防災対策

水災への備え|吸水土のうは便利?

2017年8月21日

最近よく耳にするのが、ゲリラ豪雨、都市型水災といった雨水によってもたらさせる災害だ。現在、全国各地で河川の整備が行われているが、完全に防ぐことはできまい。

そこで必要になるのが自主防災である。特にマンションにおいては、この防災に対する意識が低いのが実情ではないだろうか。

誰かがやってくれると思っても、結局は誰もやらない。それがマンションの特異性であり、盲点でもある。

長く住んでいれば、過去の水害事例などを知ることができる。だが想定外の水害が各地で起きている。私の住んでいる街は五大都市圏になるのだが、二十数年前にひざ下まで完水する水害が発生した。

満潮時そして集中豪雨が重なり、街中にある河川が氾濫し、街の至る所が水没した。だが、日頃の防災準備ができておらず、多くの建物の地下階、そして地下鉄に浸水被害が相次いだ。

この水災で多く使われたのが土のうである。この土のうは止水するために使うものだが、どこも品切れ状態、土のうに入れる土も無い状態であった。

その後において街では、その水災を教訓に建物に止水板(防水板)を設置したり、災害用の土のうを事前に常備するといったビルやマンションが増えた。



近年、吸水土のうが普及している。従来の土のうは、保管場所に困ることが多かったが、この吸水土のうは薄くて軽いし、必要枚数を重ねておけるから保管には最適だ。

保存期間は、未開封状態で5年から7年程度と長い。価格は商品にもよるが1枚1,000円程度である。

吸水土のうの使用方法について、参考になる動画を下に貼っておく。

 

 

この吸水土のうは、数年前にとあるマンションの理事長から教えてもらった。日頃の情報収集の大切さをその時に痛感させられた。

吸水土のうの存在を始めて知った方も中にはいるだろう。使う使わないは別として、色んな情報は知っておいて損はしない。

 

(記事更新:2019年11月23日👇)

 

家庭用ごみ袋を使った水のうの作り方の記事をネット上でみつけましたので、下にリンク先を貼っておきます。

▶ 浸水防止、土のう代わりにごみ袋活用の水のうも有効

(リンク先:朝日新聞)

 








-防災対策

執筆者:

関連記事

分譲マンション|防火管理者について

  防火管理者の設置義務 マンションは、延べ面積が500㎡以上、全体の収容人員が50人以上の建物において、防火管理者の選任が義務付けられている。 店舗などが含まれるマンションでは、不特定多数 …

分譲マンション|地震に対する警戒心を持ち続けよう!

👇   地震の怖さ いつどこで発生するか分からないのが地震です。ほぼ毎日地震というのは日本のどこかで発生しています。 これだけ多くの地震が起きているのに、意外と地震に対する意 …

誘導灯の2つの表示の違い知ってますか?

  この看板は「誘導灯」と言われていますが、デパート、スーパー、ホテル、ビル、マンションなどの建物内に設置されています。   火災時などに屋外に避難する方向を表すとても大事な標識に …

分譲マンション|防災対策は自らの意思で行うもの!

  私たちの身近に潜んでいるのが災害です。全国各地で発生している地震や大雨による水害などのニュースは後を絶ちません。 最近では、「未曾有」「記録的」という言葉が用いられるほど予想をはるかに超 …

マンションの災害への備え|飛散防止フィルムについて!

  皆さん、 飛散防止フィルムってご存知ですか?   飛散防止フィルムは、地震や台風によって窓ガラスが割れたとき、破片の飛び散りを防ぐためにガラス面に貼るフィルムのことです。このフ …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事