防災対策

マンション火災は本当に怖い!

2017年11月8日

 

寒い季節になると増えるもの、それは火災である。

 

マンションは、鉄筋コンクリートなどの耐火構造で作られているから延焼しづらい、つい最近まで私はそのように感じていた。

今年6月14日にロンドンで発生した高層マンション(グレンフェル・タワー)の火災で、その考え方が一挙に覆された。高層マンションでの火災の怖さというものを、この大火災によって知ることになる。

このマンションは、24階建ての全127戸の公営住宅なのだが、建物の8階の居住フロアから出火、マンションの大規模が焼失し、この大火災によって多くの尊い命が奪われた。



今回の大火災について、国土交通省は先月10月6日付に見解書(資料)を公表している。
この資料はこちら 👇

ロンドン共同住宅の火災について

この資料に記載されているように、直近に行った大規模修繕で、外壁材に用いられた有機系断熱材が燃焼し、大規模な上階延焼を引き起こしたと結論付けられている。

国土交通省が公表している資料は、あくまで建物の構造の在り方についてである。今回、建物の構造上に問題があったから、そこを今後の課題として改善する、それだけでは人の命は救えない。

住民の避難方法、管理体制や消火活動の在り方、そして火元の原因を作らない我々住民の防災意識の在り方なども当然に問われる。

この見解書には大事なことが抜けている。これが完全に区分けされた日本の行政の悪いところでもある。こういった資料を見る度に、私には所管の責任回避にしか映らない。

日本では法令により防火対策が義務づけられているが、昨年、東京消防庁が立ち入り検査をした東京都内の高層マンションの約8割で消防法違反が確認されている(毎日新聞ネット記事一部抜粋)。これが今の実情であろう。

日頃の防災に対する意識、そして火災に備えた安全管理を徹底することが重要となろう。

たった1台の冷蔵庫からこの大惨事が生まれた。何をなすべきか、個々の住民、そして管理組合はもっと防災について考えなくてはなるまい。

 


 

-防災対策

執筆者:

関連記事

マンションの断水への備え

  マンションの生活に欠かせないのが電気と水道、ガス仕様になっているマンションでは当然ガスも欠かせない。 電気のスイッチを押せば灯りがともり、水道のレバーを上げれば水が出る。ワンタッチでこれ …

分譲マンション|防火管理者について

  6月20日以降、震度5の地震が長野、大分、熊本、北海道で発生している。地震はほぼ毎日起きているのだが、本当に日本は地震が多い国だとつくづく感じさせられる。 決して他人事とは思わずに、防災 …

高層マンション|防炎カーテンの使用の義務付けについて!

  皆さん、 防炎カーテンってご存知ですか?   防炎だから燃えないカーテン…   防炎カーテンって? カーテンの素材が燃えにくく、防炎性能を高めたカーテンの …

分譲マンション|地震に対する警戒心を持ち続けよう!

  地震の怖さ いつどこで発生するか分からないのが地震です。ほぼ毎日地震というのは日本のどこかで発生しています。 これだけ多くの地震が起きているのに、意外と地震に対する意識が低いという実情が …

マンションの災害への備え|防災リュックについて!

  最近の新築マンションは、地震対策が施された仕様になっています。揺れて感知して消火するガスコンロ、食器が飛び出さない吊戸棚、ドア枠が歪んでも開閉可能な玄関口、閉じ込められないエレベーターな …




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー




pagetop