますし、自制します。なので、自ら紹介することはまずしません。これはコンサルタント会社、施工会社にも言えることです。

積極的に紹介する行為には必ず裏があることを管理組合は見抜くべきです。

▶ 管理会社とコンサルタント会社との癒着・談合

▶ 管理会社と施工会社との癒着・談合
▶ コンサルタント会社と施工会社との癒着・談合

業者間の談合によって、どの業者が工事を受注するのか紹介時点で既に仕組まれています。相見積りは談合によって作成されたりもします。詳しくはこちらの記事👇

▶ 管理組合必見|知らないと損をする相見積もりのカラクリ!

この談合は、割高工事を意味します。5,000万円で行える工事が8,000万円になるといった本当に馬鹿げたことが実際に起きています。だから談合というのは悪しき行いであって、管理組合はそれを見抜く必要があります。

公共入札の談合はNG、民間なら許せるのか、実情として民間においては、何でもありの感は否めません。だから管理組合は見抜く知識を自力で得る必要が出てくるわけです。

1戸当りの工事費は100万円が目安と言われています。総戸数や工事内容にもよりますが、平均的な数値としてこの金額を覚えておくといいですよ。高い理由とか安い理由は必ずあります。そこは業者に直接確認しましょう。

管理会社、コンサルタント会社、施工会社からの紹介は一切受け付けない、この考え方が割高工事を免れるためには必須です。



管理会社の元請工事はNG!

管理会社はそもそも建設工事が本業ではありません。言い換えれば建設業の真のプロではないということです。分かっているようで実は分かっていない、そこが怖いんです。

ペーパー知識とか現場監督を経験した程度では元請工事は役不足です。防水材の知識、塗装の配合など実際に工事をやらないと理解できないことってたくさんありますから。

管理会社は、管理しているマンションの工事予定時期とか予算(懐具合)など、あらゆる情報を管理業務を通じて把握しています。故に管理会社にとって工事受注は有利に働きます。好都合だから建設業登録を行い、大規模修繕を自らが行っている感は否めません。

なぜ管理会社の元請工事はNGなのでしょう。

実際に工事を行うのは下請け業者です。元請業者よりも下請け業者の方が知識と経験に勝るという本末転倒がそこにあったりもします。また、そこには常識を超えた中間マージンが存在したりもします。

下請け業者は工事金額をとにかく叩かれます。そうしないと前述の中間マージンは得られません。原価は抑えて利益は暴利、結果として割高工事が生まれます。下請け業者は割に合わないから必ずどこかで手を抜きます。金額に見合うだけの工事しかしないということです。

材料の仕様を落としたり、外壁塗装の3回塗りのところを2回で済ませたり、現場に入る職人さんを減らしたり、丸投げの丸投げが生じたり、手抜きには色んな方法があります。

管理組合が支払う工事費は割高なのに対し、行われる工事が安かろう悪かろうの工事になっている感は否めません。

これは名ばかりの建設会社にも言えることです。

 

管理会社のリベートは割高工事を生む

管理会社は前述のとおり、工事に関わる情報とか顧客情報を把握していますので、それを知っている建設会社や設計事務所の営業マンは管理会社を訪問します。そこで仕事欲しさにリベートの話を持ち掛ける愚か者がいたりもします。

それをビジネスだと勘違いしています。このリベートが波及して、未だ絶えることのない管理会社の横領事件に結びついている感は否めません。

施工会社から受け取るリベートは工事費の10%から20%、紹介するだけで大金がもらえるから、管理会社にとって一攫千金のイベントになるわけです。

1億円の工事であれば、1,000万円から2,000万円もの大金が管理会社に入ります。地方の中古マンションがひとつふたつは買える金額ですよね。

このリベートが工事費に上乗せされているとしたら、割高工事というよりも、もはやぼったくり工事です。

 

このリベートは管理会社だけの話ではありません。コンサルタント報酬を異常に安くして契約に漕ぎつけたコンサルタント会社が裏で多額のリベートを施工会社に要求したり、受け取る行為が水面下で行われています。

これらの悪しき行為が水面下で当たり前に行われている事実を管理組合の皆さんは是非知っておいてほしいです。

 

<関連記事>

▶ 毎日新聞デジタル(2017年4月20日)

▶ 毎日新聞デジタル(2017年10月1日)

 

それとは無関係に癒着を嫌い、管理組合と真摯に向き合い、健全な事業を行っている関係業者も中にはいます。残念ながら私が知る限りほんの僅かですが…

なので、これからもっとNOリベート宣言を公約できる業者が増えて欲しいと願います。

 

<ピックアップ記事>

▶ 大規模修繕|建設会社時代のエピソード

▶ マンション大規模修繕|癒着の実態を暴く!

▶ 間違いだらけのマンション大規模修繕!

 








-大規模修繕

執筆者:

関連記事

マンション大規模修繕|こんな設計監理方式はいらない!

マンション大規模修繕の進め方には大きく3つある。 ▶ 設計監理方式 ▶ 責任施工方式 ▶ 管理会社主導方式 始めて行う大規模修繕であれば、ノウハウを持たない管 …

マンション大規模修繕|数量のトリック!

  修繕工事などの見積書を確認する際に、金額の方にだけ目が向けられ、数量というのは軽視されがちです。実は数量というのは、金額の算定の基準になるため、とても重要なんです。 数量×単価=工事金額 …

大規模修繕に関わる3つの保険

  マンションの大規模修繕に関わる保険は大きく3つある。 1.大規模修繕工事瑕疵保険 2.工事保険 3.傷害保険 いずれも大規模修繕を行う上で、管理組合が知るべき保険である。今回、その中のひ …

マンション修繕工事|安全性を優先すべき!

  マンションの建設、その後の修繕工事において、意匠や機能も大切なことではあるが、一番に優先すべきは「安全性」だと思う。 私はデベロッパー、そして建設会社でマンション建設、修繕工事に携わって …

タワーマンションの大規模修繕|足場に関わる問題点!

  タワーマンションとは、20階建て高さ60m以上の超高層マンションのことを指しますが、法律などで定義付けされているわけではありません。     1997年の建築基準法改 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事