管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|理想と現実!

2018年2月27日

 

人が何か行動を起こすときって、必ずそこには「目的」があるだろう。その目的には、その人にとっての「理想」があると思う。

理想というのは、色んなことを知ることで生まれたりもする。他人に感化されたり、経験などを通じてそれが創られたりもする。

自分が掲げた理想を実行に移すことは容易ではない。多くが机上の空論で終わっているのではないだろうか。

仮に実行に移せたとしても、理想と現実のギャップがそこにあったりもする。マンションの管理ひとつとっても、理想と現実という言葉が当てはまる事象は数多く存在している。

例えば、管理組合の委託先の業者が掲げている理想(企業理念)、これが実際にやれているのか、正直疑問に感じることが多い。

マンション管理士が適切なアドバイスを行ったとしても、それが現実としてそうなるとは限らない。少なからず理想と現実のギャップというのは存在すると思う。

管理組合もまた、マンション管理の在り方について、理想を掲げたとしてもその通りに事が全て上手くいくとは限らない。

その理想が高ければ高いほど、ギャップもまた大きくなっていく。それが現実ではないだろうか。

私たちは、社会生活を送る中で常に理想と現実の挟間に立たされていると思う。



私は経営者時代に嫌になるくらいこのギャップに悩まされた。どんなに立派な理想を掲げても実際にそれを実行することは難しい。過去の経験からそのことを学んだ。

そこで発想の転換を行った。自分たちにできることから無理なく少しづつ始めて行こう。

現実を受け入れ、背伸びはしない…

実際にそれを実行してみると、物事が上手く行くようになった。少しずつ業績が伸び、この小さな積み重ねによって、年を追うごとに会社の成長を実感できた。

 

理想を先に持つことは必要なことだと思うが、それが実現不可能なものだとすれば、ただの机上の空論で終わってしまうし、それまでに費やした時間がもったいない。

第三者に業務を委託する場合は、最低これだけはやってほしい、この基準を設けることが大切だと思う。過剰な期待がそこにあれば、必ずギャップがそこに生じてしまう。

管理会社や専門業者が理想に掲げていることが実行に移せるとは限らない。だから最低という考え方が必要になってくる。これはマンション管理士にも言えることだと思う。

大風呂敷を広げ、そこで結果が伴わなければ、顧客から信用を失うだけである。

現実を受け入れて、小さなこと、出来ることから始めてみる。マンション管理にも必要なことなのかも知れない。

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンションの照明のあれこれ!

  マンションの照明切れのチェックは、月に1回から2回程度、管理会社(現地の管理員)が行っている。 そのときに全ての照明を点灯させ、照明の交換を同時に行っている。白昼に全灯させているから、住 …

マンションのネット活用のあれこれ!

  スマートフォンが普及している現在、FacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャル ネットワーキング サービス)やインターネットなど、この小さな端末ひとつで色んなことができるよう …

マンション管理の仕組みとその概要

  マンションの管理の仕組み マンション管理の仕組みについて、マンション関係者の方がどこまで理解しているのだろう。 この仕組みが理解できていないと、間違った手続きを行ったり、規約に反した行動 …

マンション管理|分業体制って大切だよね!

  マンション管理って業務の範囲が広いから、やるべきことが本当に多い。 だから大変である。 これは、マンション管理組合にも言えるし、委託先の管理会社にも言えることだ。 自分たちが楽になるとい …

管理組合の備品などの定期チェックについて

  マンションの共用部分の鍵、総会・理事会の議案書・議事録・名簿などの資料、管理に関する契約書、竣工図書、そして備品類、これらは全て管理組合の大切な財産であり、管理を行う上で必要なものとなる …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop