管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理会社への期待|その裏側では…

2018年12月18日

 

マンション管理というのは、かなり広範囲に及ぶ。近年ではLED照明、電力の自由化に伴う節電提案、新4K・8K衛星放送、インスペクションなど、時代の変化による様々なものがマンション管理に加わる。

管理会社は専門外の知識、そして新たなものに対する知識レベルは低い。なので、机上の空論(上辺)だけの知識で逆に提案されると管理組合として正しい判断ができない。結果として、後にトラブルになったりもする。

マンションには色んな職業の方が住まれている。事案(分野)によっては管理会社よりも詳しい方が意外といらっしゃる。その方から知識を習得することができる。

浅はかな知識だけで物事の良し悪しを判断するのは危険である。マンション管理会社は新たに生じる分野に対して、必死になって調べたり、社内ミーティングなどで勉強会を開催し、知識を習得するのだが、どんなに机上で学んでも実務という経験には勝てない。

管理会社を頼るのは悪いことではないが、全てが正しいとは言えない。なので、そこに注意を払う必要があろう。



マンションの所有者の中にその分野に精通している有識者がいらっしゃれば、その人から知恵を借りる。理事会でも調べてみる。それと併せて管理会社の知識を参考にする。そうやって事案に対して取り組む。その考え方が大切に思える。

有識者を募ってもなかなか手を上げてくれない。そんな管理組合が多いのは世の常である。逆に物事が決まった後に有識者から意見や指摘が生じたりもする。結果として事案が先送りになったり、時間が余計に掛かる。だったら「最初に」って思う。

私が管理会社に勤めていたとき、得意分野ではないものは、必ず所有者の皆さんへ声掛けを行っていた。「知恵を貸してください」ってね。

意外と手を上げてくれて、その人から色んなことを学んだし、前向きで有意義な話し合いが持てた。

事案によっては、管理会社よりも身近にいらっしゃる所有者の方が詳しいってことがあるから、是非声掛けをしてほしい。前述の世の常があるけど「めげずに」である。

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

管理組合の備品などの定期チェックについて

  マンションの共用部分の鍵、総会・理事会の議案書・議事録・名簿などの資料、管理に関する契約書、竣工図書、そして備品類、これらは全て管理組合の大切な財産であり、管理を行う上で必要なものとなる …

分譲マンション|防火管理者を選任する前に考えるべきこと!

  50名以上が居住するマンションでは、防火管理者を選任しなければなりません。しかしながら、防火管理者を募集しても中々なり手がいない、これはマンション管理組合が抱える問題のひとつと言えます。 …

マンション管理を見直す際のポイント!

  マンション管理を見直す この必要性が分かっていても、実際にどのようにしてその見直しを行えば良いのか分からない、そんな質問が多く寄せられる。 きっと難しく考えたら前には進めない。そして結果 …

マンションの照明のあれこれ!

  マンションの照明切れのチェックは、月に1回から2回程度、管理会社(現地の管理員)が行っている。 そのときに全ての照明を点灯させ、照明の交換を同時に行っている。白昼に全灯させているから、住 …

不満だらけのマンション管理!

  そもそもマンションというのは、複数の世帯が同じひとつの屋根の下で暮らす住まい… そこには他人という複数の相手がいるわけで、生活する上で何かとストレスを感じたり、自分の思い通り …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop