管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|修繕履歴は一覧にまとめ保管しておくべき!

2017年6月20日

 

皆さんが住んでいるマンションでは、過去の修繕履歴の一覧表(修繕履歴書)が作成されているだろうか。

どこの箇所をいつどのように修繕した、どこの業者に発注し、それにはいくら掛かったという記録になるのだが、これらの履歴は、長期修繕計画の策定、大規模修繕の計画の際に役立つ。

それに、修繕履歴書があると予算を組むときに便利だし、次回修繕する際に金額などの比較ができ、修繕周期も把握できる。これらの情報を整備保管しておくことでマンション管理がより適正に行える。

だが、マンションによっては、この修繕履歴書が作成されていないケースが見受けられる。これは、委託先のマンション管理会社の裁量に委ねられる。言い方を変えれば、この修繕履歴書の作成の有無で管理会社の良し悪しが判断できるということだ。

この修繕履歴書というのは、管理組合にとって有益なものとなる。管理組合にとって必要なものだから、マンション管理の受託者としてきちんとデータ管理を行わなければならない。この姿勢が良し悪しの判断材料となろう。

これは自主管理をされている管理組合にも言えることだ。

もし作成されていない場合は、すぐに作成された方がいい。管理会社にマンション管理を委託している場合は、無償で作成してくれる。

言わないとしない、これがマンション管理会社の体質である。この意見に賛同される管理組合もきっと多くいると思う(笑)。

マンション管理会社の多くは、専用のデータ管理ソフトでこれらを作成している。このソフトがなくてもエクセルで簡単に作成できる。

作成してもそれを利用しないと意味がない。修繕工事の見積りの際には、過去の修繕履歴を必ず確認するようにしよう。

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理の難しさ

  マンション管理というのは難しい。 互いに価値観の違う所有者がマンション管理を行うことに限界を感じることもあるだろう。     戸建住宅なら何も気を遣う必要もない。お金 …

そこまで至らないとマンション管理の見直しはできないのか!

  先日、マンションの理事長をしている私の知人から、管理会社変更に関する相談を受けた。 話を聞いてみると、新築当初から15年間、管理会社に管理を委託してきたが、以前から、管理員の日常清掃に対 …

マンション管理|それぞれの立場

  マンションの管理運営には、主役そして脇役が存在する。それぞれに役割というものがあり、両者が上手くかみ合ってこそ、その目的が良い方向に進んでいく。 これは映画やドラマと同じである。 マンシ …

分譲マンション管理|このままではダメだ!

  「このままではマンションがダメになる!」   私が住んでいるマンションの第1期目にそれを感じた。 ▶ 理事長の経験を通じて学び得たこと(☜ 詳しくはこちら) そし …

マンション管理とは

  何のためにマンション管理を行うのか。 快適な暮らし、安心できる住まい、資産価値を高める、色んな目的がそこにはある。 何のために管理組合は存在するのか。 それを具現化するために存在する。 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop