マンション管理

マンション管理|修繕履歴は一覧にまとめ保管しておくべき!

2019年7月20日

 

皆さんが住まれているマンションでは、過去の修繕履歴の記録簿が作成されていますか?

この記録簿は、どこの箇所をいつどのように修繕したとか、どこの業者に発注したとか、その修繕にいくら掛かったという情報が記入され、過去の修繕履歴を把握することができます。

マンション管理を行う上で、将来の計画というのは欠かせません。そこで重要になるのが過去の情報です。過去のことが分からなければ良い計画など作れません。

例えば、長期修繕計画を作成する際に過去の修繕履歴が必要になります。そして、大規模修繕の計画の際には、この修繕履歴は役に立ちます。

費用の記された修繕の記録簿があると工事の予算を組むときに便利ですし、次回修繕する際に金額の比較や業者の良し悪し、どれくらいの周期で修繕が必要になるのか、管理組合にとって有益な情報がそこにあります。

なので、これらの情報を整備保管しておくことでマンション管理がより適正に行えます。

この記録簿が重要なことを多くの皆さんが認識されていません。この記録簿が作成されていないマンションが多々見受けられます。

修繕履歴というのは大切な情報なので、早めに作成することをおすすめします。



管理会社の中には、マンションの修繕記録簿をきちんと整備しているところもあります。本来ならそれが当たり前なんですよね。

しかしながらその一方で、過去の修繕履歴が分からない、そんな管理会社も中には存在します。修繕履歴の必要性を理解していない管理会社は、場当たり管理しか行えないと断言します。そこにも管理会社の良し悪しが垣間見れます。

 

少し言い過ぎた感はありますが、委託先の管理会社に修繕記録簿の有無を確認してみてください。そこで無い場合は、言えば作成してもらえるはずです。

管理会社によっては専用のデータ管理ソフトを用いて修繕履歴の情報管理を行っています。このソフトがなくてもエクセルで簡単に作成できます。

作成してもそれを活用しないと意味がありません。修繕の際には、過去の修繕履歴を必ず確認するようにしましょう。

 








-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理組合|チェック機能って大切だよね!

  マンション管理に欠けているもの、それはチェック機能だと思います。 マンション管理は管理会社が行うものではありません。管理組合が主体性をもって行うものです。しかし実際には、管理会社に負んぶ …

マンション管理の難しさ

  マンション管理というのは難しい。 互いに価値観の違う所有者がマンション管理を行うことに限界を感じることもあるだろう。     戸建住宅なら何も気を遣う必要もない。お金 …

マンション管理|他人任せは自分の身に降りかかる!

  マンション管理は「他人任せ」はダメ、これが通説になっているのだが、視点を変えるともっと理解が深まる。 今回、これについて語りたい。   マンション管理は誰が行う マンション管理 …

分譲マンション|防火管理者を選任する前に考えるべきこと!

  50名以上が居住するマンションでは、防火管理者を選任しなければなりません。しかしながら、防火管理者を募集しても中々なり手がいない、これはマンション管理組合が抱える問題のひとつと言えます。 …

マンションの共用と専用の所有区分は明確に!

  マンションには共用部分と専有部分の2つが存在する。そしてマンション内にあるもの全てがいずれかに該当する。共用部分の管理は管理組合が行い、専有部分の管理は各所有者が行う、これがマンション管 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事