管理会社

フロントマンの良し悪しと社内的立場について

2017年8月19日

 

マンション管理会社のフロントマンの良し悪しって、どんなところで判断されるのだろうか。

私がこれまで見聞きしたフロントマンのチェックポントを纏めてみた。

▶ 管理業務主任者の資格を持っている
▶ 総会・理事会時の質問に対して即答できる
▶ フロントマンの携帯番号を開示している
▶ 関連法規に基づく的確なアドバイスを行っている
▶ 積極的に色んな提案が行われている
▶ コミュニケーション能力が高い
▶ 理事会から見積りを出すようアドバイスしている
▶ マンションの巡回点検時に自分の目で確認している
▶ 知識と経験が豊富
▶ 担当物件数が少ない

これらは良い方の評価基準である。

以前、無資格のフロント担当者はいらないというタイトルで記事を書かせてもらったが、管理業務主任者の資格は、フロントマンの知識レベルを知る上で、目に見える判断材料になり得る。

管理業務主任者の資格は、フロントマンの実務において密接に関わり、逆に持っていないと仕事にならない。真面目に勉強すれば取得できる国家資格の中では難易度の低い資格で、そこでフロントマンとして最低限の知識が得られる。

これらの評価基準以外にひとつ見極め方のポイントがある。今回、それについて語りたい。



フロントマンは経営者を代理する立場

マンション管理会社のフロントマンは、社内において花形的なポジションになる。なぜなら、管理組合の総合窓口的な位置付けになるからだ。

フロントマンは、管理組合から受託している業務の全てを把握すべき立場にある。これが窓口担当者としての役割になる。

マンション管理会社の顧客は管理組合になる。その顧客の窓口となるフロントマンは、見方を変えれば会社を代表する存在、経営者(会社)の代理的な存在と言える。

 

気配り、心配りの有無で良し悪しが決まる

フロントマンの良し悪しは、マンションに訪問したときにはっきりと窺える。

マンションの共用玄関の入口に落ち葉やゴミが散乱しているのに、それに見向きもせずに目的の用だけ済ませて帰るフロントマンをたまに見かける。その一方で、それに目を止めて、早々に片付けるフロントマンを見かけたりもする。

ちょっとしたことかも知れないが両者の違いは大きい。

後者の車にはチリトリとホウキが常備されている。管理会社としての自覚、マンションのためにという姿勢が窺える。

一方のフロントマンはどうだろう。ちょっとしたことも気付けない、見てみぬ振り、それで良い仕事などやれるはずがなかろう。

気配り、心配りのできるフロントマンは、顧客からの評価が高い。その裏側ではその人なりに地道な努力を習慣的に行っている。

そこで経営者の顔を窺い知ることができる。良い人材に育てるのは経営者の使命だと思う。そこには指導教育は欠かせない。経営者の代理人となり得るのがフロントマンである。そういう見方で観察すると色んなことが見えてくる。

小さなことでも気を配る。この小さなことの積み重ねがマンション管理でもある。

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンションの情報提供の概要は知るべし!

  昨日、私の住んでいるマンションの理事長から、マンションの売却に伴う情報開示に関する相談を受けた。管理会社は土、日、祝日が休みなので、私(いつの間にかオブザーバー扱いにされている&#823 …

マンション管理会社|誠実さって大切だよね!

  誠実とは… よく見聞きする言葉であるが、あらためて辞書を引きてみると、 「真心をもって人や物事に対すること」 「偽りがなく真面目なこと」 そのように書かれている。 この言葉は …

マンション管理会社変更|引継ぎは重要です!

  マンション管理会社を変更する際に注意すべきこと… そのひとつに、「マンション管理の引継ぎをしっかり行うこと」が挙げられます。 新たな管理会社が自分たちのマンションを熟知してい …

管理会社と管理組合は利益相反関係!

  このブログサイトで度々登場する言葉がある。それは「利益相反」という言葉である。 利益相反とは、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為のことを意味する。 ビジネスというのは本来 …

マンション管理会社に欠けているもの!

  マンション管理会社に欠けているもの、それは管理会社自身がよく分かっていることではないだろうか。この「欠けている」を集約できる言葉、それは「存在意義」である。 私は、管理会社でサラリーマン …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事