管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社|着服事件って本当に絶えないね!

2018年8月4日

 

おいおい、またかよ!

今年7月、大手管理会社による不祥事!

管理組合財産を元従業員が不正に着服…

今回着服事件を起こした会社は、3年前にも同様に着服事件を起こしている。

このような不祥事が起きても、あまりニュースに取り上げられないから、マンション所有者の多くは知らないだろう。

このような不祥事は絶対にあってはならないことである。だがしかし、昔も今も絶えることなく管理会社による着服事件は起こり続けている。

管理組合関係者にとっては無関心ではいられない。



管理会社というのは、管理組合の財産を適正に管理すべき立場にある。建物の保全もそうだが、金銭の取り扱いも同じである。

信用という名の下で、管理組合から全部または一部の管理を受託しているわけだが、このような不祥事が歴史的に何度も繰り返されることで、その企業のみならずマンション管理業界全体に信用失墜というレッテルが貼られてしまう。

厳格に受託業務を全うしている管理会社が存在する一方で不祥事を起こす管理会社が存在する。マンション管理適正化法という法律が整備され、不正防止策を講じても、結局のところ、横領・着服事件は後を絶たない。

行政処分の在り方、これに疑念を抱く。2度目なら指示処分ではなく業務停止処分、マンション管理業の登録取消処分にすべきだと思う。

ここまでくると行政処分の在り方を問いたい。本当に…

 

 


 



 

 

 

 

-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社の苦悩…

  私の知人にはマンション管理会社の関係者が多い。長らくマンション管理業界にいたから、年齢的に管理職や役員の肩書を持った方が多い。その知人らとの会話する中でよく耳にするのが「社員が育たない」 …

マンション管理会社のあれこれ!

  管理会社は本業では成り立たない! だから、マンションの維持管理に付随する色んな業務を受注しようとする。 詳しくはこちらの記事👇 ▶ 管理会社の多くは本業では …

マンションの管理委託料のココが大切!

  マンションの管理会社の見直しを行う際に、管理会社から提出された管理委託料の見積りの合計金額を比較して、その会社の良し悪しを判断されるケースが多いように思える。 A社・・・年額合計500万 …

これだからマンション管理会社の評判が悪い!

  マンションの管理組合にとって、もっとも身近な存在であり、かつ頼れる存在になるのが「管理会社」です。しかしながら現実はどうでしょう。最も遠い存在、不信を抱く存在になっている感は否めません。 …

フロントマンの担当組合数から見えてくるもの

  近年、管理会社のホームページや管理会社変更の際のプレゼン資料などに、「フロントマンの担当組合数を10組合以下とし、徹底した管理体制を構築しています」、そんなフレーズが多く用いられている。 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop