管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理に欠かせないひとつの考え方!

2017年12月15日

マンション管理に欠かせないもの、それは物事に対する「探究心」である。

 

探究心とは、物事の意義や本質などを探って見極めようとすること。

結果の事象があれば、そこには必ず原因がある。これは建物の不具合に限ったことではない。この世に存在する事象の多くは、何らかの原因というものが存在する。

この原因が分からなければ、抜本的な問題解決には至らない。そこで重要になるのが原因を知るための「探究心」である。



例えば建物の瑕疵問題

新築マンションには、引渡し後一定期間、建物や設備の不具合に対して、マンションデべロッパーが無償で保証するサービス(アフターサービス)がある。

しかしながら、建物に不具合が生じた際、所有者や管理組合に対して原因説明がなされないまま、勝手に手直し(補修)されるケースが見受けられる。

無償で直してもらえるのなら…

それで納得される方も中にはいらっしゃるかも知れないが、原因究明がいい加減だと、同じことが繰り返される。

私が管理会社時代に、築2年のマンションで外壁のタイルが剥離して落下する事故が起きた。幸い怪我人が出す大事には至らなかったが、そして1年後、別の箇所からタイルが剥離して落下した。

1回目の落下の際、マンションデべロッパーの対応に呆れた。原因調査、そして対応は施工会社任せ、タイルが剥離した原因も曖昧な状態で手直しが行われた。

そして1回目に張り替えた箇所のタイルが後に行われた建物の全面打診調査で浮き(剥離)が確認された。原因が曖昧だから不適切な手直しと化す。

このような不具合は、人身事故に繋がりかねない危険な事案である。1回目の事故の原因究明、これが徹底されていなかったから、同じことが二度も繰り返された。

私は1回目、そして2回目の事故の際に、マンションデべロッパーに対して強く抗議した。その後、マンションデべロッパーの内部圧力により、その系列会社であった管理会社を退職する破目に遭った(本当に笑えない)。

 

原因究明は必須の課題

何か事象が起きた際、必ずそこには原因がある。その原因を知ることが適切な対応へと繋がる。これがいい加減だと結果も同じことになる。

何かマンションで問題が起きた際は、原因を究明することが大切である。自らが知り、理解し、そして対応策を考える。

ここまでしないと前述の事故もそうだが、再発は防げない。

設備の故障も同じである。何が原因でそうなったのか、どこが壊れているのか、原因を詳しく知ることで、交換、もしくは部品交換の判断ができる。原因によっては無償で交換してくれるケースだって考えられる。

 

探究心、マンション管理には必要なことだと思う。

 

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理|ただ安ければいい。この考え方は危険だ!

  マンション管理のコストを削減することは、管理組合にとって負担軽減に繋がる。 だが、削減の仕方を誤ると、ただの「安かろう悪かろう」になってしまう。 マンション管理の削減に関する記事が多く出 …

マンション管理を見直す際のポイント!

  マンション管理を見直す この必要性が分かっていても、実際にどのようにしてその見直しを行えば良いのか分からない、そんな質問が多く寄せられる。 きっと難しく考えたら前には進めない。そして結果 …

不満だらけのマンション管理!

  そもそもマンションというのは、複数の世帯が同じひとつの屋根の下で暮らす住まい… そこには他人という複数の相手がいるわけで、生活する上で何かとストレスを感じたり、自分の思い通り …

マンション管理で大切なのはコミュニケーション!

マンション管理で大切なのは「コミュニケーション」だと思う。 理事会役員同士、組合員同士、居住者同士… 管理組合とマンション管理会社との関係とか、管理員との関係においても、コミュニケーション …

マンション管理|修繕履歴は一覧にまとめ保管しておくべき!

  皆さんが住んでいるマンションでは、過去の修繕履歴の一覧表(修繕履歴書)が作成されているだろうか。 どこの箇所をいつどのように修繕した、どこの業者に発注し、それにはいくら掛かったという記録 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop