管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|修繕履歴は一覧にまとめ保管しておくべき!

2019年7月20日

 

皆さんが住まれているマンションでは、過去の修繕履歴の記録簿が作成されていますか?この記録簿は、どこの箇所をいつどのように修繕したとか、どこの業者に発注したとか、その修繕にいくら掛かったという情報が記入され、過去の修繕履歴を把握することができます。

マンション管理を行う上で、将来的な計画というのはとても重要になりますが、それって過去の経緯が分からなければ、良い計画など作れません。

例えば、長期修繕計画の策定する際にこの修繕履歴が必要になります。そして、大規模修繕の計画の際に大いに役立ちます。

修繕履歴があると予算を組むときに便利ですし、次回修繕する際に金額の比較や業者の良し悪し、どれくらいの周期で修繕が必要になるのか、知り得る情報がそこにあります。

なので、これらの情報を整備保管しておくことでマンション管理がより適正に行えます。

この記録簿が重要なことを多くの皆さんが認識されていません。この記録簿が作成されていないマンションが多々見受けられます。

修繕履歴というのは大切な情報なので、早めに作成することをおすすめします。

委託先の管理会社で修繕履歴は把握されていますので、言えば作成してもらえると思います。逆に修繕履歴が分からない、作成しない、そんな管理会社なら別の管理会社に変更した方が身のためです。

修繕履歴の必要性を理解していない管理会社だとすれば、過去も未来も語れない、場当たり管理しかできないと思って間違いありません。

少し言い過ぎた感はありますが、管理会社の良し悪しってこの情報管理の在り方で決まると思います。情報を管理することも管理会社の役割です。

これは自主管理をされている管理組合にも言えることです。

管理会社によっては、専用のデータ管理ソフトを用いて修繕履歴の情報管理を行っています。このソフトがなくてもエクセルで簡単に作成できます。

作成してもそれを活用しないと意味がありません。修繕の際には、過去の修繕履歴を必ず確認するようにしましょう。

 

 




-マンション管理

執筆者:

関連記事

分譲マンション|管理規約と長期修繕計画の整備は重要!

  分譲マンションの管理ってグレーゾーンが多い。 最初から色んな物事に対して取り決めがなされているのなら、ある意味楽かもしれない。 そういう意味でも原始の管理規約とか使用細則というのは大切で …

マンション管理の難しさ

  マンション管理というのは難しい。 互いに価値観の違う所有者がマンション管理を行うことに限界を感じることもあるだろう。     戸建住宅なら何も気を遣う必要もない。お金 …

間違ったマンション管理の見直し!

  昨今では考えられない話になるのだが、昭和期において、マンション管理に費やされる管理費の値上げが平然と行われていた時代があった。管理費が足りないから値上げするのだが、平然とそれがなされた理 …

マンション管理|見積りのチェックポイント!

  マンション管理に費やされるお金は30年で数億円にも及ぶ。ひとつ一つの支出金額は小さくてもそれが積み重なれば巨額な経費と化す。 なので、ひとつ一つの支出項目を精査することが重要であり、目先 …

マンションの機械警備の仕様にも種類がある!

マンションには、火災などの非常時の警報を受信するための住棟受信機という防災設備がある。その受信機は一般的に管理員室内に設置されている。   各住戸に設置されている火災警報器が反応したり、イン …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop