管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理のズバリ問題点!

2018年8月25日

 

分譲マンションの管理を行う上で必要になるのが「自主性」であり、「マンション管理の主体が誰なのか」、そこが重要である。

何のために管理組合とか理事会という組織が存在するのか、失礼な言い方になってしまうが、そこに全く関心を持たない所有者が多いのが実情ではないだろうか。

マンション管理の問題の多くは自分たちが作ってる。長らくマンション管理業に携わってきたから見えてくるものがあるのだが、私にはそう思えてならない。

 

そこには「他人任せ」「無関心」、この2つが存在する。



自分のマンションだからと、熱心にマンションの事を考える区分所有者がいる一方で、自分のマンションなのにまるで他人事、そんな無関心な区分所有者がいる。

ろくに総会に出席しないで文句ばかり言う人…

私の住んでいるマンションにも、手に負えない区分所有者がいる。

マンション管理って、管理費や修繕積立金を払って「はいおしまい」ではない。すこぶる勘違いをされている方が本当に多い。マンション管理運営に参画する、そこが欠けている。

 

他人任せは他人任せを呼ぶ

マンションの管理を管理会社に委託する場合、重要なのは「管理組合側のチェック機能」である。なぜなら、管理会社が行っている業務は完全ではないからだ。

決算書類や日々の業務をチェックしているとそこに不備があったりもする。これらは意外と多く存在するだろう。それに気付かずにマンション管理が平然と行われている感は否めない。そこに問題が潜んでいる。

管理組合側のチェック機能が無い、もしそうだとすれば管理会社の社内チェックもまた甘くなる。そういった悪循環が存在したりもする。

 

 

管理組合が管理会社任せにする。そして管理会社もまた下請け業者任せにする。これも実情として存在すると思う。

舵取り役がしっかりしていないと下は動かない。これは企業にも言えることだが、そこに注意を払うべきだと思う。

他人任せは他人任せを生んでしまう。そこにマンション管理の問題点が潜んでいる。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

理想のマンション管理って!

  快適な暮らし、そして安心して暮らせる… マンションの住まい方には、人ぞれぞれに理想があると思う。 でも実際に住んでみると、そこには色んな制約があったり、トラブルが待ち受けてい …

マンション管理の難しさ

  マンション管理というのは難しい。 互いに価値観の違う所有者がマンション管理を行うことに限界を感じることもあるだろう。     戸建住宅なら何も気を遣う必要もない。お金 …

注意喚起の書面は配慮が必要

  マンション内でトラブルや苦情が発生した際、書面を通じて住人に伝達することがある。 掲示板に貼ったり、各住戸のメールボックスに配付したり、目的は周知と注意喚起なのだが、果たして読まれている …

マンションの機械警備の仕様にも種類がある!

マンションには、火災などの非常時の警報を受信するための住棟受信機という防災設備がある。その受信機は一般的に管理員室内に設置されている。   各住戸に設置されている火災警報器が反応したり、イン …

管理費会計の長期収支計画を策定すべき!

  マンションの管理組合会計で大切なのは結果の数字よりも予算だ。なぜなら、管理組合会計は予算準拠が前提としてあるからだ。 総会で承認された予算に従ってマンション管理を行わなければならない。こ …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop