マンション生活

マンション生活|隣人は選べない!

2018年3月7日

 

上司と隣人は選べない、そんな言葉を見聞きしたことがあるが、よく考えてみると確かに隣人は選べない。

日本を脅かす北朝鮮、歴史認識の違いで対立する中国や韓国も隣国である。

上司については、昔と今とでは少し考え方が違ってくると思う。「部下は上司を選べない」、今の時代にそれを露骨に口にすると「パワハラ」の論争が繰り広げられる。

私たちが社会生活を送る中で「選べないこと」、それは意外と多く存在すると思う。マンションもまた隣人を選べない、これは現実としてある。

マンション生活において、隣人とのトラブルは絶えることがない。生活音、ベランダやバルコニーでの喫煙や当該箇所の使い方、ペット飼育、挨拶などを巡りトラブルに発展するケースは後を絶たない。

そこには共同生活を行う上でのマナー、これが深く関係してくる。



隣人とのトラブルの中で「生活音」、これが一番多いのではないだろうか。特に上下階の音に纏わるトラブル、これは深刻な問題である。

 

生活音を広義に捉えれば、夫婦喧嘩で発せられる声、子供を叱りつける声、これも状況によってはトラブルの要因になるだろう。

私生活の集合体、それがマンション住まいになるから、様々なトラブルというのは、普段生活する中で、それを意識しない限り無くなることはないだろう。

隣人とのトラブルでマンションを売却した知人が数人いるのだが、分譲マンションを購入した場合、賃貸とは違って簡単にそこを退去することはできない。

3年間生活音に悩み続けて売却された知人もいるし、購入して半年後に隣人とのトラブルで妊婦中の奥さんがノイローゼになって売却された知人もいる。

 

いずれの知人も「もう我慢の限界」、この言葉を口にしている。人それぞれに受忍限度があるだろう。それを超えてしまうとそこに改善の余地がなければ、裁判とか退去という選択をとらざるを得ない。

一度トラブルが起こるとこのような心労が生じてしまう。

私の住むマンションのお隣さんは、もう20年間ともに暮らしているから、顔なじみで親しくさせてもらっている。何事もなく生活が送れているわけだが、今後において売却などで隣人は変わることもあるだろう。

分譲マンションも賃貸化などにより、隣人が変わることがある。隣人は選べない、それと同時にその隣人もまた隣人を選べない。

互いに共同生活におけるマナーには注意しなければなるまい。

 








-マンション生活

執筆者:

関連記事

カラス被害に嘆く|ゴミ出しルールを守らないマンションの住人!

  カラスのゴミ漁りに嘆く 最近、私の住んでいるマンションにカラスの大群が押し寄せ、ゴミ袋をつつき、ゴミ袋の中身が散乱する不快な出来事が続いています。 管理員さんの話によると、ゴミ出し日以外 …

身近に居て遠い存在

  マンションに関して何か困ったとき、マンションの住人の中に相談できる相手はいらっしゃるだろうか。   多くの方は、マンションの管理会社(マンション管理人)を頼っているに違いない。 …

マンションセキュリティ|過信は禁物!

  マンションというのは、戸建住宅に比べるとセキュリティが高い、これはマンションの魅力のひとつと言えよう。 最近のマンションにおいては、共用出入口はオートロック仕様が当然に設置されている。マ …

マンション内の自転車の持ち込みについて!

    マンションの使用細則で、駐輪場以外の場所に自転車の駐輪を禁止しているマンションが多く見受けられますが、意外と共用廊下に自転車を置かれるケースが目に付きます。   …

鍵穴に使用してはいけないもの!

  自宅マンションの玄関扉についている錠前、出かけるときに鍵が回らない、鍵が抜けなくなった、施錠できないといった話しを良く耳にする。 最近の錠前は精巧にできているから、メンテナンスが不十分だ …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事