管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理の考え方!

2018年2月3日

 

マンション管理の目的は、建物・付帯設備の健全化と長寿命化、そして安全性・快適性・利便性を追求する、これらが目的としてある。

その目的を達成させるために必要になってくるもの、それは「資金」「機関」「道具」「機能」「思考」「協力」の6つが挙げられる。

資金とは
マンションの所有者の皆さんが毎月支払っている管理費、修繕積立金などの負担金がこの資金の財源となる。
機関とは
マンションの所有者の皆さんで結成された管理組合、そして管理組合業務の執行機関となる理事会がこれに該当する。
道具とは
マンション管理に関わる様々な情報、管理組合運営に欠かせない資料などがこれに該当する。
機能とは
管理組合運営に関わる意思決定(総会・理事会)、管理組合内のコミュニケーションがこれに該当する。
思考とは
マンション管理に対する思い入れ、工夫(アイデア)、先見性、問題意識などがこれに該当する。
協力とは
マンションの所有者の皆さんの協力、そこに住まれる皆さんの協力、第三者となる管理会社、専門業者、マンション管理士などの協力を指す。

マンション管理には色んな要素がそこにあって、それぞれが上手くかみ合うことで、冒頭の目的を達成させることができる。

勝手ながら、個人的に考える「マンション管理の在り方」を綴ってみた。

普通、マンション管理の在り方なんて考える人、そうはいないだろう…(笑)。

もしかして変人…



企業において、経営管理のことを「マネージメント」と表現したりもするが、企業経営のマネージメントと管理組合運営のマネージメントというのは類似する点が多い。

 

企業経営のマネージメントでは、評価・分析・選択・改善・回避・統合・計画・調整・指揮・統制・組織化など様々な要素がそこに存在している。

このマネージメントの各要素は、管理組合運営においても大いに活用できる考え方ではないだろうか。

企業と管理組合はそれぞれに目的は異なるが、同じ組織として学べることは、積極的に取り入れるべきだと思う。

特に評価、分析、改善、回避、計画、調整といった要素は、管理組合には必須となろう。それを話し合うために総会、理事会という話し合いの場がある。

最近では、長期修繕計画を策定されているマンションが多い。だが、過去に行った修繕の実績をまとめた一覧表を作成しているマンションは少ない。

長期修繕計画には工事項目と年度毎の予算金額が計上されているのだが、これと同じように年度毎に実績金額が計上されている一覧表を作成しておくと、実際に行った工事項目、そして実施時期が把握できる。これにより計画と実績の差異が分かるし、比較しやすい。それに計画の見直しの際に役立つ。

前述の評価、分析、改善、計画、調整、これらの考え方を持つことで役立つ資料が作れたり、色んな工夫ができる。これはほんの一例に過ぎない。

 

マンション管理に興味を持てば、色んなことが見えてくる。興味を持つためには、「知る」そして「考える」は欠かせない。

 

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

分譲マンション|管理規約と長期修繕計画の整備は重要!

  分譲マンションの管理ってグレーゾーンが多い。 最初から色んな物事に対して取り決めがなされているのなら、ある意味楽かもしれない。 そういう意味でも原始の管理規約とか使用細則というのは大切で …

マンションの「管理の質」について考える!

  管理コストを削減する際に、「管理の質は下げない」「管理の質は落とさない」「管理の質が向上する」、よく見聞きする「管理の質」という言葉、このブログでもよく用いる言葉なのだが、この「管理の質 …

マンション管理会社への期待|その裏側では…

  マンション管理というのは、かなり広範囲に及ぶ。近年ではLED照明、電力の自由化に伴う節電提案、新4K・8K衛星放送、インスペクションなど、時代の変化による様々なものがマンション管理に加わ …

マンション管理のズバリ問題点!

  分譲マンションの管理を行う上で必要になるのが「自主性」であり、「マンション管理の主体が誰なのか」、そこが重要である。 何のために管理組合とか理事会という組織が存在するのか、失礼な言い方に …

マンション管理会社のリベートはこうして生まれる!

  管理組合が管理会社以外の業者と取引している場合、その業者は管理組合ではなく、そのマンションの管理会社を重要視する。こんな間違った考え方が実情として多く存在している。 なぜこのようなことが …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop