管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

情報収集は自ら行うことが大切!

2017年8月20日

理事会で協議する際は、事前にテーマ(議題)を理事役員に周知すべきである。理事会当日にテーマを公表されても有意義な理事会にはならない。次回に持ち越しというパターンになりがちだ。

効率よく理事会を行うためには、前述の「事前の周知」が必要になる。テーマが分かれば、ネット情報などを活用して事前に調べることができる。

今はネットを使えば色んな情報が入手できる。このブログサイトもそのひとつである。本当に役立つ情報なのかは読者の判断に委ねられるが…(笑)。

理事役員の方々が事前に情報収集を行い、理事会の場で話し合えばきっと有意義な会議となろう。

失礼な言い方になってしまうが、無知同士が話し合っても良い話し合いなどはできまい。だから情報収集を行い、予備知識を得ることが必要なのだ。

管理会社が理事会に出席するのは当たり前と思われている方がとても多い。だが管理会社主導で行われる理事会こそ無価値なものだと言える。

 



テーマも素案も管理会社が全て決め、それを審議するための理事会になっていないだろうか。管理会社1社の見積書、もしくは管理会社によって仕組まれた数社の相見積書によって、物事を決めているのが実情として多い。

仕組まれるというのは事実である。管理会社が受注しても他社が受注しても管理会社に利益が入る仕組みになっている。

管理会社が全てを仕切るとそんなことが当たり前に起こるのだ。管理会社はこれを指摘されると反論はできまい。

理事会で協議するというのは、自分達の意見がそこに反映されなければ何ら意味を持たない。

意見というは、自らが調べることによって生み出せる。だから情報収集を行うことが大切なのだ。

管理会社の提案、そして自分達の提案、両者を比較検討することが大切なことだと思う。

これを毎期の理事会で行っていくことにより、管理組合主導のマンション管理体制を構築することができる。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンションは自分たちで変えられる!

  マンション暮らしをされていて、特に問題ない、そう思われている方は、そのままの生活を送ればいい。 個人的にはそう感じている。 快適な暮らしであるとすれば、それはとても良いことである。 それ …

マンション管理の予防保全と事後保全について

  マンション管理に「維持保全」という言葉がある。維持保全とは、マンションの安全性を維持する、そんな意味で使用されているのだが、建物や設備の修繕、設備の保守点検、財産管理などがそれに該当する …

マンション内の掲示板・貼り紙のあれこれ!

  マンション内の掲示板や各所に貼られている貼り紙の中には、マンションの内情が記されたものがある。 ▶ 居住者のマナーについて ▶ マンション内の騒音について & …

理事長の経験を通じて学び得たこと

  分譲マンションの管理は難しい、これが正直な感想である。 戸建住宅や賃貸マンションであればオーナーがひとりしかいないから、住宅の管理を全て独断で行うことができる。他人から干渉されることもな …

マンションの共用と専用の所有区分は明確に!

  マンションには共用部分と専有部分の2つがある。マンション内にあるもの全てがいずれかに該当する。共用部分の管理は管理組合が行い、専有部分の管理は各所有者が行う、これがマンション管理の基本的 …

余白




プロフィールタイトル

著者のプロフィール

02[1]

02[1]

はじましてkurumiと申します。
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイトです。

バナー画像

バナー画像

おすすめ記事タイトル

著者のおすすめ記事

余白

サイドバナー1

サイドバナー1

余白

サイドバナー12

サイドバナー12

人気記事タイトル

人気記事ベスト10

余白

余白

余白

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




ブログランキング参加中/タイトル

ブログランキング参加中

余白

マンション管理バナー

マンション管理バナー2

pagetop