管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理会社のリベートはこうして生まれる!

2017年10月12日

 

管理組合が管理会社以外の業者と取引している場合、その業者は管理組合ではなく、そのマンションの管理会社を重要視する。こんな間違った考え方が実情として多く存在している。

なぜこのようなことが起きるのか、管理会社にいる人、もといた人なら理解できよう。

管理会社を介さない業者は、管理会社にとって邪魔な存在だからである。

管理会社と向き合うのではなく、管理組合と向き合って仕事をされる業者も中には存在する。個人的にもっと増えてほしいと願う。

だが管理会社を介さず仕事を行うものなら、非協力的、状況によっては嫌がらせが待ち構えている。

管理組合のために仕事をしているのに管理会社が時として妨害することもある。誰のマンションなのか、勘違いにもほどがある。

業者は仕事の邪魔をされたくないから、管理会社にリベートという見返り料を支払う。そこには「協力してください」という意図がある。

本当に馬鹿げた話である。

だからマンション管理業界は半世紀経っても進歩しないのだ。



これに問題意識を感じない理事長そして住民もいる。

業者が管理組合に伺いを立てると、「そのことなら管理会社に言ってください」「管理会社を介してください」、これは本当によく耳にする言葉である。これによって、管理会社が天狗になる。

天狗になれば、私には権力があると勘違いする者が出てくる。そこでリベートをせしめる者が出てくるのだ。

これは政治の世界とよく似ている。権力を握ると人によっては汚職と化す。

リベートは、業者側にとって仕事をもらうための見返り、そして円滑に業務を行うために支払われるものである。

管理会社もそれを当たり前のように要求する。

このリベートをどう思われるかは、個々の考え方に委ねる。

私には無駄そして管理組合を軽視していることに腹立たしさを感じる。

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

管理費会計の長期収支計画を策定すべき!

  マンションの管理組合会計で大切なのは結果の数字よりも予算だ。なぜなら、管理組合会計は予算準拠が前提としてあるからだ。 総会で承認された予算に従ってマンション管理を行わなければならない。こ …

分譲マンション|管理規約と長期修繕計画の整備は重要!

  分譲マンションの管理ってグレーゾーンが多い。 最初から色んな物事に対して取り決めがなされているのなら、ある意味楽かもしれない。 そういう意味でも原始の管理規約とか使用細則というのは大切で …

マンション管理で大切なのはコミュニケーション!

マンション管理で大切なのは「コミュニケーション」だと思う。 理事会役員同士、組合員同士、居住者同士… 管理組合とマンション管理会社との関係とか、管理員との関係においても、コミュニケーション …

情報収集は自ら行うことが大切!

理事会で協議する際は、事前にテーマ(議題)を理事役員に周知すべきである。理事会当日にテーマを公表されても有意義な理事会にはならない。次回に持ち越しというパターンになりがちだ。 効率よく理事会を行うため …

マンション管理|駐車場の借り手が減れば赤字の危険性!

  マンション管理組合の収入は管理費、修繕積立金、駐車場使用料、その他専用使用料が一般的だ。多くの管理組合では、管理費会計(一般会計)に駐車場使用料が充当されている。 本来、管理費というのは …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop