管理会社

マンション管理会社のキャパシティは限界?

2017年12月23日

 

管理会社の利点と言えば、マンション管理のあらゆる業務を包括的にサービス提供できることにある。そして多くの管理組合は、このパッケージ化されたサービス(一括発注方式)を利用している。

管理会社に窓口が集約される(窓口の一本化)、それが管理組合にとって最大のメリットと言える。一方の管理会社は、色んなサービス業務を包括的に契約してもらえるから、売上げは増えるし、相応に利益が得られる。また、受注業務が増えるとコストの合理化が図れるから、管理会社側にとってはまさに理想の契約形態と言える。

一見すると互いにとって理想のサービスに思えるのだが、果たしてその実態は…

 

管理会社のキャパシティは限界

管理会社はマンション管理を通じて色んなサービスを提供している。受注業務を増やすことが売上げ、利益に直結するから、ひとつでも多くの業務を受注することに重きを置いている。

仕事のボリュームが増えると、「対応が悪い」「対応が遅い」「ミスが多い」「そのうち忘れる」を生んでしまう。これは、実際に見聞きする管理組合側の不満の声でもある。

会計業務、理事会支援業務、総会支援業務、この3つがマンション管理の根幹業務と言えるが、これらの業務がなおざりになっている感は否めない。

「提案がなされない」「会計報告書の記載ミス」「滞納放置」「マンション管理適正化法違反」など、これらはなおざりの証拠となろう。



設備点検業務、定期清掃業務、大規模修繕を含めた修繕工事など、商売に繋がることは何でも受注する、これが管理会社の悪いところだと思う。

質よりも量

結果がこうなっていることに全く気付かない。だから管理会社のキャパシティが限界を超えてしまうのだ。

ここでいう「キャパシティ」とは、受注した仕事に対する処理能力を指す。管理会社が受注したサービス業務を十分にこなせていない。これが実情ではないだろうか。

そこで働く社員たちのキャパシティが限界を超えているからそのような事態を招いている。

マンション管理適正化法が施行され、作成する資料がかなり増えた。そして管理組合の要望も昔とは違い多岐に渡り、資料作りを含めその対応にはかなりの時間を要する。そこで更に受注業務が増えれば、自ずと限界を超えてしまう。

 

<関連記事>

マンション管理会社|発注形態を知っておこう!

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社|月次報告書について

  何かの行為を第三者に委任する場合、受任者は事務処理の内容について、委任者に報告する義務がある。(民法645条) 分譲マンションの管理に例えるなら、委任者が管理組合、受任者が管理会社に該当 …

マンション管理会社が信用されない理由!

  今年も残りわずかとなりました。皆さん充実した1年を過ごせましたか? いよいよ来年2020年は東京オリンピックが開催されます。とても楽しみにしていますし、もちろん日本は活気付く年になるでし …

マンション管理会社の苦悩…

  私の知人にはマンション管理会社の関係者が多い。長らくマンション管理業界にいたから、年齢的に管理職や役員の肩書を持った方が多い。その知人らとの会話する中でよく耳にするのが「社員が育たない」 …

マンション管理会社受託戸数ランキングを見てつくづく感じること!

  分譲マンションの管理会社受託戸数ランキングというのが毎年公表されている。 業界誌、経済誌などで取り上げられているのだが、これを見て皆さんはどのように感じるだろうか。ちなみに直近(2017 …

マンション管理会社に欠けているもの!

  マンション管理会社に欠けているもの、それは管理会社自身がよく分かっていることではないだろうか。この「欠けている」を集約できる言葉、それは「存在意義」である。 私は、管理会社でサラリーマン …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事