管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション生活

マンションの生活音に対する配慮は欠かせない!

2017年6月3日

 

マンションのトラブルで一番多いのが生活音に関わるトラブルだ。普段生活する中で生じる音が、他人にとって迷惑な音に聞こえることもある。

マンションのような集合住宅は、住戸が縦横に連なり、コンクリートの壁や床で区切られた構造になっているから、生活する上で多少なりとも音は生じる。

実は、木造アパートよりもマンションの方が騒音問題が多く、マンションもまた、コンクリートの壁や床の幅が厚い方が騒音問題が多いのだ。

普通に考えれば逆に思えるかも知れないが、この矛盾こそが騒音問題の発生に深く関わっているのだ。今からそれについて語る。

 

マンションの販売時に問題がある

マンションは強固な建物だから音が伝わりにくい、そのように錯誤してマンションを購入される方が多い。私がこれまで騒音のクレームを受けた住人の中で特に多かったのが、販売時の過剰とも思える営業トークによるものだ。

 

マンションを購入する際に生活音については気になるところだろう。そこで営業マンに尋ねるとこのような説明をされている。

「音はほとんど聞こえませんよ」

「音は伝わりにくいですから」

最近のマンションは遮音性に優れている。パンフレットにもそれをアピールする記述がある。「音が気にならないから安心」「音が伝わりにくいから安心」、そのように理解してマンションを購入されている方が多い。



錯誤が騒音を生む

木造アパートや昔のマンションは、音が隣家に響くという意識があるから、そこで暮らす住人は生活音への関心が高い。

だが、音が伝わりにくい、それを過信すると、音に対する意識が低くなり、結果として生活音に関わるトラブルが増えるのだ。

どんなに強固なマンションでも音は伝わる、だから生活音に対する配慮は欠かせない。皆さんがこのように考えて生活されるのであれば、騒音問題というのは少なくなると思う。

 

子供の生活音に関するトラブル

子供というのは元気がいい。そして親の言うことをなかなか聞いてくれない。目を離した隙に住戸内を駆け回ることもあるだろう。父親が仕事から帰宅したときに玄関先に走って出迎えることもあるだろう。

 

これはごく普通の光景に思えるのだが、マンション住まいになるとそうはいかない。下階の住人にとってみれば、うるさく聞こえる音になるかも知れないのだ。

子供と同居するマンション住まいは、親御さんのしつけがとても大切である。このように書くと堅苦しく思えるが、他人と共に暮らす以上、配慮というのは欠かせない。

子供の足音をめぐるトラブルは多く、裁判にまで発展するケースもある。東京地裁の判例があるので下にリンクを貼っておく。

過去の判例

 

 


 



-マンション生活

執筆者:

関連記事

マンションの専有部分の設備の故障ってどこに連絡すればいいの?

  マンションに長らく住んでいると、住戸内のインターホンが故障したり、水栓レバーからポタポタと水漏れが生じたり、突然お湯が出なくなったり、色んなことが起こり得る。 賃貸で入居しているのなら、 …

トランク付きのエレベーター|これだけは知っておこう!

  マンションによっては、トランク付きのエレベーターが設置されている。トランクとは、急病人をストレッチャー(上の写真)に乗せ、寝た状態で搬送できるエレベーター内の拡張スペースのことを言う。 …

マンションの居住者の高齢化について考える!

  近年、日本の人口の27.3%が65歳以上と言われている。そして平均寿命では、男性は81歳、女性は87歳、2065年になると男性が85歳、女性が91歳と男女ともに寿命が4年延びる。(内閣府 …

マンション内の自転車の持ち込みについて!

  マンションの使用細則で、駐輪場以外の場所に自転車の駐輪を禁止しているマンションが多く見られる。 マンションによっては、各階の共用廊下に自転車の専用スペース(サイクルポート)を設けているマ …

マンションの生活騒音は足音だけではない!

  マンションには独自の生活音というのがある。そこに住む人の声であったり足音である。 普段生じる生活音でも人によっては「うるさい音」に聞える。これが「生活騒音」である。 上階の住人の走り回る …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop