管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|それぞれの立場

2017年10月14日

 

マンションの管理運営には、主役そして脇役が存在する。それぞれに役割というものがあり、両者が上手くかみ合ってこそ、その目的が良い方向に進んでいく。

これは映画やドラマと同じである。

マンションの場合、主役が管理組合、そして脇役が管理会社である。また、管理組合内にも理事会が主役、組合員が脇役という一面を持つ。

マンション管理士がそこに登場すれば、脇役に徹する監督になる(笑)。

もし皆さんが映画やドラマに出演するとしたら、脇役ではなく主役の方がいい、きっと多くの方がそのように思うのではないだろうか。

映画やドラマに出演される男優さん、女優さんは、仕事だからそれぞれの役をこなせる。これが仕事でないとしたら、脇役は馬鹿らしくてやってられない。これが本音であろう。

「なんで私が脇役なのよ!」と女優さんの愚痴が聞こえてきそうだ(笑)。

脇役は主役の引き立て役になる。この脇役の下支えによって主役は映える。そして人に感動を与えることができる。ただし、いくら演技力が長けていても、監督、そしてストーリーが今いちなら世間の評価は得られまい。

マンションの管理運営を映画やドラマに例えてみると、案外そこから学べるものがある。

そこから先は自分たちで想像してほしい。

 

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理|新築当時の管理仕様には無駄がある!

  ここでいう「管理仕様」とは、マンション管理を行うために必要となる業務項目を指す。エレベーター保守点検費、清掃業務費、管理人の業務費などがこの項目にあたる。 この管理仕様は管理費と直結する …

マンションの照明のあれこれ!

  マンションの照明切れのチェックは、月に1回から2回程度、管理会社(現地の管理員)が行っている。 そのときに全ての照明を点灯させ、照明の交換を同時に行っている。白昼に全灯させているから、住 …

分譲マンション|管理会社から管理委託契約を一方的に解除する事例が増えている!

  最近、管理会社の変更(リプレイス)が増えている。この間、それに関する記事をこのブログに書き綴ったが、今日、管理会社に勤めている私の知人から聞いた話で少し気になったことがあるから、それを題 …

注意喚起の書面は配慮が必要

  マンション内でトラブルや苦情が発生した際、書面を通じて住人に伝達することがある。 掲示板に貼ったり、各住戸のメールボックスに配付したり、目的は周知と注意喚起なのだが、果たして読まれている …

ここを見ればマンションの良し悪しが分かる!

自分の住んでいるマンションが外部からどのように評価されているのか、何かのきっかけがなければそれを意識することはないと思う。   中古マンションの購入者向けの情報サイトに、マンション管理に関す …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop