管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション生活

マンションのバルコニーの布団干しについて

2017年8月25日

 

外からマンションを眺めているとバルコニーの手すりによく布団が垂れ下がっている。布団を干すのに恰好の場所だから、そんな理由で干していると思う。

私の住んでいるマンションでは、バルコニーの手すりに布団を干す行為は禁じられている。入居当初のルールには無かったが、新築入居してまもない頃に、布団を固定する際に用いる止めバサミが落下し、その下に駐車していた自動車に直撃、破損させるという事故が起きた。一歩間違えば人身事故になりかねない。

そこで布団干し禁止のルールが使用細則に加わったという経緯だ。

他のマンションでも同様の事故は起きている。止めバサミは軽量でも、高層階から落下すれば、かなりの衝撃を与えることになる。

布団や毛布の落下はよく耳にするのだが、盲点は布団を固定すべきはずの止めバサミの落下である。固定が甘かったり、突風により外れて落下することがある。

バルコニーの手すりの布団干しは、とても危険な行為なのだ。



布団干しはマンションの外観を損なうだけでなく、落下の危険があるから禁止しているに他ならない。

それでも布団を干し続ける住人も存在する。直接注意をすれば、「そしたらどこに干せばいいのよ!」と反論を浴びせられる。バルコニー専用の布団干しスタンドの話をすれば、「私にそのスタンドを買えって言うの!」と呆れる返答だ。これは私の管理会社時代の出来事である。

 

 

布団干しスタンドは、安いもので3,000円程度で販売されている。このように便利な商品が市販されているから活用するといい。

私が管理会社時代に担当させていただいたマンションは、全てバルコニーの手すりに布団が干されていない。最初は反対意見も多く苦慮したが、きちんと説明することで理解してもらえた。

私の住むマンションのように事故が起きてからでは遅いのだ。自分たちの住んでいるマンションの使用細則に布団干しに関する規定があるか一度確認するといい。もし明確な定めがなければ新設することが望まれる。

 


 



-マンション生活

執筆者:

関連記事

マンションの国際化|外国人居住者とどう向き合う!

  近年、マンションに住む外国人住民が増えている。地域によって異なるだろうが、私の住む街では、10年前に比べるとかなり状況が変わっていることに気付く。 2017年1月1日時点における国内の人 …

マンションの居住者の高齢化について考える!

  近年、日本の人口の27.3%が65歳以上と言われている。そして平均寿命では、男性は81歳、女性は87歳、2065年になると男性が85歳、女性が91歳と男女ともに寿命が4年延びる。(内閣府 …

身近に居て遠い存在

マンションで何か問題が起きたとき、マンションの住人の中に相談できる相手はいらっしゃるだろうか。 多くの方は、マンションの管理会社(マンション管理人)を頼っているに違いない。 身近にいて遠い存在&#82 …

トランク付きのエレベーター|これだけは知っておこう!

  マンションによっては、トランク付きのエレベーターが設置されている。トランクとは、急病人をストレッチャー(上の写真)に乗せ、寝た状態で搬送できるエレベーター内の拡張スペースのことを言う。 …

マンション内の掲示板・貼り紙のあれこれ!

  マンション内の掲示板や各所に貼られている貼り紙の中には、マンションの内情が記されたものがある。 ▶ 居住者のマナーについて ▶ マンション内の騒音について & …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop