管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理を難しくしているのは?

2018年6月2日

 

マンションは自分たちの財産、だが管理のことになると無関心…

 

管理組合とか理事会という組織が面倒に思える…

だから役員にはなりたくない

理事長にだけは絶対になりたくない…

 

 

その面倒を管理会社に押し付けてしまい、結局は他人任せになる。

第三者である管理会社は、自分たちとは利益相反の関係にある。だから無駄な工事とか割高な管理委託料を支払い、気が付けばお金が足りない、そんな事態を招いてしまう。それが他人に任せるということだ。

 

結果として自分たちの金銭的負担が増えてしまう…

 

 

当然、値上げに反対する声が上がり、収拾がつかなくなる…

 

 

そして、お金がない中で管理を行うことになる…



そこでようやくマンション管理の在り方に疑念を抱く…

 

 

そしてマンションのためにと行動に移される人が出てくる…

 

だが、行動に移すとそれを嫌う人も出てくる。何かと言い掛かりを付ける人が不本意ながらそこに存在したりもする。

 

出る杭は打たれる…

 

状況によっては嫌疑を掛けられたりもする。だったら「貴方がやってくださいよ!」って言いたくもなる。「やってられるか!」とそこで投げ出す人もいるだろう。

 

 

文句を言うのは決まって外野席にいる人たちである。責任はとらない、文句ばかり言う。まるで政治の世界と同じだ。

 

マンション管理は難しい…

 

本当に自分たちの意思でマンション管理をやるのは難しいと思う。



そこにもし、労いの気持ちが皆さんに持てるとしたら、きっと「難しい」が「それでも頑張ろう!」に変えられると思う。

 

だが、それはきれいごとかも知れない…

 

自分たちの考え方を変えなければ、マンション管理は変えられない。分かっていても、それを変えることは容易ではない。

 

マンション管理を難しくしているのは、自分自身なのかも知れない…

 

そこに労いの気持ちとか感謝の気持ちがあれば、きっと当事者たちは救われるだろう。

 

それと文句ばかり言う人に対して、それを止めさせる勇気も必要になる。

 

最後に勝つのは正義…

 

この言葉を信じたい。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

分譲マンション|防火管理者を選任する前に考えるべきこと!

  50名以上が居住するマンションでは、防火管理者を選任しなければなりません。しかしながら、防火管理者を募集しても中々なり手がいない、これはマンション管理組合が抱える問題のひとつと言えます。 …

マンション管理会社を介さない直接契約の良し悪しについて

  私の住んでいるマンションでは、事務管理業務、管理員業務、建物・設備外観目視点検業務以外は、管理会社を介さずそれぞれの専門業者と直接契約を行っている。 建物・設備外観目視点検は毎月行ってい …

注意喚起の書面は配慮が必要

  マンション内でトラブルや苦情が発生した際、書面を通じて住人に伝達することがある。 掲示板に貼ったり、各住戸のメールボックスに配付したり、目的は周知と注意喚起なのだが、果たして読まれている …

マンション管理の予防保全と事後保全について

  マンション管理に「維持保全」という言葉がある。維持保全とは、マンションの安全性を維持する、そんな意味で使用されているのだが、建物や設備の修繕、設備の保守点検、財産管理などがそれに該当する …

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop