管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

かしこさを持つ、管理組合には必要です!

2017年7月12日

 

マンションの維持管理には多額の費用を要する。30年見据えれば億単位のお金が掛かる。この大金をマンション居住者が住戸の持ち分割合に応じて負担している。

極論を言うと、同じ住戸数、同じ仕様と仮定した場合、マンションの維持費が30年間で5億円掛かるマンションもあれば、4億円で済むマンションもあるということだ。この1億円の差は大きい。

なぜこのようなことが起きるのだろうか。4億円で済むマンションの管理組合であれば、その答えは既にお気付きかも知れない。

その答えは「契約の相手を選ぶ」と「かしこさ」にある。

管理会社毎に管理委託料は異なる。それが新築でマンションを買った時に既に管理会社が決められている。その段階では選択の余地はない。

見直しがなされないまま30年が経つと、前述の金額の格差というものが生じる。これは明白な事実である。

20年後にそれに気付き、後悔されている管理組合というのが実に多い。

契約の相手とは、主として管理会社になるのだが、大規模修繕の工事業者、保守点検業者、保険会社などあらゆる契約先を意味する。

かしこさとは、簡潔に言えば、比較検討することである。

かしこさをもって契約の相手を見直す

この積み重ねが30年後に大きな金額に変わるということだ。



何度も同じことを語っているのだが、全ての費用項目において、適正価格を知る、本当に必要なことだと思う。

管理会社に支払っている管理委託料は、ちょっと前まではどんぶり勘定だった。費用項目が細分化されたのは、マンション管理適正化法の施行がきっかけだ。

エレベーター保守点検費、定期清掃業務費、日常清掃業務費、管理員業務費など、複数の業者から見積りを取り寄せ、相場価格を知ることが重要である。これが適正価格となる。

本来であれば、この適正価格を予算として組み込むことが望まれる。

だが、実際には、管理会社の設定金額(お膳立てされた金額)が計上されてる。これでは何も変わらない。

予算は本来管理会社が組むべきものではない。理事会で組むべきものなのだ。そのような考え方を持つと、各費用項目の相場価格(適正価格)が必要になってくる。そこで前述の必要性と結びつくわけだ。

管理組合が管理会社に合せるのではない。管理組合に管理会社が合せる。この考え方も管理組合のかしこさと言える。

管理組合というのは、適正な管理を行っていくための組織である。

かしこさを持つこと、他の記事でも同じことを書いているのだが、本当に大切なことだと思う。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理の仕組みとその概要

  マンションの管理の仕組み マンション管理の仕組みについて、マンション関係者の方がどこまで理解しているのだろう。 この仕組みが理解できていないと、間違った手続きを行ったり、規約に反した行動 …

マンション管理|アンケート実施に際しての注意点!

  理事会で協議する際に、区分所有者の意見や現状を把握するためにアンケートという方法を用いるケースがある。 ▶ 判断材料として、他の区分所有者の意見を聞きたい。 &#x25b6 …

マンションの共用と専用の所有区分は明確に!

  マンションには共用部分と専有部分の2つがある。マンション内にあるもの全てがいずれかに該当する。共用部分の管理は管理組合が行い、専有部分の管理は各所有者が行う、これがマンション管理の基本的 …

管理組合の備品などの定期チェックについて

  マンションの共用部分の鍵、総会・理事会の議案書・議事録・名簿などの資料、管理に関する契約書、竣工図書、そして備品類、これらは全て管理組合の大切な財産であり、管理を行う上で必要なものとなる …

間違いだらけのマンション管理|変えられるたったひとつの方法!

  マンション管理を知れば知るほどその先に見えてくるもの… それは「間違いだらけのマンション管理」… 管理会社が悪い… そう思っているのなら、いつまで経っ …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop