管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社|対応が遅い3つの理由!

2018年7月8日

 

管理会社の対応が遅い…

 

 

マンション管理会社の対応をウサギとカメに例えるなら、きっと管理組合の皆さんはウサギの方を好まれるだろう。

童話の中では、足の速いウサギと足の遅いカメが競争し、最後に勝利するのはカメの方だが、マンション管理においてはそうはいかない(笑)。

 

対応が遅いとクレームと化す。

 

特に緊急時において、その対応のスピードは重要視され、当然に期待される部分となろう。

私の管理会社時代に管理組合の要望とか不満で多かったのが「対応のスピード」である。

▶ 議事録が数か月経っても配られない…
▶ 漏水対応が放置状態…
▶ 管理費の滞納が放置状態…
▶ 提案資料の提出が遅い…
▶ 緊急時の対応が遅い…
▶ 要望した対応が遅い…

など、管理会社側の対応の遅さにイライラすることもあるだろう。

なぜ管理会社の対応が遅いのか、そこには必ず理由がある。今回、それについて語りたい。



対応の遅い3つの理由

管理会社の対応が遅い理由、これには大きく3つの要因がある。

1⃣ 人の入れ替わりが多い
2⃣ 業務の煩雑さ
3⃣ 企業体質

1⃣ 人の入れ替わりが多い

管理会社は人の入れ替わりが多い。もっと端的に言えば離職者が多い業界である。(詳しくはこちらの記事)

頻繁に担当者が変わる会社では、そこで十分な引継ぎがなされていないケースが見受けられる。引継ぎがなされなければ、対応が遅いどころか、棚上げされることになる。

 

おいおい冗談じゃない!

 

これが管理組合側の不満となろう。入れ替わりが多いということは、このようなリスクを背負うことになる。

よく考えれば理解できよう。離職者の多い会社では「なぜ社員が辞めるのか」、その会社に何ら問題があって、そこには業務の悪循環というものが存在する。これが対応の遅さに繋がっている。

2⃣ 業務の煩雑さ

管理会社の業務は多岐に渡り、広範囲に及ぶから、その仕事量の多さに困惑する社員が多い。分業体制で行っている会社もあるだろうが、フロント担当者はそうはいかない。管理組合の窓口役として全てを把握しなければならない。

私の管理会社時代に「今日はこの仕事をやろう」、その日の朝に計画しても、当日、緊急のトラブルなどが入ってくると物事は計画通りには進まない。これは、管理会社の社員なら誰しも経験しているだろう。本当に管理会社はやることが多い。特に日々の突発的な対応処理には苦慮する。

担当しているマンションはひとつではないから、色んな対応が重なればどんどん対応スピードは確実に落ちていく。それが対応の遅さ、ひいては対応の悪さに繋がっている。

3⃣ 企業体質

企業は少数精鋭が理想である。管理会社もまた企業だから少数精鋭を望む。しかしながら、管理会社が行う事業は、少数精鋭では実際のところ成り立たない。前述の業務の煩雑さがあるから、相応に人手はいるのだが、少数精鋭主義を強引に用いる経営陣が多いのが実情ではないだろうか。

だから、キャパシティを超え、それが対応の遅さに繋がっている。(詳しくはこちらの記事)

それぞれの担当者の処理能力的な要素も対応スピードに深く関係してくると思うが、ひたすら営利主義に走る管理会社だとすれば、もはやそこには対応スピードは望めないだろう。

管理しているマンションも多く存在しているわけだから、必要数の社員、その充実が業務の充実に繋がり、強いては離職率の低下に繋がると思うのだが、これを実行している管理会社はそうはいないだろう。

 

冒頭のウサギとカメの話に戻るが、最後の勝敗は別にして、管理会社はカメ体質と言える。対応にもがき苦しむカメである。

なので、対応の速さを望むのなら、管理組合の自助努力は不可欠となろう。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社|月次報告書について

  何かの行為を第三者に委任する場合、受任者は事務処理の内容について、委任者に報告する義務がある。(民法645条) 分譲マンションの管理に例えるなら、委任者が管理組合、受任者が管理会社に該当 …

妨害行為から見えてくる管理会社の素顔!

  妨害行為とは、邪魔をしたり、妨げたりする行為を指すが、この妨害行為がマンション管理の現場でも横行している。 ビジネスにおける妨害行為は決してあってはならない。フェアーでないのはもちろんだ …

マンション管理会社はブローカー業

  ブローカーとは仲介人、仲立人を指す。 不動産会社は土地や建物などの不動産を紹介して手数料を得る。この仲介が本業である。そして管理会社というのは、その不動産会社の子会社もしくは別部門で設立 …

マンション管理会社|フロントの担当物件数の減少傾向、その裏側には!

  マンションの管理会社に管理を委託する場合、そのマンションを担当する「フロントマン」が存在する。 フロントマンの役割は、管理会社の総合窓口役として、そのマンションの所有者および居住者の様々 …

マンション管理会社受託戸数ランキングを見てつくづく感じること!

  分譲マンションの管理会社受託戸数ランキングというのが毎年公表されている。 業界誌、経済誌などで取り上げられているのだが、これを見て皆さんはどのように感じるだろうか。ちなみに直近(2017 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop