管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社|着服事件って本当に絶えないね!

2018年8月4日

 

おいおい、またかよ!

今年7月、大手管理会社による不祥事!

管理組合財産を元従業員が不正に着服…

今回着服事件を起こした会社は、3年前にも同様に着服事件を起こしている。

このような不祥事が起きても、あまりニュースに取り上げられないから、マンション所有者の多くは知らないだろう。

このような不祥事は絶対にあってはならないことである。だがしかし、昔も今も絶えることなく管理会社による着服事件は起こり続けている。

管理組合関係者にとっては無関心ではいられない。



管理会社というのは、管理組合の財産を適正に管理すべき立場にある。建物の保全もそうだが、金銭の取り扱いも同じである。

信用という名の下で、管理組合から全部または一部の管理を受託しているわけだが、このような不祥事が歴史的に何度も繰り返されることで、その企業のみならずマンション管理業界全体に信用失墜というレッテルが貼られてしまう。

厳格に受託業務を全うしている管理会社が存在する一方で不祥事を起こす管理会社が存在する。マンション管理適正化法という法律が整備され、不正防止策を講じても、結局のところ、横領・着服事件は後を絶たない。

行政処分の在り方、これに疑念を抱く。2度目なら指示処分ではなく業務停止処分、マンション管理業の登録取消処分にすべきだと思う。

ここまでくると行政処分の在り方を問いたい。本当に…

 

 


 



 

 

 

 

-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理|フロントマンは救世主?

  世の中には管理組合のお金を横領する愚かなフロントマンがいる。 その一方で、必死になってマンションのために努力されているフロントマンもいる。 フロントマンの仕事に対する熱意とか使命感、責任 …

マンション管理会社は関係業者から嫌われている!

  管理会社は取引先業者から信用されていない。言い方を変えれば、嫌われている存在なのだ。仕事をもらえるから付き合っているだけ、これが大多数の業者の本音ではないだろうか。   &nb …

マンション管理会社の視点で未来像を語ってみる!

  私は一からマンション管理会社を立ち上げた経験を持つ。これは自慢話ではない。どちらかといえば「思い出したくもない私にとっての悲劇」である。 その会社は今も淘汰されることなく順調に経営が続い …

マンション管理会社にとって煙たい存在!

  マンション管理会社に求められているもの、それは提案力である。マンションのことを一番よく知っているのは管理会社だからである。 改善点、問題点というのは、どのマンションにも必ずある。だが、実 …

マンション管理会社|契約外の業務でも管理会社には義務がある!

  管理会社と管理組合の契約関係は、民法643条の委任契約に属すると考えられ、管理組合が委託者、そして管理会社が受託者という関係にある。 また業務内容の中には、請負契約に属するものがある。清 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop