管理会社

マンション管理会社|無資格のフロント担当者はいらない!

2017年6月2日

 

マンション管理会社の必須の資格と言えば「管理業務主任者」。

この管理業務主任者は、マンション管理業務を行う上で欠かせない資格となる。

自分たちのマンションのフロント担当者がこの資格を持っているのかなんて、多くの方は気にも留めないだろう。

この資格は、合格率20%台の国家資格になるのだが、20%の合格率、人によっては低いと思われるかも知れないが、真面目に勉強すれば取得できるレベルだと思う。

私はこれまで多くのフロントマンと接してきたが、この資格を持たない人に共通することがある。それは仕事に対する熱意とか真剣さに欠けるという点だ。だから腰掛けの退職者に多い。中には5年10年経っても合格できない社員もいる。

マンション管理適正化法に規定された重要事項説明、管理事務の報告を行えるのは、この資格者に限られる。そこで資格を持たないフロント担当者の場合、資格を持った社員が代わりにこれらを行っている。

見方を変えれば、マンションのことを一番知るべきフロント担当者から説明や報告がなされず、マンションのことを理解していない代理人が場当たりに説明や報告を行うという情けない実態がそこで浮き彫りになる。

少し言い過ぎてしまったが、フロントマンの必須の資格と言われる所以は、そのことからも窺い知れるだろう。

自分たちのマンションのフロント担当者を人柄で選ぶことも大切であるが、管理のプロとして考えるのであれば、最低この資格は必須と言えよう。

これはフロント担当者に限ったことではない。上席者、経営陣にも言えることだ。

この資格を持たない上席者や経営陣から「資格を取りなさい!」って言われても、説得力に欠けるし、滑稽に思える。

 

 

ここまで書いて、私が無資格ならそれこそ説得力に欠けますよね。ちゃんとこの資格は持っています(笑)。

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社|トラブルが起きた際の役割について!

  マンションは自分の所有物だからといって好き勝手に使用することはできません。そこには、使用上の制約があります。 しかしながら、ルールを守らない方が中にはいらっしゃいます。例えば、共用廊下や …

マンション管理会社|誠実さって大切だよね!

  誠実とは… よく見聞きする言葉であるが、あらためて辞書を引きてみると、 「真心をもって人や物事に対すること」 「偽りがなく真面目なこと」 そのように書かれている。 この言葉は …

マンション管理会社のキャパシティは限界?

  管理会社の利点と言えば、マンション管理のあらゆる業務を包括的にサービス提供できることにある。そして多くの管理組合は、このパッケージ化されたサービス(一括発注方式)を利用している。 管理会 …

マンション管理会社はストレスの捌け口ではない!

  自分たちの問題なのに管理会社に八つ当たりをしてしまう。マンション管理において、よくある光景ではないでしょうか。 私の管理会社時代にやたら難癖を付けてくる所有者がいて、一方的に文句ばかり言 …

管理会社にお任せください!その裏側では…

  マンション管理のことなら経験豊富な当社にお任せください! 当社にはこれまでの経験と知識を活かした提案力があります!   お~い、それって本当か?   このキャッチフレ …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事