マンション管理

マンションの機械警備の仕様にも種類がある!

2017年8月17日


マンションには、火災などの非常時の警報を受信するための住棟受信機という防災設備がある。その受信機は一般的に管理員室内に設置されている。

 

各住戸に設置されている火災警報器が反応したり、インターホンの非常ボタンを押すと、住棟受信機に信号が送られてくる。機器にもよるが、この受信機で火災発生箇所を確認することができる。

警備会社(管理会社)と機械警備を契約しているマンションでは、住棟受信機に入った信号が瞬時に警備会社などに送られるシステムになっている。

その信号で、火災、停電、非常、貯水槽の満減水異常などの発報原因を警備会社などは把握ができる。機械警備の仕様によっては号室まで把握ができる。

号室が分かれば、事前に当人の緊急連絡先に連絡することができ、実際の火災、誤報の確認が迅速に行える。

なので、号室まで把握できる仕様が本当は望ましい。

この機械警備の仕様については、緊急時の対応にも関わることだから事前に確認しておくべきだ。案外知らない住人が多いと思う。

警備会社などに信号が入ると同社の隊員が現地(マンション)へ出動する。到着までの時間は、警備業法施行細則(第20条)で25分以内と規定されている。

もし実際に火災が発生しているのなら、警備会社が到着するまで待ってはいられない。前述の号室を把握することができれば、先に当事者に連絡が取れる。実際の火災であれば、警備会社から所轄消防署へ通報できる。誤報の場合、消防署の手間、ご近所迷惑を事前に防げる。

号室の把握ができない仕様であれば、警備会社が到着し、現地確認を行い、実際に火災であれば消防署へ通報する。それでは対応として遅すぎる。

そのような仕様であるなら、マンション管理組合側で対応方法について事前に協議し、対応方法を確立すべきであろう。

火災の警報音が鳴動する。その後の対応についてである。



管理員室に住棟受信機が設置されている場合、管理員室の鍵がないと中に入れない。火災発報時に管理員室の鍵が自動解除されるマンションもある。自分達のマンションがどのような仕様になっているのか事前に確認しておく必要がある。

住棟受信機で火災発生の場所を確認することができる。この受信機の見方や操作方法を住人の誰一人知らない、そんなマンションが実に多い。

理事長、理事役員、防火管理者はせめて把握すべきことだと思う。余計なお節介かも知れないが、本当に火災が起きた際に「知らない」と「知っている」の差は大きいと思う。

受信機の見方や操作方法については、マニュアルがあればそれを手順に確認が行える。一般的にこの手順書は受信機にシールで貼られていたり、付近に常備されていると思う。もし無いのなら、作成して常備することが望ましい。

 

緊急時は、警備会社や管理会社が全てやってくれるわけではない。そこを理解しておくべきだと思う。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

分譲マンション|管理会社から管理委託契約を一方的に解除する事例が増えている!

  最近、管理会社の変更(リプレイス)が増えている。この間、それに関する記事をこのブログに書き綴ったが、今日、管理会社に勤めている私の知人から聞いた話で少し気になったことがあるから、それを題 …

マンション管理|ただ安ければいい。この考え方は危険だ!

  マンション管理のコストを削減することは、管理組合にとって負担軽減に繋がる。 だが、削減の仕方を誤ると、ただの「安かろう悪かろう」になってしまう。 マンション管理の削減に関する記事が多く出 …

マンション管理|理想と現実!

  人が何か行動を起こすときって、必ずそこには「目的」があるだろう。その目的には、その人にとっての「理想」があると思う。 理想というのは、色んなことを知ることで生まれたりもする。他人に感化さ …

分譲マンション|防火管理者を選任する前に考えるべきこと!

  50名以上が居住するマンションでは、防火管理者を選任しなければなりません。しかしながら、防火管理者を募集しても中々なり手がいない、これはマンション管理組合が抱える問題のひとつと言えます。 …

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop