管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|修繕履歴は一覧にまとめ保管しておくべき!

2017年6月20日

 

皆さんが住んでいるマンションでは、過去の修繕履歴の一覧表(修繕履歴書)が作成されているだろうか。

どこの箇所をいつどのように修繕した、どこの業者に発注し、それにはいくら掛かったという記録になるのだが、これらの履歴は、長期修繕計画の策定、大規模修繕の計画の際に役立つ。

それに、修繕履歴書があると予算を組むときに便利だし、次回修繕する際に金額などの比較ができ、修繕周期も把握できる。これらの情報を整備保管しておくことでマンション管理がより適正に行える。

だが、マンションによっては、この修繕履歴書が作成されていないケースが見受けられる。これは、委託先のマンション管理会社の裁量に委ねられる。言い方を変えれば、この修繕履歴書の作成の有無で管理会社の良し悪しが判断できるということだ。

この修繕履歴書というのは、管理組合にとって有益なものとなる。管理組合にとって必要なものだから、マンション管理の受託者としてきちんとデータ管理を行わなければならない。この姿勢が良し悪しの判断材料となろう。

これは自主管理をされている管理組合にも言えることだ。

もし作成されていない場合は、すぐに作成された方がいい。管理会社にマンション管理を委託している場合は、無償で作成してくれる。

言わないとしない、これがマンション管理会社の体質である。この意見に賛同される管理組合もきっと多くいると思う(笑)。

マンション管理会社の多くは、専用のデータ管理ソフトでこれらを作成している。このソフトがなくてもエクセルで簡単に作成できる。

作成してもそれを利用しないと意味がない。修繕工事の見積りの際には、過去の修繕履歴を必ず確認するようにしよう。

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理の目的を履き違えると…

  マンション管理のポイントは、最少費用で最大効果、これが理想ではないだろうか。裏を返せば安かろう悪かろうでは困る。   企業の経営と同じで、必要なことにお金を掛け、不要なことにお …

マンション管理|他人任せは自分の身に降りかかる!

  マンション管理は「他人任せ」はダメ、これが通説になっているのだが、視点を変えるともっと理解が深まる。 今回、これについて語りたい。   マンション管理は誰が行う マンション管理 …

自主管理を勧めるマンション管理士は信用できない?

  先日、自主管理を勧めるマンション管理士には絶対に頼んではいけない、そんな記事をネット上で拝見した。 元管理会社(業界人)の私がそれを読んで、「管理会社にとってありがたい記事だなぁ」とその …

マンション管理|消費税値上げの際に注意すべきこと!

  消費税が導入されたのは1989年4月、税率3%でスタートし、その後1997年4月に3%から5%に引き上げられ、そして更に2014年4月に5%から8%に引き上げられた。 2019年10月に …

マンションの管理費と駐車場使用料について

  よく管理費削減という言葉を見聞きするのだが、これにより管理費が下がるわけではない。 管理費会計(一般会計)の各支出項目の見直し(コスト削減)を行い、管理費会計の更なる健全化を図るという意 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop