管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理組合会計

赤字管理組合は今後増える!

2018年8月12日

 

マンションの損害保険の相次ぐ値上げ、修繕コストの増加、地域によっては駐車場利用者の減少などで赤字に苦しむ管理組合が増えている。

最近特にこのような悲痛な声を聞くようになった。

これに来年予定されている消費税の増税が重なれば、管理組合の財務はさらに厳しくなるだろう。なので、管理組合にとって無関心ではいられない。

自分たちが所有するマンションに関心を持つこと、とても大切なことだと思うが…



時代は確実に変わっている、昔のままでは通用しないということだ。マンション管理の在り方、管理組合の考え方もまた時代に順応しなければならない。

支出の見直しは徹底して行うべきだと思う。これを実施してもなお、お金が足りないのであれば、値上げするしか手立てはなかろう。

管理組合によっては、管理会社の見直しを行ったり、自主管理への移行を検討するケースも出てくるだろう。

見直しを行う前にまず、管理組合会計の将来の収支の見通し(試算)を行うべきだと思う。これにより問題点とか問題意識が見い出せる。10年後、20年後の収支…

そこできっと気付くことがあるだろう。

 

赤字が続くと良いことなどひとつもない。

管理組合会計の健全化

これは今後において、マンションの必須のテーマとなろう。

 

 


 



-管理組合会計

執筆者:

関連記事

分譲マンション|管理組合会計のポイント!

  管理費会計、修繕積立金会計、いずれも30年単位でみると億単位の収支になる。見方を変えれば、億単位のお金がマンション管理に費やされていることになる。 これだけのお金が動いているわけだから、 …

管理組合会計の基礎知識を学ぼう!

  企業会計と非営利会計 会計の種類は、大きく企業会計と非営利会計の二つに分けられる。管理組合は営利を目的としていないから非営利会計となる。   単式簿記と複式簿記 会計処理方法に …

管理組合の公金の使い方について

  マンションの所有者が毎月支払っている管理費、修繕積立金、両者を足せば数万円というお金になるのだが、このお金の使い方について、どれくらいの所有者が関心を持たれているのだろうか。 マンション …

修繕積立金の預け先について

  マンション管理組合のペイオフ対策というのは、今では当たり前に行われている。2005年4月にペイオフが全面解禁となり、預金先の金融機関が経営破綻した場合、1,000万円とその利息までしか戻 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop