管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

フロントマンの良し悪しと社内的立場について

2017年8月19日

 

マンション管理会社のフロントマンの良し悪しって、どんなところで判断されるのだろうか。

一般的なフロントマンのチェックポントは以下のとおりだ。

▶ 管理業務主任者の資格を持っている
▶ 総会・理事会時の質問に対して的確に即答できる
▶ フロントマンの携帯番号を開示している
▶ 関連法規に基づく適切なアドバイスを行っている
▶ 積極的に色んな提案が行われている
▶ コミュニケーション能力が高い
▶ 理事会から見積りを出すようアドバイスしている
▶ マンションの巡回点検時に自分の目で確認している
▶ 知識と経験が豊富
▶ 担当物件数が少ない

これらが良い方の評価基準となろう。

以前、無資格のフロント担当者はいらないというタイトルで記事を書かせてもらったが、管理業務主任者の資格は、フロントマンの知識レベルを見極める判断材料となる。

この資格を持たないフロントマンは、無知と言っても過言ではなかろう。仕事を行う上で最低でもこの資格は持つべきである。

これらの評価基準以外にひとつ見極め方のポイントがある。今回、それについて語りたい。



フロントマンは経営者を代理する立場

マンション管理会社のフロントマンは、社内において花形的なポジションになる。なぜなら、管理組合の窓口担当者となる位置付けだからだ。

フロントマンは、管理組合から受託している業務の全てを把握すべき立場にある。これが窓口担当者としての役割だ。これができていないフロントマンは、はっきり言って失格だと思う。

マンション管理会社の主の顧客は管理組合である。その顧客の窓口にあたるのがフロントマン、そのように考えれば経営者(会社)の代理的な立場だと言える。

 

気配り、心配りの有無で良し悪しが決まる

フロントマンの良し悪しは、マンションに訪問したときにはっきりと分かる。

マンションの共用玄関の入口に落ち葉やゴミが散乱しているのに、それに見向きもせずに目的の用だけをすませて帰るフロントマン。一方では、すぐにそこを清掃するフロントマン。

ちょっとしたことかも知れないが、両者の違いは大きい。

後者の車にはチリトリとホウキが常備されている。マンションのためにという姿勢が窺える。

一方のフロントマンはどうだろう。ちょっとしたことも出来ない人間に実のある仕事がやれるはずがない。

気配り、心配りができる人間は実のある仕事ができる、個人的にそう感じている。

小さなことの積み重ねがマンション管理でもある。

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社変更する際のヒアリングって重要!

マンション管理会社を変えると、そこでマンションの履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社が自分たちのマンションの全てを熟知しているわけではない。そこに注意を払う必要がある。 マンション管理を行うには、マン …

マンション管理会社|契約外の業務でも管理会社には義務がある!

  管理会社と管理組合の契約関係は、民法643条の委任契約に属すると考えられ、管理組合が委託者、そして管理会社が受託者という関係にある。 また業務内容の中には、請負契約に属するものがある。清 …

マンション管理会社のM&Aのカラクリ!

  「企業統合による管理会社変更のお知らせ」、このような書面を受け取る機会が増えている。 マンション管理業界は企業統合・合併(M&A)が頻繁に行われている。質は向上しないが企業を大きく見せる …

マンション管理会社は関係業者から嫌われている!

  管理会社は取引先業者から信用されていない。言い方を変えれば、嫌われている存在なのだ。仕事をもらえるから付き合っているだけ、これが大多数の業者の本音ではないだろうか。   &nb …

マンション管理会社|フロントマンの人手不足がヤバい!

  マンションの管理員の人手不足は、マンション管理業界にとって深刻な問題となっている。業界のみならず職場となるマンションにおいても決して他人事ではない。 詳しくはこちらの記事&#x1f447 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop