マンション生活

マンションの専有部分の設備の故障ってどこに連絡すればいいの?

2021年4月15日

 

 

マンションに長らく住んでいると、住戸内のインターホンが故障したり、水栓レバーからポタポタと水漏れが生じたり、突然お湯が出なくなったり、色んなことが起こります。

 

賃貸で入居しているのなら、大家さんとか管理会社へ連絡すれば対応してくれますが、マンションを購入して住む場合は、その住戸の所有者が対応しなければなりません。そして賃貸に出される場合は、前述の大家さんになるので、賃借人から故障対応の連絡を受けたりもします。

 

そこで、どこに連絡をすればよいのか、そのような対応を行えばよいのか悩んだりもします。



知り合いに工事関係業者さんが居れば、そこに相談することもあるでしょう。一般的にはそのマンションを管理する管理会社に連絡されるケースが多いかと思います。

 

私の住んでいるマンションでは、管理会社に連絡しても「共用部分の管理しか行っていないので、専有部分は各自で対応願います」、そんな言葉が返ってきます。

 

確かにそのマンション全体の管理会社は、共用部分の管理しか行わないので、専有部分は対象外になります。管理会社の中には、専有部分の修理対応まで行う会社もありますが、これは管理組合と結んでいる管理委託契約とは異なる任意的なサービスになります。

 

マンションの共用部分、専有部分に関わらず、困った時に対応してくれる管理会社はありがたい、個人的にはそのように感じます。どこに連絡をすればよいのか、どのように対応すればよいのか、相談に乗ってくれるだけで不安が解消されます。

 

契約書面上の事務的な対応しかしない管理会社もあれば、住宅に関連する様々なサービスを提供する管理会社も存在しますが、マンションの所有者からしてみれば、この差は大きいと思います。あくまで個人的な意見になりますが…

 

 

マンション管理会社は大きく、デべロッパー系と独立系の二つに分かれますが、前者のデべロッパー系管理会社は、その系列会社に該当しますので、専有部分の設備に関わる情報を入手しやすいのが特徴です。

 

どんな設備が設置されているのか、メーカーはどこなのか、これは系列会社の強みです。なので、修理対応について相談しても、不親切な企業で無い限りその多くは相談に乗ってくれると思います。

 

一方の独立系管理会社は、その多くが専有部分内の情報を知り得ません。特にリプレイス(管理会社変更)が生じた場合、専有部分内の情報が完全に途絶たりもします。それは独立系の欠点とも言えます。

 

専有部分の管理は所有者自ら行う、この考え方が基本だということを知っておかないと、きっと対応にギャップを感じると思います。マンション管理会社にとっては業務外、そこを前もって知っておくべきだと思います。

 

 








-マンション生活

執筆者:

関連記事

マンションの結露対策について

  結露は夏は窓の外側に、冬は窓の内側に発生する。マンションは気密性が高い建物だから結露が発生しやすい。特に冬の結露は室内のいたるところに発生するから厄介である。 今回、マンションの結露のメ …

トランク付きのエレベーター|これだけは知っておこう!

  マンションによっては、トランク付きのエレベーターが設置されている。トランクとは、急病人をストレッチャー(上の写真)に乗せ、寝た状態で搬送できるエレベーター内の拡張スペースのことを言う。 …

マンションの生活音に対する配慮は欠かせない!

  マンションで頻繁に発生するのが生活音に纏わるトラブルです。私の管理会社時代に住人さんから多くの相談を受けました。 普段生活する中で生じる音が他人にとって「迷惑な音」に聞こえたりもします。 …

マンション住まい│粗大ごみの処分について!

放置された粗大ごみ マンションのトラブル事案のひとつに挙げられるのが、ごみ置き場内やその付近に置き去りにされた“粗大ごみの放置”です。これはマンションの管理員の悩みのひとつとも言えます。 処分費用の掛 …

マンションの国際化|外国人居住者とどう向き合う!

  近年、マンションに住む外国人住民が増えている。地域によって異なるだろうが、私の住む街では、10年前に比べるとかなり状況が変わっていることに気付く。 2017年1月1日時点における国内の人 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事