管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理のズバリ問題点!

2018年8月25日

 

分譲マンションの管理を行う上で必要になるのが「自主性」であり、「マンション管理の主体が誰なのか」、そこが重要である。

何のために管理組合とか理事会という組織が存在するのか、失礼な言い方になってしまうが、そこに全く関心を持たない所有者が多いのが実情ではないだろうか。

マンション管理の問題の多くは自分たちが作ってる。長らくマンション管理業に携わってきたから見えてくるものがあるのだが、私にはそう思えてならない。

 

そこには「他人任せ」「無関心」、この2つが存在する。



自分のマンションだからと、熱心にマンションの事を考える区分所有者がいる一方で、自分のマンションなのにまるで他人事、そんな無関心な区分所有者がいる。

ろくに総会に出席しないで文句ばかり言う人…

私の住んでいるマンションにも、手に負えない区分所有者がいる。

マンション管理って、管理費や修繕積立金を払って「はいおしまい」ではない。すこぶる勘違いをされている方が本当に多い。マンション管理運営に参画する、そこが欠けている。

 

他人任せは他人任せを呼ぶ

マンションの管理を管理会社に委託する場合、重要なのは「管理組合側のチェック機能」である。なぜなら、管理会社が行っている業務は完全ではないからだ。

決算書類や日々の業務をチェックしているとそこに不備があったりもする。これらは意外と多く存在するだろう。それに気付かずにマンション管理が平然と行われている感は否めない。そこに問題が潜んでいる。

管理組合側のチェック機能が無い、もしそうだとすれば管理会社の社内チェックもまた甘くなる。そういった悪循環が存在したりもする。

 

 

管理組合が管理会社任せにする。そして管理会社もまた下請け業者任せにする。これも実情として存在すると思う。

舵取り役がしっかりしていないと下は動かない。これは企業にも言えることだが、そこに注意を払うべきだと思う。

他人任せは他人任せを生んでしまう。そこにマンション管理の問題点が潜んでいる。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理|それぞれの立場

  マンションの管理運営には、主役そして脇役が存在する。それぞれに役割というものがあり、両者が上手くかみ合ってこそ、その目的が良い方向に進んでいく。 これは映画やドラマと同じである。 マンシ …

マンションの共用と専用の所有区分は明確に!

  マンションには共用部分と専有部分の2つがある。マンション内にあるもの全てがいずれかに該当する。共用部分の管理は管理組合が行い、専有部分の管理は各所有者が行う、これがマンション管理の基本的 …

分譲マンション|管理会社から管理委託契約を一方的に解除する事例が増えている!

  最近、管理会社の変更(リプレイス)が増えている。この間、それに関する記事をこのブログに書き綴ったが、今日、管理会社に勤めている私の知人から聞いた話で少し気になったことがあるから、それを題 …

マンション管理|発注形態を知っておこう!

  マンション管理の発注形態には、「一括発注方式」「分離発注方式」の大きく2つある。 一括発注方式とは、管理会社に全ての業務を包括的に発注する方法を意味する。一方の分離発注方式は、管理会社を …

情報収集は自ら行うことが大切!

理事会で協議する際は、事前にテーマ(議題)を理事役員に周知すべきである。理事会当日にテーマを公表されても有意義な理事会にはならない。次回に持ち越しというパターンになりがちだ。 効率よく理事会を行うため …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop