管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション生活

マンションの招かざる客!

2017年6月23日

 

マンションの訪問者?の中には招かざる客がいる。泥棒と押し売りセールスマン、そして今回テーマとして取り上げるである。

 

なぜ鳩はマンションを好むのか

鳩の本来の住処は、崖や川原などにある穴倉である。自然な場所に巣を作りそこに生息していたのだが、昭和期以降のマンションやビルの建設ラッシュによって、人間が作りだした建物に移住したと考えられている。

 

崖や川原などの自然界においては、鳩にとって天敵となる蛇などの爬虫類、鷹などの鳥類、イタチなどの哺乳類がいる。人間が作りだした建物にはこれらの天敵がいないから、鳩にとって安全な場所となる。

鳩は簡単に巣は作らない。いくつも候補先を探して安全と認めた場所に巣を作る。マンションが鳩にとって有力な候補先になっているのだ。

 

鳩が嫌がられる理由

鳩が人に嫌がられる理由として大きく2つある。ひとつは鳩特有の鳴き声だ。特に朝と晩に鳴く「ポポッポッポー」、何度も繰り返されるのだが、耳障りでうるさく感じる人が多い。

もうひとつはベランダ中にまき散らす鳩の糞である。私は動物愛好家なのだが、正直ここまでくると鳩は人間の敵に思えてしまう。

 

そして鳩の糞には害があると言われている。よく聞くのがクリプトコッカス・ネオフォルマンス感染症という病気だ。クリプトコッカスというのはカビ(真菌)の一種で、このクリプトコッカスを吸引することで発症すると言われている。

このクリプトコッカスについて詳しく知りたい方は、下にリンク先を貼っておく。

横浜市ホームページ

 

鳩は一度そこに住みつくとなかなかその場所から離れない。だが定期に移住すると聞く。今はマンションに来なくても、周りの環境が変われば自分たちの住むマンションに招かざる客が来るかも知れない。

私の住むマンションにもこの招かざる客が来る。鳩対策にはお金が掛かるのだ。鳩対策には色んな方法があるが、早めの対策と住人の協力、そして鳩の習性を知ることが必要不可欠だ。

鳩は歓迎されていないマンションだと悟ればいずれいなくなる。強引なセールスマンの方がかなり質が悪い(笑)。

 

 


 



-マンション生活

執筆者:

関連記事

マンションの居住者の高齢化について考える!

  近年、日本の人口の27.3%が65歳以上と言われている。そして平均寿命では、男性は81歳、女性は87歳、2065年になると男性が85歳、女性が91歳と男女ともに寿命が4年延びる。(内閣府 …

マンションの結露対策について

  夏は窓の外側に、冬は窓の内側に発生するものといえば、そう結露である。     マンションは気密性が高い建物だから結露が発生しやすい。特に冬の結露は室内のいたるところに …

マンション生活|これは絶対に知っておくべき!

  マンションには思わぬ落とし穴が存在する。災難というのは忘れた頃にやってくる。マンション内で起きる思わぬ事故、今回、これをテーマに語る。   バルコニーの締め出しに注意 私が管理 …

トランク付きのエレベーター|これだけは知っておこう!

  マンションによっては、トランク付きのエレベーターが設置されている。トランクとは、急病人をストレッチャー(上の写真)に乗せ、寝た状態で搬送できるエレベーター内の拡張スペースのことを言う。 …

マンションの専有部分の設備の故障ってどこに連絡すればいいの?

  マンションに長らく住んでいると、住戸内のインターホンが故障したり、水栓レバーからポタポタと水漏れが生じたり、突然お湯が出なくなったり、色んなことが起こり得る。 賃貸で入居しているのなら、 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop