マンション管理

マンション管理|見積りには経費が掛かる!

2020年4月30日

 

見積りには経費が掛かる

見積りの依頼内容によっては、かなりの手間を要することがあります。業者が客先に出向いて見積りを行えば、ガソリン代、人件費、駐車場代などの経費が発生します。そして見積書を作成する際にも時間と手間が掛かります。

チラシや広告などによく掲載されている「見積り無料」、敢えて無料をアピールしている理由はそこにあると思います。

 

 

客側の立場からすれば「見積り無料は当然だろ」そのように感じるでしょう。これは客側の考え方であって、業者側の考え方というのは、仕事を貰うことを前提に見積りを行う、そこに大きな違いがあります。

最初から仕事が貰えないと分かっているのなら、大半の業者は言い訳をこしらえて、その見積り依頼は断るでしょう。掛かる経費に対して仕事が得られなければ企業の経営というのは成り立ちません。

マンション管理においても、色んな業者から見積りを取り寄せることが多々ありますが、そこで注意すべきことがあります。今回、それについて語りたいと思います。



後出しジャンケンは得をする

工事の実施に際して、複数の業者から見積りを取り寄せる、これが今では当たり前になっています。最初に見積りを行う業者は、直接現地に出向き、現状を把握し、数量やメーカーを調べ、そして提案などを交えて、それを見積りに反映させています。

状況によっては、理事会などの会合に参加して、見積り内容の説明、工事内容の説明を行うこともあるでしょう。大きな工事ともなれば、説明する機会は増えます。

しかしながら、最初の業者の見積りをベースに相見積りを取り寄せるケースが意外と多く見受けらます。

数量、メーカー、仕様などが決まっていれば、数字を当て込むだけ…

 

 

相見積りの場合、手間が省けるので見積金額を下げることは可能です。結局のところ、「後出しジャンケンは得をする」ということになります。

 

労せずして金は得ない

前述の後出しジャンケンの業者が安いからという理由でそこに決める、果たしてこのやり方が適切だとは思えません。現場を見ずに見積書なんて普通作れませんからね。

私の管理会社時代に何度これに遭遇したことか…(悲)

見積りしても仕事が来ない、これが何度も繰り返されると業者側は不信感を抱くようになります。そしてそのうち敬遠するようになります。業者によっては、敢えて高い見積書を提出するようになります。

もう受けませんよと言わんばかりに…

本音を書くブログなので、率直に書いてしまいましたが、企業で営業をされている方ならこの気持ちは理解できると思います。

見積りに至るまでの過程…

これは業者選考にあたって、配慮すべき点だと個人的に感じます。もしこれが賢いやり方というのなら、それは少し違うような気がします。

現地に出向かない、ただ数字入れだけを行う業者…

果たしてそんな業者を信用できるでしょうか。

後出しで見積りに参加する業者の中には、現地に出向いて同じように時間を掛けて見積りを作成するところもあります。業者によっては、独自の提案見積りを本旨とは別に提出されるケースもあります。

現場確認をしないと正しい見積りなんて出せません。見積りまでの過程というのも大切です。業者選考時にはそこも考慮に入れるべきだと思います。

見積書の作成にも経費は掛かります。そこを履き違えると業者は離れていきます。賢いやり方、交渉上手とは、相手のことも理解して成り立つものだと思います。

 








-マンション管理

執筆者:

関連記事

情報収集は自ら行うことが大切!

  理事会で協議する際は、事前にテーマ(議題)を理事役員に周知すべきである。理事会当日にテーマを公表されても有意義な理事会にはならない。次回に持ち越しというパターンになりがちだ。 効率よく理 …

マンション管理|他人任せは自分の身に降りかかる!

  マンション管理は「他人任せ」はダメ、これが通説になっているのだが、視点を変えるともっと理解が深まる。 今回、これについて語りたい。   マンション管理は誰が行う マンション管理 …

マンションは管理を買え、それは無理でしょ!

  「マンションは管理を買え!」、この言葉をネットで検索すると関連記事がとても多い。 「マンション管理は買えないだろ!」、「マンション管理は買うものなのか!」と揶揄する者も多い。 マンション …

マンション管理会社のリベートはこうして生まれる!

  管理組合が管理会社以外の業者と取引している場合、その業者は管理組合ではなく、そのマンションの管理会社を重要視する。こんな間違った考え方が実情として多く存在している。 なぜこのようなことが …

それって管理会社がやるべきこと?

  マンションなどの集合住宅では、同じ屋根の下に多くの方が共に暮らしている。個々の生活習慣などの違いにより様々なトラブルが生じ、時として不平不満に感じることもあるだろう。 特にマンション内で …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事