管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

大規模修繕

マンション大規模修繕工事|施工業者の選択のポイント!

2018年8月18日

 

マンションの大規模修繕の施工業者を決める際に、どこに依頼すれば良いのか?意外と悩んだりもする。多額のお金が掛かるわけだから、慎重になったりもするだろうし、発注する側の管理組合にとっては後悔だけは避けたい。

 

管理組合という団体組織で何かを選ぶという行為は決して容易ではない。なぜなら、色んな意見や考え方がそこにあるから、合意形成に至るまで時間は掛かる。

自ら施工業者を紹介すれば、後に責任を追求されることもあるだろうし、見返りなどの嫌疑が掛かる、そんな不本意な結果を招くことだって起り得る。

施工業者選びって本当に色んなしがらみがあるから容易ではない。これが実情ではないだろうか。



そこで多くの管理組合が施工業者の選定にあたって公募を行っている。マンションによっては管理組合以外の第三者から紹介された施工業者で決めるケースもあるだろう。その第三者が設計コンサルタントであったり、委託先の管理会社であったりする。

第三者からの紹介は、前述の責任回避という部分に合致するから、失礼な言い方になってしまうが管理組合側にとってみれば都合の良い選択肢なのかも知れない。でも、それは間違っていると個人的に思うのだが…

(詳しくはこちら → マンション大規模修繕|関係業者は全て敵だと思え!

 

施工業者の選択のポイント

施工業者を選ぶ際に重要なのは、業者間の癒着が存在しないこと、それともうひとつ「施工業者のリピート率」である。

 

このリピート率というのは、顧客満足度に直結するから良い評価の裏付けにもなる。多数の工事実績よりもリピート率、そこを重要視すべきだと思う。

施工(仕上がり)や実施後のアフターが悪ければリピートは得られない。これは他の商品やサービスにも言えることだが、アフターがとても重要になってくる。

施工業者とのヒアリング、プレゼン時には確認すべきことでもある。リピート率で評価する方法も是非、頭の片隅にでも入れておいてほしい。

 

 


 



-大規模修繕

執筆者:

関連記事

マンション大規模修繕|使用される材料には注意が必要!

  大規模修繕の実施計画を行う際に、私たちは素人だからと一級建築士の先生方に設計監理を委託されるケースがあります。一般的にこの方法を「設計監理方式」と呼ばれていますが、一級建築士だからと安心 …

マンション大規模修繕|実数精算の注意点!

  マンションの大規模修繕の見積もり段階で「実数精算」という言葉が用いられるのだが、この精算方法については、特に注意が必要になる。今回、これをテーマに語りたい。   実数精算とは …

マンション大規模修繕|こんな設計監理方式はいらない!

マンション大規模修繕の進め方には大きく3つある。 ▶ 設計監理方式 ▶ 責任施工方式 ▶ 管理会社主導方式 始めて行う大規模修繕であれば、ノウハウを持たない管 …

大規模修繕の決議要件について

  2002年の区分所有法の改正により、「共用部分の変更」の定義が変わった。この改定の背景には、建物の維持保全には欠かせない大規模修繕の円滑な実施を図る、その目的がある。 <改定前> 区分所 …

マンション修繕工事|安全性を優先すべき!

  マンションの建設、その後の修繕工事において、意匠や機能も大切なことではあるが、一番に優先すべきは「安全性」だと思う。 私はデベロッパー、そして建設会社でマンション建設、修繕工事に携わって …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop