管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

情報収集は自ら行うことが大切!

2017年8月20日

理事会で協議する際は、事前にテーマ(議題)を理事役員に周知すべきである。理事会当日にテーマを公表されても有意義な理事会にはならない。次回に持ち越しというパターンになりがちだ。

効率よく理事会を行うためには、前述の「事前の周知」が必要になる。テーマが分かれば、ネット情報などを活用して事前に調べることができる。

今はネットを使えば色んな情報が入手できる。このブログサイトもそのひとつである。本当に役立つ情報なのかは読者の判断に委ねられるが…(笑)。

理事役員の方々が事前に情報収集を行い、理事会の場で話し合えばきっと有意義な会議となろう。

失礼な言い方になってしまうが、無知同士が話し合っても良い話し合いなどはできまい。だから情報収集を行い、予備知識を得ることが必要なのだ。

管理会社が理事会に出席するのは当たり前と思われている方がとても多い。だが管理会社主導で行われる理事会こそ無価値なものだと言える。

 



テーマも素案も管理会社が全て決め、それを審議するための理事会になっていないだろうか。管理会社1社の見積書、もしくは管理会社によって仕組まれた数社の相見積書によって、物事を決めているのが実情として多い。

仕組まれるというのは事実である。管理会社が受注しても他社が受注しても管理会社に利益が入る仕組みになっている。

管理会社が全てを仕切るとそんなことが当たり前に起こるのだ。管理会社はこれを指摘されると反論はできまい。

理事会で協議するというのは、自分達の意見がそこに反映されなければ何ら意味を持たない。

意見というは、自らが調べることによって生み出せる。だから情報収集を行うことが大切なのだ。

管理会社の提案、そして自分達の提案、両者を比較検討することが大切なことだと思う。

これを毎期の理事会で行っていくことにより、管理組合主導のマンション管理体制を構築することができる。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

自分のマンションを真剣に考える!

  自分たちのマンションの管理について、真剣に考えている方ってどれくらいいらっしゃるのだろう。 このブログに訪問してくださる読者さんは、きっとマンション管理について、何ら興味を持たれている方 …

総会議案は管理会社が決めるべきでない!

  毎年開催される通常総会(定期総会)の議案には、定番の議案とイレギュラーな議案の2つがある。 定番の議案 定番とは、通常総会で必ず決議を要する議案のことを指す。収支決算、事業報告、収支予算 …

マンション管理|分業体制って大切だよね!

  マンション管理って業務の範囲が広いから、やるべきことが本当に多い。 だから大変である。 これは、マンション管理組合にも言えるし、委託先の管理会社にも言えることだ。 自分たちが楽になるとい …

マンション管理|それぞれの立場

  マンションの管理運営には、主役そして脇役が存在する。それぞれに役割というものがあり、両者が上手くかみ合ってこそ、その目的が良い方向に進んでいく。 これは映画やドラマと同じである。 マンシ …

注意喚起の書面は配慮が必要

  マンション内でトラブルや苦情が発生した際、書面を通じて住人に伝達することがある。 掲示板に貼ったり、各住戸のメールボックスに配付したり、目的は周知と注意喚起なのだが、果たして読まれている …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop