マンション管理

マンション管理会社のリベートはこうして生まれる!

2017年10月12日

 

管理組合が管理会社以外の業者と取引している場合、その業者は管理組合ではなく、そのマンションの管理会社を重要視する。こんな間違った考え方が実情として多く存在している。

なぜこのようなことが起きるのか、管理会社にいる人、もといた人なら理解できよう。

管理会社を介さない業者は、管理会社にとって邪魔な存在だからである。

管理会社と向き合うのではなく、管理組合と向き合って仕事をされる業者も中には存在する。個人的にもっと増えてほしいと願う。

だが管理会社を介さず仕事を行うものなら、非協力的、状況によっては嫌がらせが待ち構えている。

管理組合のために仕事をしているのに管理会社が時として妨害することもある。誰のマンションなのか、勘違いにもほどがある。

業者は仕事の邪魔をされたくないから、管理会社にリベートという見返り料を支払う。そこには「協力してください」という意図がある。

本当に馬鹿げた話である。

だからマンション管理業界は半世紀経っても進歩しないのだ。



これに問題意識を感じない理事長そして住民もいる。

業者が管理組合に伺いを立てると、「そのことなら管理会社に言ってください」「管理会社を介してください」、これは本当によく耳にする言葉である。これによって、管理会社が天狗になる。

天狗になれば、私には権力があると勘違いする者が出てくる。そこでリベートをせしめる者が出てくるのだ。

これは政治の世界とよく似ている。権力を握ると人によっては汚職と化す。

リベートは、業者側にとって仕事をもらうための見返り、そして円滑に業務を行うために支払われるものである。

管理会社もそれを当たり前のように要求する。

このリベートをどう思われるかは、個々の考え方に委ねる。

私には無駄そして管理組合を軽視していることに腹立たしさを感じる。

 








-マンション管理

執筆者:

関連記事

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …

管理組合主導のマンション管理とは…

  自分たちのマンションの管理の在り方を決めるのは管理会社ではありません。そのマンションを購入された所有者の総意で決める、これが正しい解答かと思います。 ですが、この総意を得るのが難しい、こ …

マンション管理の情報入手、できていますか?

  ずいぶん昔から情報化社会と言われているのだが、マンション管理の情報について、管理組合の皆さんはどれだけ知っているのだろう。 色んな情報を入手しておかないと時代に取り残される。これはマンシ …

不満だらけのマンション管理!

  そもそもマンションというのは、複数の世帯が同じひとつの屋根の下で暮らす住まい… そこには他人という複数の相手がいるわけで、生活する上で何かとストレスを感じたり、自分の思い通り …

マンションの機械警備の仕様にも種類がある!

マンションには、火災などの非常時の警報を受信するための住棟受信機という防災設備がある。その受信機は一般的に管理員室内に設置されている。   各住戸に設置されている火災警報器が反応したり、イン …




 プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 防犯グッズ

備えあれば憂いなし 家庭用防犯リュック


 その他の記事