マンション管理

管理組合の備品などの定期チェックについて

2017年11月28日

 

マンションの共用部分の鍵、総会・理事会の議案書・議事録・名簿などの資料、管理に関する契約書、竣工図書、そして備品類、これらは全て管理組合の大切な財産であり、管理を行う上で必要なものとなる。

これらは、日々使用されたり、貸し出しが生じるため、紛失を防ぐためには定期にチェックすることが望まれる。

管理会社に任せているのが実情として多々見受けられるが、私が管理会社時代に紛失した事例をたくさん知っているから、管理会社任せは危険であると苦言を呈する。

 

 

管理会社が預かっているのはひとつのマンションの書類や鍵だけではない。複数のマンションの私物を事務所内で保管している。フロント担当者が途中で退職したり、人事の入れ替わりなどで紛失の要因というのは多々存在する。

過信は禁物である。

なので、管理組合自身で大切な財産を定期にチェックすることが望まれる。

鍵リスト、備品台帳、保管先リストといった書類は管理組合毎に整備されていると思うが、ただ作っているだけでは意味はない。その中身のチェックが必要になる。

 

 

私が建設会社時代の話になるが、大規模修繕の際に竣工図書が見当たらない、そんなマンションも実在した。竣工図書は建物修繕を行う上で必須なものとなる。

誰が保管しているのか、どこに保管しているのか、その物が紛失していないか、このチェックの管理体制というのは、個々の管理組合で考えるべきことだと思う。

 








-マンション管理

執筆者:

関連記事

総会議案は管理会社が決めるべきでない!

  毎年開催される通常総会(定期総会)の議案には、定番の議案とイレギュラーな議案の2つがある。 定番の議案 定番とは、通常総会で必ず決議を要する議案のことを指す。収支決算、事業報告、収支予算 …

そこまで至らないとマンション管理の見直しはできないのか!

  先日、マンションの理事長をしている私の知人から、管理会社変更に関する相談を受けた。 話を聞いてみると、新築当初から15年間、管理会社に管理を委託してきたが、以前から、管理員の日常清掃に対 …

間違ったマンション管理の見直し!

  昨今では考えられない話になるのだが、昭和期において、マンション管理に費やされる管理費の値上げが平然と行われていた時代があった。管理費が足りないから値上げするのだが、平然とそれがなされた理 …

マンション管理|因果関係を知ることが大切!

  因果関係とは 因果関係とは、ある出来事が直接的に別の出来事を引き起こす関係のことを意味します。この因果関係は問題を解決する上でとても重要になります。特に建物や設備の不具合においては、それ …

分譲マンションの管理|管理会社以外の相談先について!

  マンション管理の駆け込み寺 駆け込み寺とは、困って行き詰ったときに助けを求める場所のことを指しますが、マンション生活を送るうえで何か困った事が発生した場合、身近にいる管理会社を頼ることが …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事