管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社|無資格のフロント担当者はいらない!

2017年6月2日

 

マンション管理会社の必須資格と言えば「管理業務主任者」だ。

この資格は、マンション管理業務を行う上で欠かせない資格である。自分たちのマンションのフロント担当者がこの資格を持っているのかなんて、多くの方が気に留めないだろう。

この資格は、合格率20%台の国家資格になるのだが、フロント担当者が仕事を行う上で、深く関わる資格である。

私はこれまで多くのフロント担当者と接してきたが、資格を持たない人に共通することがある。それは仕事に対する真剣さに欠けるということだ。

20%の合格率は人によっては低いと思われるかも知れないが、実務を経験している社員であれば、合格率はもっと高いはずだ。理事会、総会に出席し、適正な助言を行う上でも知識は必要になるし、実務を行う上で必要不可欠な知識を取得するために勉強に勤しむのが当たり前だと思う。

自分達のマンションのフロント担当者を人柄で選ぶことも大切であるが、管理のプロとして考えるのであれば、最低この資格は必須と言えよう。

フロント担当者のレベルを知る上で分かりやすい指標となる。

これは、フロント担当者に限ったことではない。上席者、経営陣にも言えることだ。

この資格を持っていないとプロとは呼べない。フロント担当者に資格取得をすすめる経営陣が無資格なら説得力もなかろう。

 

 

ここまで書いて、私が無資格では話にならない。ちゃんとこの資格は持っています(笑)。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社|独立系は本当にコストが安いのか!

  マンション管理会社には、デべロッパー系と独立系の大きく2つが存在する。 デべロッパー系とは、文字通りデべロッパーの系列に属する管理会社である。他方の独立系は、デべロッパー系列に属さない管 …

管理会社にお任せください!その裏側では…

  マンション管理のことなら経験豊富な当社にお任せください! 当社にはこれまでの経験と知識を活かした提案力があります!   それは心強い、そのように感じる言葉なのだが… …

マンション管理会社は関係業者から嫌われている!

  管理会社は取引先業者から信用されていない。言い方を変えれば、嫌われている存在なのだ。仕事をもらえるから付き合っているだけ、これが大多数の業者の本音ではないだろうか。   &nb …

フロントマンの担当組合数から見えてくるもの

  近年、管理会社のホームページや管理会社変更の際のプレゼン資料などに、「フロントマンの担当組合数を10組合以下とし、徹底した管理体制を構築しています」、そんなフレーズが多く用いられている。 …

管理委託料の内訳から見えてくるもの!

  昔は、管理委託料の内訳のない合計額しか記載されていない「管理委託契約書」が実情として多く存在した。マンション管理適正化法が2001年8月1日に施行され、2003年4月9日に国土交通省から …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop